【2018最新】仮想通貨取引所は危ない?仮想通貨ハッキング対策まとめ

仮想通貨ビギナー
仮想通貨ってハッキングされるって聞いたんだけど大丈夫かな?たしか、前にニュースで何億円もハッキングされたってやってたな。。。誰かハッキングされない方法教えてください!
阿部悠人
たしかに仮想通貨業界では何度もハッキング事件が起こっています。代表的なのは、コインチェック事件ですが、あの事件では取引所の管理体制に問題があったため起こりました。個人でもしっかりと対策しておけばそう簡単にハッキングされることはありません。仮想通貨をやる上で、セキュリティ対策は必須なのでここでしっかり学んでいきましょう!

仮想通貨のハッキングとは

ハッキングとは、ハッカーと呼ばれる人達にコインを盗まれてしまうことです。

しかし、取引所がハッキングされたからといって、ビットコインのシステムに問題があるわけではありません。

ブロックチェーンという技術は非常に優れています。

ハッキングが起きた場合に、問題なのは取引所や個人の管理体制です。

ハッキングされたから、「ビットコインは危険だ」というのは勘違いですので注意しましょう!

そうやって、売りを煽って儲けようと考える人達もいます。

実際にハッキングされた事例

コインチェック事件

国内の仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)のハッキング事件は、仮想通貨をよく知らない方でも知っているかと思います。

簡単に説明すると、

2018年1月26日にXEM(ネム)というコインがハッキングされました。

その総額は580億円で、世界最大のハッキング事件として多くのメディアで取り上げられました。

フィッシングアドレス事件

https://twitter.com/kasoutuka0509/status/951839630621470721

公式の取引所をそっくりに真似した偽のサイトが作られ、本物サイトと勘違いして、パスワードなどを入力した人々のコインが次々に盗まれてしまいました。

検索すると偽サイトが上位に表示され、アドレスも本物とほぼ変わらないものを使用していたため、多くの人が騙されてしまいました。

コインの管理方法

  1. 個人ウォレットで管理する
  2. 取引所で管理する

大きく分けて2つの方法があります。

多くの仮想通貨サイトでは、個人ウォレットで管理する方が安全と言っていますが、実際には個人で管理する方が危険です。

個人で管理する場合、初心者の方には難しいので、パスワードを失くしてしまう、送金ミスしてしまうことがあります。

堀江貴文(ホリエモン)さんも、何年か前に購入した仮想通貨のパスワードがわからなくなってしまって塩漬け状態とおっしゃっていました。

一方で、大手の取引所であれば全額保証されるケースが多いです。先ほど紹介したコインチェック社も、盗まれたコインを全て顧客に返金しています。このように大手取引所だと、資産もあるので全額返金されることが多いです。

また、大手であればセキュリティにかなりお金をかけているので個人で管理するより圧倒的に安全だといえます。

ですので、初心者の方は必ず取引所でコインを管理するようにしましょう!

合わせて読みたい

セルフゴックスとは?仮想通貨をやる上で初心者が注意するべきこと

仮想通貨のセキュリティ対策3つ【超重要】

セキュリティ対策

✔︎パスワードは取引所ごとに変える

✔︎取引所の公式URLを保存しておく

✔︎二段階認証をする

それぞれ解説していきます!

パスワードは取引所ごとに変える

パスワードってついつい、同じものを使ってしまいがちですが仮想通貨の取引所を作る際は全て変えましょう!

全て同じにしてしまうと、仮に一つの取引所で個人情報が流出した場合に全ての取引所のパスワードがバレてしまいます。

変えていれば、そこの取引所のみの被害で済むので、面倒ですが万が一のために全て違うパスワードを設定しましょう。

取引所の公式URLを保存しておく

先ほど、フィッシングサイト事件の事件を紹介しました。

あのようなことにならないように、取引所に登録したらその公式サイトのURLを保存し、必ずそこからログインするようにしましょう!

二段階認証

二段階認証とは、はじめに設定するパスワードとは別に設定するもう一つのパスワードです。

仮にログインパスワードがバレてしまっても、二段階認証していればハッキングを防ぐことができます。

下記のスマートフォンアプリを使って設定します。

Google 認証システム

Google 認証システム
 
開発元:Google, Inc
 

 

設定方法はどの取引時でもほぼ一緒なので、ここではZaifを使って説明していきます。

まずは、取引所(にログインします。

ログインしたら、右上のアカウントをクリック

下にスクロールして、二段階認証をクッリク

  1. 先ほどのアプリでQRコードを読み取ります
  2. アプリに表示された数字を入力(30秒で次の数字になるので急いで入力!)
  3. 確認をクリック

これで完了です。

二段階認証のバックアップ

スマートフォンアプリを誤って消してしまったり、携帯をなくすとログインできなくなってしまいます。

バックアップコードは必ず印刷しておきましょう。

バックアップの方法は取引所によって違います。忘れずにしましょう!

日常的なセキュリティ対策2つ

日常的な対策

✔︎FreeWifiは使わない

✔︎不審なメールは開かない

フリーWi-fiは使わない

カフェなどのフリーWi-fiに繋いだだけで、パスワードがハッキングされたりすることもあります。

これは仮想通貨に限ったことではありません。クレジットカード情報なども抜かれることもありますので、注意しましょう!

不審なメールは開かない

今すぐパスワードを変更しないとあなたのコインが盗まれてしまいます。

などのメールが来て、パスワードを入力すると犯人当てにパスワードが送信されてしまうなどの事件があります。

安易にパスワードを入力してはいけません。

そういったときは、落ち着いてネットで同じようなメールが来た人がいないかなど調べましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

個人でしっかりと対策していれば、ハッキングされることは滅多にないので安心してください!

ハッキングされた場合、コインは二度と戻ってこないので、面倒くさがらずにやりましょうね!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す