安全な取引所を選ぶには「マルチシグ」「コールドウォレット」に注目

こんにちは、阿部です。

コインチェックが預かっていたネム(NEM)が

480億円相当盗まれた事件がありました。

 

これから暗号通貨をはじめようとしていた方も

このことで不安になったり、

大手のコインチェックですらサイバー攻撃されるなら、

安全な取引所はどこなの?

と取引所選びに悩んでいるのではないでしょうか?

 

実は、コインチェックからネムが

流出してしまったことには理由があります。

 

それは、「マルチシグ」と「コールドウォレット」という

ユーザーの資産を守る仕組みを、

コインチェックが採用していなかったということ。

 

今回は、

「マルチシグ未対応」

「コールドウォレット未対応」

の取引所がなぜ危険なのか、

またこれらを採用している取引所はどこなのか、

などについてお話していきたいと思います。

 

取引所選びのポイント1「マルチシグ」

 

安全な取引所を見分けるポイント2つのうち、

まず1つ目の「マルチシグ」から見ていきましょう。

 

マルチシグに対応していると

なぜ取引所のセキュリティが高くなるのかというと、

マルチシグでは暗号通貨のセキュリティを守るカギ(秘密鍵)が

2つ以上あるからです。

 

たとえば、金庫にはふつう、

2つのカギが付いていますよね。

ダイヤルを回し、

そのあとカギを回すと金庫を開けることができます。

 

どちらか1つのカギを知っているだけでは

金庫を開けることができないため、

1つのカギのみの金庫よりもセキュリティは高くなります。

 

一方、2つ以上のカギを必要とするマルチシグに対し、

1つのカギのみでセキュリティを守っているのが「シングルシグ」です。

コインチェックは、暗号通貨ネムをこのシングルシグで保管していた

ことからセキュリティが低く、

サイバー攻撃に耐えられなかったのではないかと見られています。

 

安全なマルチシグ対応の取引所はどこ?

 

マルチシグなら100%ハッキングされない

というわけではありませんが、

セキュリティを少しでも高めるためには

マルチシグ対応の取引所で暗号通貨を保管することが効果的です。

 

  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • Zaif(ザイフ)
  • Bitbank(ビットバンク)
  • GMOコイン

 

上記4つの取引所は、

公式サイト上でマルチシグ対応をうたっています。

そのため、シングルシグの取引所よりも

安心してご利用いただけるはずです。

とくに、bitFlyerZaif

信頼性が評価されている大手取引所としてオススメです。

 

bitFlyerのお申込はこちらからどうぞ

Zaifのお申込はこちらからどうぞ

 

取引所選びのポイント2「コールドウォレット」

 

セキュリティの高い取引所を見分けるポイント2つ目は、

コールドウォレット」です。

そもそも、

取引所に預けているお金がなぜ流出してしまうのかというと、

取引所はサイバー攻撃の標的になりやすいからです。

犯人にとって、大金が保管されていることが確実な取引所は、

もっとも攻撃したいターゲットなのですね。

 

しかし、

サイバー攻撃はインターネットを利用しておこなわれるので

インターネット上にない暗号通貨については

サイバー攻撃で盗むことができません。

 

そこで、この仕組みをうまく利用し、

ユーザーの資産をインターネット上から切り離して保管しているのが

コールドウォレット」です。

 

ネムの不正送金が発生したコインチェックでは、

インターネットにつながった状態の

ホットウォレット」で

ユーザーの資産が保管されていたことがわかっています。

 

コインチェックがユーザーの資産を

守り切れなかった一番の原因は、

ネムの保管に

「コールドウォレット」を採用していなかったこと

だと考えるのが妥当でしょう。

 

コールドウォレット対応の取引所はどこ?

 

実は、コールドウォレットそのものは、

ほとんどの取引所で採用されています。

ネムの不正流出で問題となったコインチェックも、

ビットコインについては

コールドウォレットに対応していました。

 

取引所としてコールドウォレットに対応していても、

すべての通貨に対応している

とはかぎらない点に注意が必要。

 

取引所は暗号通貨を1つだけではなく

数種類ラインナップしていることが多いのですが、

1つ1つの通貨ごとに

コールドウォレットに対応しているかまでは公表されておらず、

実体が掴みづらくなっています。

 

安全な取引所は「bitFlyer」と「Zaif」が候補か?

 

そこで、コールドウォレット対応かどうかを含む

総合的なセキュリティの高さ」に目を向けてみましょう。

そうなるとやはり、

 

  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • Zaif(ザイフ)

 

の2つの取引所がよいのではないかと思います。

bitFlyerは、セキュリティや信頼性などについて

高く評価されている定番の取引所で、

ビットコインの80%以上をコールドウォレットで保管している

という実績もあります。

2018年現在、もっとも口座開設数が多く

マルチシグに対応している取引所でもあります。

 

一方のZaifは、

公式サイト上の明記されている内容から、

暗号通貨の種類にかかわらず

コールドウォレットで保管している可能性がうかがえます。

お客様からお預かりした暗号通貨残高のうち、流動しないものについてはシステム内からは完全に隔離された状態で複数箇所に分けてオフライン保管(Cold Storage)され、その再移動には権限を持った複数管理者の電子署名(Multi-Signature)が複数段階に渡り必要となる内部統制制度を導入しております

bitFlyerとZaifの2つの取引所は、

国内最大規模の取引所ということもあり

マルチシグやコールドウォレット以外の面からも

総合的なセキュリティの高さ」が高く評価されています。

安全な取引所を選ぶなら、最有力候補といってよいでしょう。

 

今回は、

「マルチシグ」と「コールドウォレット」

についてや、

それをふまえた取引所選びを解説しました。

セキュリティの高い取引所を選びたいという方は、

ぜひ参考にしてみてください!

 

bitFlyerのお申込はこちらからどうぞ

Zaifのお申込はこちらからどうぞ

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

Leave a Reply