【仮想通貨】提携とは?価格への影響・稼ぐための戦略を徹底解説!

仮想通貨ビギナー
仮想通貨が企業と提携するってどういう意味なの?提携したら価格は上がるの?誰か教えてくださいー!

ということで今回は、仮想通貨の提携について詳しく解説していきます。

過去の事例をもとに、価格の変化も徹底解説致します。

さっそく見ていきましょう!

仮想通貨の提携ってなに?

提携とは、その名の通り、通貨と企業が提携を結ぶことです。

仮想通貨が提携するとどうなるの?

提携を結ぶことで、その通貨を利用する、技術を使うということになります。

大手企業が使えば、コインの認知も上がりますし流通も増えるので、市場では「急げ!買いだ〜」となります。

例えば、リップル(XRP)がSBIホールディングスと提携するなどです。

仮想通貨の提携の価格への影響

価格に影響するかは、情報のインパクト・サプライズ感によって変わります。

大手企業との提携となれば、「すげえ!!」となるので価格は急騰します。

実際に過去の例を挙げましょう。

仮想通貨の提携前後の価格推移

IOTA(アイオタ)が富士通と提携(2018年8月24日)

 

                       (IOTAチャート)

提携発表後からじわじわとあげて、4日後に天井をつけ、そこから下落し価格は落ち着きました。

日本の大手企業との提携ですので、価格は上昇しました。

リップル(XRP)がAMEXと提携2017年11月17日 

※AMEX(アメリカンエキスプレス)は、米大手クレジットカード会社です

直後にリップルの価格は23.6円から32円まで急騰しました。

超大手のクレジットカード会社との提携ということで、すぐに市場は反応しましたね。

ですが、その後は25円ほどまで下げました。

なので、ホルダーは、急騰したタイミングで一旦売って、落ち着いたところで再度買い直すのが一番良い策です。

価格が急騰すると、まだまだ上がると思ってしまいますが一気に上昇した場合、必ず調整(下落)が起こります。

提携すれば上昇するわけではない?

例えば、

小さな会社と提携しても「どこだこの会社は?」となり、価格はほとんど上がりません。

そもそも、会社との提携は報道されないことが多いので、買う人がいないといった感じです。

価格が上昇するには「サプライズ」が必要なわけで、要するに投資家が欲しい!と思うかどうかで上昇します。

また、提携にはデマ情報も多いので注意が必要です。

しかし、仮にデマだとしても価格は上昇します。

提携デマでも価格上昇!

仮想通貨の提携はデマでも、上がります。

アマゾンでビットコインが使えるようになる!?(2017年9月24日)

 

それを受けて、コインチェックの通貨は全て上昇しました。

ガセネタでも、価格は上昇します。

ですが、結局ガゼということで価格はすぐに戻りました。

公式の発表がない場合は、疑った方が良いでしょう。

まとめ

  • 提携は、価格の急騰が起こりやすい。
  • 情報のインパクト・サプライズ感で価格に影響!
  • 大手企業との提携は、価格が上昇!
  • その後は、調整が入るので急騰したタイミングで売るのがベスト
  • デマ情報には注意!
  • しかし、デマでも価格は上がる

いかがでしたでしょうか?

今回は仮想通貨の提携について解説しました。

この記事を参考に、提携で短期的な利益を取れるように頑張りましょう!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す