bitland(ビットランド/CADASTRAL)の特徴、将来性、今後の価格について徹底解説!

仮想通貨ビギナー
bitland(ビットランド/CADASTRAL)ってどんな通貨なんだろう?特徴・将来性は?今後の価格推移も気になる。。。誰か教えてくださいー!

ということで今回は、仮想通貨bitland(ビットランド/CADASTRAL)について解説いたします。

今後の価格はどうなるのでしょうか?詳しくみていきましょう!

bitland(ビットランド/CADASTRAL)とは?

アフリカ諸国では、法律の整備が不十分であり、土地の所有者がはっきりしない地域が数多くあります。それらの地域では、汚職や土地の奪い合いが起こり、命すら失われることもあります。

ビットランドはブロックチェーンを活用することで土地の所有者を明確にしようというビジョンのもとに立ち上げられました。

個人や組織が土地を調査し、行為とタイトルを管理し、適切な取引を行い、その情報をブロックチェーンに記録することを目指しています。

ビットランドが広まることにより、アフリカ諸国での土地をめぐる不毛な争いが無くなり平和と繁栄をもたらすことができます。

それだけではなく、所有者が明確ではなかったために手付かずだった土地の開発が促進され、貧しい地域に経済的な発展ももたらされるのです。

bitland(ビットランド/CADASTRAL)の概要

  • 発行日 2016年4月11日
  • 発行枚数 30,000,000
  • 通貨名 bitland

bitland(ビットランド/CADASTRAL)価格推移

2016年の誕生後しばらく停滞していましたが、2017年5月に急上昇しました。

最高価格は日本円で約50円。

その後が再び下落し、1円以下の価値になっています。

bitland(ビットランド/CADASTRAL)の将来性

ブロックチェーンの技術を駆使して、この取り組みが上手く行けばアフリカの発展と人々の幸せにつながります。

しかし、現状は取引できる取引所もなく上昇は難しそうです。

公式HPのアナウンスも2017年で止まっています。

現状、将来性はないといえます。

bitland(ビットランド/CADASTRAL)を買うのにオススメの取引所

現在、コインマーケットキャップで確認しても取引できる市場はないです。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す