仮想通貨の儲かる情報を公開中!

NEXOの仮想通貨レンディングは稼げる?仕組み・特徴・将来性

アルトコイン
仮想通貨ビギナー
レンディングについて色々調べてたら、NEXOってのがでてきた。国内よりも良いのかな?どうやって預けるの?特徴や仕組みについて詳しく教えて下さい!

この記事では、こういった疑問に答えます。

それではさっそく見ていきましょう!

仮想通貨NEXOとは?

Nexoは仮想通貨、法定通貨の貸し出しや借り入れができる貸し出しプラットフォームです。

専用のアカウントを作成し、NEXOウォレットに入金するだけで毎日、年利8%の利息を受け取れます。

また、仮想通貨を担保にしてキャッシュ(現金)も借りることができます。※NEXOから資金を借りる場合は年5.9%の金利がかかる

また、仮想通貨を預けて現金を借りる際の資産比率が決められており、

預け入れた仮想通貨それぞれの資産比率は、BTC・ETHでは50%、XRP40%、NEXO30%・・・というようにそれぞれ設定されています。

仮想通貨NEXOを運営している企業は?

NEXOを運営しているのは、Credissimoという企業。

2007年に設立し、ヨーロッパで事業を行っているフィンテック企業です。

2014年にブルガリアの株式市場へ上場を果たしており、また2017年にはForbes Business Awards 2017も受賞しているほどです。

10億ドル以上の顧客資産を預かっており、その信頼度の高さが伺えます。

※会社の公式サイトはこちらから確認できます

NEXOの仮想通貨レンディングの特徴

NEXOの仮想通貨レンディングの特徴は下記です。

  • 年利8%での運用
  • 手数料無料
  • いつでも解約可能
  • 顧客資産を100%保証
  • 専用のアプリケーション

手数料無料

多くのレンディングサービスでは、解約ができなかったり、解約手数料がかかります。

しかしNEXOではいつでも解約OKで解約手数料が無料です。

顧客資産を100%保証

顧客資産を100%保証してくれるのは、ユーザーにとってこの上ない超安心材料ですね。

これだけの金額を管理しているNEXOをハッカーが狙わないわけがない。

ハッキングあれば、ユーザーの数は激減してしまいますから、最先端のセキュリティを兼ね備えています。

具体的には、BitGoという米サウスダコタ州の規制当局から認可されている仮想通貨の保管業者が管理。(日本のbitbankもBitGoと提携しています)

そして、BitGoのウォレットにはロイズオブロンドンから100億円もの保険が掛けられています。

ロイズオブロンドンは、ロンドンに似拠点を置く、世界的な保険市場の名称で300以上の保険事業者から構成されています。

専用のアプリケーション

NEXOには専用のアプリケーションがあります。

Nexo - 仮想通貨バンキングアカウント

Nexo – 仮想通貨バンキング
 
 

NEXOのレンディング対応通貨

  • レンディングできる通貨(USDT、USDC、TUSD、PAX、DAI、USD、EURO、GBP※JPYはないです)
  • 借入の担保にできる通貨(BTC、ETH、NEXO、BNB、XRP、LTC、XLM、TRON、BCH、EOS、EURO、USDT、USDC、TUSD、PAX、DAI)

※2019年2月現在

NEXOの仮想通貨レンディングと他との比較

NEXO以外にも仮想通貨を預けることで、年利~%を受け取れるサービスはあります。

例えば、コインチェックなら年利5%で運用することができます。

NEXOはJPY(円)を預けることができないので、円を預けたいという方は国内サービスを利用するのが良いでしょう。

ただし、国内サービスは最大年利5%なので、海外で運用したほうが稼ぐことができます。

NEXOで仮想通貨レンディングを始める方法

NEXOで借り入れや配当を受け取るには、専用の口座を開設し、KYC(個人認証)を済ませる必要があります。

公式サイトにアクセス

  1. メールアドレス
  2. パスワード
  3. パズル認証
  4. サインアップ

メールが送られくるので確認をクリック

マイプロフィール

  • 名前(ローマ字)
  • 市町村
  • 郵便番号
  • 住所
  • +81 携帯番号

携帯に届いたSMS認証を受ける

OKをクリック

次に上のタブで切り替えて、詳細認証を開始

本人確認資料を提出

次に二段階認証をします。

右上のセキュリティをクリック

有効をクリックして二段階認証

これで完了です。

タイトルとURLをコピーしました