仮想通貨PumaPay (プーマペイ/PMA)とは?今後の将来性について解説!

仮想通貨ビギナー
仮想通貨PumaPay (プーマペイ/PMA)ってどんな通貨なの?特徴や今後の将来性は?教えてくださーい!

今回はこういった疑問に答えます。

2018年にICO(イニシャルコインオファリング)で約128億円の巨額資金調達に成功したプーマペイですが、現在はどうなっているのでしょうか?

さっそくみていきましょう!

仮想通貨PumaPay (プーマペイ/PMA)とは?

私たちは、クレジットカードに代わるより速く、より効率的で安価な代替手段を提供して、デジタル顧客に力を与えることにより、支払いに革命をもたらします。私たちは、暗号化支払いの受理を今日から開始できるすべてのツールを提供します。

公式HPより引用

PumaPayは、「仮想通貨での決済をもっと普及させる」ということを目指したプロジェクトです。

クレジットカードでの決済は時代遅れだとし、ブロックチェーンの技術を使って、もっと効率的にコストを抑えた決済手段を提供していくことを目指しています。

仮想通貨PumaPay (プーマペイ/PMA)の基本事項

発行日 2018年
通貨単位 PMA
発行枚数 780億枚
公式サイト https://pumapay.io/?lang=ja
公式Twitter https://twitter.com/PumaPay_JP

仮想通貨PumaPay (プーマペイ/PMA)の特徴

「プル型決済」がプーマペイ最大の特徴です。

プル型決済とは「買い手が支払う」のではなく、自動引落のイメージで「受け手が引き出す」形の決済のことで、これまで仮想通貨では難しかった月額定額で引き落としとなるサービス「などの決済を容易にします。

ネットフリックスやAmazonプライムなんかがこのプル型決済です。

商売をやっている人には、とても利便性のある仕組みですので、そういったビジネス層に受け入れられれば普及していけると考えられますね。

仮想通貨PumaPay (プーマペイ/PMA)が提供している決済サービス

  • 定期支払い
  • Pay-Per-Use (利用毎支払い)
  • 一回/一括払い
  • ユーザー同士の割り勘
  • 制限付き支払い

最近では、日本でもかなりキャッシュレスが普及してきましたね。

なので、「必要なくない?」と思うかもしれませんが、PumaPay(ブロックチェーンの仕組み)を利用することでより、クレジットカードよりも安全に低コストで、使うことができるようになります。

また、PumaPayを利用することで企業は資金を受け取るのに数日待つ必要がなくなります。

仮想通貨の送金は数秒で完了するので、資金繰りに困る心配がなくなると考えられます。

仮想通貨PumaPay (プーマペイ/PMA)のウォレット

IOS、Androidどちらのウォレットもすでにリリースしています。

また、GoogleCromeの拡張機能としても使えるようです!

そして、多くの大手企業とも提携済みです。

PumaPayの決済を導入することで、セキュリティが向上し、コストも削減も削減できますので、今後も提携企業は増えていくと考えられます。

提携情報や最新情報は、公式サイトで確認ができます。

仮想通貨PumaPay (プーマペイ/PMA)の価格推移

2018年にICO(イニシャルコインオファリング)で約128億円の巨額資金調達に成功したプーマペイ。

日本でもかなりの盛り上がりを見せましたが、その熱は長くは続かず、しばらくすると価格は右肩下がりになっていきました。

2019年に入ってから、上記のように30分の1程度まで下落しています。

  • 最高値は2018年9月7日の0.65円
  • 最安値は2019年9月26日の0.02円

仮想通貨PumaPay (プーマペイ/PMA)の現在の価格/時価総額

 

 

仮想通貨PumaPay (プーマペイ/PMA)の今後の将来性

 

仮想通貨メディアのコインデスクによって2019年9月11日から12日まで開催されたイベント「Invest:Asia 2019」にプーマペイは参加。

プロジェクトの存在をアピールしつつ、同時に大手取引所OKExへの上場も発表しました!

さらに11月7日にはブロックチェーン関連イベント「DECENTRALIZED 2019」を開催するニコシア大学と戦略的提携を公表。

相次ぐ材料で、露出度を高めていますね。

特にOKExへの上場は高く評価することができ、この頃からチャートも底堅い値動きとなっていますので、「大底を打って上昇反転してもおかしくない」相場環境だと考えています!(2019年11月現在)

PumaPayは日本公式ツイッターのフォロワー数が約900人しかいません。(2019年11月現在)

TRON(トロン)など人気の通貨は1万人以上いますので、まだまだマーケティングが足りないという点が懸念ポイントです。

逆に言えば、まだまだ伸びしろがあるということですが^^

CIO Advisor トップ10に選出

2018年10月8日PumaPayはCIO Advisorによってトップ10のブロックチェーンソリュショーンに選出されました。

選考を担ったCIO Advisorはアジア太平洋地域において最も優れたビジネステクノロジー誌のひとつです。

詳細はこちらのページで確認ができます。

CEOのYoav Drorは以下のようにコメントしました。

「CIO Advisor誌によって高く評価されたことを大変ありがたく思います。これはとても名誉なことですし、こうした宣伝効果がアジアにおける我々の存在感をより高めることに繋がると願っています。PumaPayのエコシステム拡大が最終的な目標です。このプロジェクトはまず日本にフォーカスすることで始動しました。これからはアジア太平洋地域全体における無数の事業主が暗号通貨決済のポテンシャルを認知し、プル型決済プロトコルを導入することが期待されます。

仮想通貨業界の中で高い評価を受けていることは間違いないですね。

ニコシア大学と提携

PumaPayは、ニコシア大学未来研究所(IFF)の創設メンバーです。IFFはニコシア大学の学際的研究センターであり、ブロックチェーンとAIの理解、およびそれらの効果的な統合を拡大し、産業、政府、教育、および社会全般での効果的な応用に貢献することを目指しています。IFFのビジョンは、キプロス、EU、世界全体で学際的な研究と革新を先導する、最先端の学術研究センターになることです。

公式HPより

ニコシア大学は、世界初ブロックチェーンやデジタル通貨に関する講義を主催し、修士号の取得ができる世界初の団体の1つです。

Pumapayは、ニコシア大学と提携を結んでいます。

これにより優秀な人材を確保することができ、仮想通貨業界の中で優位な立場に立つことができそうです。

仮想通貨PumaPay (プーマペイ/PMA)が購入できる取引所

PumaPayを購入するならOKEXがおすすめです。

OKEXには2019年10月に上場したばかりですが、取引量が最も多いです。(取引量が多いと価格が安定しやすく、注文も通りやすい)

日本語に対応していないのが少しネックですが、他の取引所とほぼ操作は変わらないでの直感的に操作できるかと思います^^

コメントを残す