仮想通貨SophiaTX(SPHTX)とは?特徴・将来性・買い方について解説!

仮想通貨ビギナー
仮想通貨SophiaTX(SPHTX))ってどんな通貨なの?将来性・特徴は?どこで買えるの?誰か教えてくださいー!

ということで今回は、仮想通貨SophiaTX(SPHTX)の特徴・将来性・購入方法について解説していきます。

それではさっそく見ていきましょう!

仮想通貨SophiaTX(SPHTX)とは?

2017年12月からICOを行い、10日間で2300万ドル以上を調達し海外の投資家を中心に非常に注目されているSophiaTX。

あらゆる規模のビジネスにスポットを当てて、企業間のやり取りを円滑にするビジネス向けのブロックチェーンプラットフォームです。

現在のビジネスが、より活発になり、手間やコストを軽減させることを目的としています。

仮想通貨SophiaTX(SPHTX)の基本事項

発行日 
通貨単位SPHTX
発行枚数352,459,378 
公式サイトhttps://www.sophiatx.com/

仮想通貨SophiaTX(SPHTX)の現在の価格/時価総額

 

 

仮想通貨SophiaTX(SPHTX)の特徴・将来性

インターネットが普及し、企業とのやり取りでもネットを活用することが当たり前になりました。

データの送受信もスムーズにでき、ビジネス全体が高速化したのですが一方でちょっとした手間が増えました。

たとえば、企業によって、やり取りにメールを使うこともあれば、チャットワークなどのツールを使う場合もあります。

データをExcelで管理しているところもあれば、Googleスプレッドシートで管理するところもあります。

企業ごとに使っているツールやオンライン上の慣習が違うため、複数のツールを使いこなせないとやり取りをうまく進められないようになっています。

使いこなせないと、ビジネスチャンスを逃す可能性もあり本業以外のところで差が生まれてしまう状況です。

SophiaTXはこうしたビジネスの不満を解消するため、ビジネスで使用するツールを統合することで、やり取りの効率化を図ろうとしているのです。

ツールが統合されると、すべての企業が同じ規格でデータ管理できるようになるのでスムーズにやり取りできるようになります。

複数のツールを使い分ける必要がないので覚えるべきことが少なくなりますし、管理自体も非常に楽になります。

また、それぞれのデータはブロックチェーン上で厳重に管理。

セキュリティや情報処理のために莫大なコストを掛ける必要もなくなります。

大企業になると社内でもデータ管理と共有を頻繁に行いますから、全社統合したシステムを導入することで企業内のやり取りも効率化されます。

ビジネスのコストを大幅に削減し、企業を活発にできる期待のプロジェクトです。

プロジェクト内容が完全にBtoB(企業向け)ということもあり、一部の投資初心者の方には少々魅力が伝わりづらい銘柄でもあります。

とはいえ、僕たちの仕事をもっと楽にするものですから、働き方改革に打ち込む日本でも相性が良いプロジェクトになるはずです。

プロジェクトが発展・普及していけば、仕事でSophiaTXのシステムを利用することが出てくるかもしれません。楽しみですね。

仮想通貨SophiaTX(SPHTX)が購入できる取引所

仮想通貨Delphyが購入するのにおすすめなのはKucoinです。

海外取引所でコインを購入する方法は、海外取引所でアルトコイン(仮想通貨)を購入する方法をカンタン解説!を参考にしてみてください!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

FX自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す