仮想通貨の儲かる情報を公開中!

仮想通貨オラクル銘柄Tellor (TRB)とは?将来性、購入方法を解説

アルトコイン

「Tellor(テラー/TRB)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

「Tellorが提供している分散型オラクルって一体何?」と疑問に思っていませんか?

そこで今回の記事では、

  • Tellorとはどのような仮想通貨なのか?(基本情報)
  • Tellorの特徴と、競合他社の仮想通貨との違い
  • Tellorの将来性

について、わかりやすく解説します。

それではさっそく詳しく見ていきましょう!

仮想通貨Tellor(TRB)とは?

出典:https://tellor.io/

Tellorとは、どのような仮想通貨でしょうか?

その特徴は大きく2つに分けられます。

  1. 分散型オラクルを提供していること
  2. スマートコントラクトを簡単に実装できること

です。

順番に解説します。

Tellorの「分散型オラクル」とは?

分散型オラクルとは、言葉の通り 「分散型」の「オラクル」を意味しています。

まずオラクルとは、ブロックチェーン外部(オフチェーン)の情報を、ブロックチェーン内部に取り込む仕組みのこと。

ブロックチェーン「内部」と「外部」の架け橋とも言えるでしょう。

ビットコインのように、決済(支払い)のみに利用するシンプルな仮想通貨なら、外部との接続はなくビットコインのブロックチェーンのみで仕組みを完結させることができます。

しかしアルトコインには、もう少し複雑な仕組みを持っているものもあります。

たとえばイーサリアムでは、DApps(分散型アプリケーション)というアプリを設計し、動かすことができます。

アプリのサービス内容によっては、ブロックチェーン外部から情報を引っ張ってくる必要がある場合があります。

たとえば、野球の勝敗でイーサリアムを賭けられるギャンブルのアプリがあるとすれば、勝敗の結果を正しく取り組まなければ、アプリを動かすことはできませんよね。

そうしたとき、Tellorのようなオラクルよって、外部の情報を、正しくブロックチェーンの内部に取り組むことができます。

またオラクルには、中央集権型(特定の管理者が存在)と分散型(特定の管理者が不在)があり、Tellorは分散型のオラクルとなっています。

Tellorはスマートコントラクトを簡単に実装

またTellorは、スマートコントラクトを簡単に実装することができます。

スマートコントラクトとは「契約機能」のこと。仮想通貨を送金の際、送金情報だけではなく、そこに契約情報も+αとして付随させることができます。

スマートコントラクトの理解のため、自動販売機を考えてみましょう。

自動販売機では、あなたがお金を投入すると、好きなジュースを選ぶことができます。

またボタンを押すと、ジュースが出てきますよね?

これは契約の一種であり、自動販売機は「お金を入れられたら、ボタン操作に合わせてジュースを出す」という契約(スマートコントラクト)があらかじめ実装された機械だと言えます。

これは原始的な例ですが、あらゆるブロックチェーン上のアプリで、「Aを支払えば、Bのサービスが受けられる」といった仕組みは必須です。

Tellorを使えば、分散型オラクルでブロックチェーン外部の情報を内部に取り組みながら、スマートコントラクトにも同時に対応することができます。

Tellor(TRB)の将来性は?

では、分散型オラクルを提供するTellorの将来性をどのように考えればいいでしょうか?

結論として、「Tellorの将来性は高い」と考えています。

Tellorの提供する分散型オラクルへの需要は高まる

今後、分散型オラクルの必要性は爆発的に高まるでしょう。

中国が国家戦略として推進するなど、ブロックチェーン自体はもはやその有用性が広く認められています。

よって今後、ブロックチェーンを使った様々なサービスが登場することは間違いありません。

それは、これまでブロックチェーンを使っていないような他分野のサービス(仮想通貨関連以外を含む)が、ブロックチェーンに置き換えられていくことを意味します。

そうなれば、現実の情報(たとえば株価や不動産価格、天気など)をブロックチェーン内部へ正しく取り込むためのオラクルのニーズが高まるでしょう。

Tellorは高度に分散化(非中央集権化)されている

ではTellorを競合他社のオラクルと比較するとどうでしょうか?

分散型オラクルの中で、Tellorは特に分散的(つまり特定の管理者が存在せず、皆で管理する非中央集権的)な性質を持っています。

特定の管理者が存在しないことで、力を持った管理者がオラクルに取り込む情報を悪意をもって操作・改ざんできないので、飛躍的に情報への信頼性が高まります。

事実、特定の企業が運営するオラクルは信頼性が低いとされ、「オラクル問題」とも呼ばれています。

そこで分散型オラクルのTellorが、解決策のひとつとなるでしょう。

Tellorはプルーフオブワークを採用

プルーフオブワーク(Proof of Work)はビットコインにも採用されている仮想通貨のアルゴリズムですが、実はTellorもこれを採用しています。

プルーフオブワークは、あらゆるアルゴリズムの中でもっとも「分散的」であり「セキュリティが強固で改ざんしにくい」性質があります。

またTellorの高度な分散化は、「マイニングは誰でも参加できる」ことや、「プロジェクトはICOにより資金を集めない」という姿勢にも表れており、投資家から高く評価されています。

Tellor(TRB)の購入方法は?

Tellorは、国内取引所には上場していません。

ただし、海外取引所最大手のバイナンスで購入することができます。

タイトルとURLをコピーしました