仮想通貨の儲かる情報を公開中!

Wrapped Bitcoinとは?仕組み、必要性、今後の将来性

アルトコイン

「Wrapped Bitcoin(WBTC)ってどんな仮想通貨なの?」

「DeFi(分散型金融)の流行で成長しているみたいだけど・・・」

と、Wrapped Bitcoinについて詳しく知りたいと思っていませんか?

この記事では、Wrapped Bitcoinの以下の疑問について詳しく解説しています。

この記事でわかること
  • 仮想通貨Wrapped Bitcoinとは?その基本情報
  • Wrapped Bitcoinの将来性は?
  • Wrapped Bitcoinの買い方

それでは詳しく見ていきましょう。

Wrapped Bitcoin(WBTC)とは

Wrapped Bitcoinとは、イーサリアムのブロックチェーン上で発行されたERC20トークンのひとつで、「ビットコインと1:1でペッグ」されているのが大きな特徴です。

これにより、擬似的にビットコインをイーサリアムのDapps上で使うことが可能になります。

「ビットコインと1:1でペッグ」されているので、値動きは基本的にビットコインと同じ。これはWrapped Bitcoinがビットコインを完全な価値の裏付けとしている(Wrapped Bitcoinを発行するためには同数量のビットコインが必要)だからです。

しかし、「であるなら、Wrapped Bitcoinではなく、本物のビットコインを使えばいいんじゃないの?」と思ってしまいますよね。

しかし、そうもいかないケースもあります。

代表的なのが、「イーサリアムのブロックチェーン上にビットコインを持ち込む」こと。BTCとETHはそれぞれ別々のブロックチェーンを持っているので、互換性がありません。

そこで、イーサリアムのブロックチェーン上でビットコインを価値の裏付けに持つ「Wrapped Bitcoin」を発行し、擬似的に「イーサリアム上で使えるBTC」を生み出しているのです。

蛇足ですが、こうした考え方は仮想通貨トロンでも見られ、トロンのブロックチェーン上でビットコインとイーサリアムを使える「Wrapped Bitcoin」と「Wrapped Ether」という仮想通貨も発行されています。

理由は同じで、トロン上にビットコインとイーサリアムを持ち込むことはできないからですね。

Wrapped Bitcoinの必要性

では、なぜイーサリアム上にビットコインを持ち込む必要があるのでしょうか?

その理由はさまざまですが、大きな流れのひとつに「Defi(分散型金融)」や「レンディングプラットフォーム」 の流行が挙げられます。

DeFi系のレンディングプラットフォームでは、「お金を借りたい人に仮想通貨を貸すことで、利息収入を得る」ことができます。

これが有力な運用方法として、特に2020年になってから、投資家から注目を集めています。

ただし、レンディングプラットフォームの多くはイーサリアム上に構築されています。

つまり通常なら、ビットコインを売りたくない投資家も「ビットコインを売り、イーサリアム系の仮想通貨に交換してから、それをDeFiで運用する」という必要があります。

でもこれは、ビットコインの将来に強気で「売りたくない」と考えている投資家には、デメリットですよね。

そこで、これを解決するWrapped Bitcoinの必要性が増しているのです。

Wrapped Bitcoin(WBTC)の将来性は?

では、Wrapped Bitcoinの今後と将来性はどうでしょうか?

Wrapped Bitcoinは業界のリーダー!

Wrapped Bitcoinは、「イーサリアムのブロックチェーン上で発行された、ビットコイン連動型コイン」と定義できますが、こうした類似コインの中で、Wrapped Bitcoinはトップの時価総額を持っています。

2020年8月、約3万1000ビットコイン(約390億円)が類似コインの市場規模でしたが、そのうち75%はWapped Bitcoin(WBTC)によるものです。

あくまで2020年現在では、絶対的な地位を得ていますね。

Wrapped Bitcoinは「DeFi市場」の追い風を受ける

Wrapped Bitcoinの勢いは留まることを知らず、2020年10月にはWBTCの時価総額は10億ドル(1,053億円)突破しました。

わずか2ヶ月の間に、なんと3倍以上に成長しているんですね。

この背後には、DeFi市場の拡大が挙げられます。

つまり、「ビットコインをホールドしながらも、DeFi市場でコインを貸して金利を得たい」というニーズが拡大しているのです。

今後については、DeFi市場が拡大し続ける限り、Wrapped Bitcoinの規模も拡大していくと考えるのが妥当でしょう。

ただしWrapped Bitcoinはビットコインを価値の裏付けとしており、価格はビットコインと連動しています。

Wrapped Bitcoinの時価総額が増加したとしても、必ずしも投資家は利益を得られるわけではない点に注意する必要がありますね。

Wrapped Bitcoin(WBTC)の買い方

Wrapped Bitcoin(WBTC)は国内取引所に取り扱いがありません。

海外取引所のバイナンスで購入できます。

タイトルとURLをコピーしました