仮想通貨の儲かる情報を公開中!

仮想通貨Balancerとは?今後の価格や将来性、買い方

コイン

「Balancer(バランサー/BAL)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

自分で『仮想通貨インデックスファンド』を作成し、イールドファーミングができるって本当?」

と、疑問を感じていませんか?

そんな方に向けて今回は、以下のポイントについて解説します。

この記事でわかること
  • Balancerとは
  • Balancerの将来性
  • Balancerの買い方

さっそく、詳しくみていきましょう。

Balancer(バランサー)とは

出典:Balancer

Balancerとは、「コミュニティ主導」を掲げるAMM(自動マーケットメーカー)のひとつ。2020年3月に開始されました。

AMMという言葉をご存じではない方は、「分散型取引所(DEX)」だと考えましょう。

Balancerを利用することで、仮想通貨を交換することができます。

BalancerはICOを実施していない仮想通貨プロジェクトですが、投資家からの資金調達を実施しています。

過去、Accomplice、Placeholder、CoinFund、Inflectionの主導のラウンドで、300万ドル(約3億円)を調達することに成功しています。

Balancerの独自トークン「BAL」とは?

Balancerは、上でも解説したように、AMMという仕組みを採用した取引所です。

そのため、イールドファーミングという仕組みで利息収入を得ることが可能であり、独自トークンのBALは、その報酬の受け取りに使われます。

イールドファーミング(流動性マイニング)は、高利回りの利息収入を実現する投資手法として注目されており、Balancerもそうした投資家の主戦場のひとつです。

Balancerの将来性は?

それでは、Balancerの将来性についてどう考えればいいでしょうか?

Balancerで可能な「イールドファーミング」とは?

上記でイールドファーミングという言葉が登場しましたが、ピンと来ない方も多いと思うので、もう少し詳しく掘り下げてみましょう。

Balancerでは、50種類以上のERC20トークンを交換することができます。

イーサリアムやBALはもちろん、米ドル連動型のステーブルコインや、ビットコインに連動したステーブルコインなども取引できます。

ただしBalancerは、中央集権的な仮想通貨取引所とは異なり、オーダーブック(取引板)を利用していません。

AMM(自動マーケットメーカー)というアルゴリズムによって(仮想通貨を預け入れた「イールドファーマー」の流動性を利用し)仮想通貨を交換する仕組みです。

なので、僕たちは仮想通貨を交換する(トレード)だけではなく、Balancerを使ってイールドファーミングで利息収入を得る側に回ることができます。

Balancerの最大の特徴「自動リバランス機能」とは

さて、DeFiに詳しい方は、ここまでを読んで「Balancerって、Uniswapなどの他の自動マーケットメーカーと同じじゃん」と感じたかもしれませんが、そうではありません。

Balancerの最大の特徴は「自動リバランス機能」にあります。

自動リバランス機能とは、「最大8種類のトークンを組み合わせて、それぞれの割合を保ったまま維持するインデックスファンド」を作成できる機能だと思ってください。

Uniswapなどでは、通貨ペアは「1:1」での交換となります。

Balancerはそれを非対称にして、ユーザーが自由に割合を変え、イールドファーミングに利用できます。

たとえば、4つのトークンをそれぞれ「5%、25%、25%、45%」で構成すると、それぞれが価格変動しても、自動でリバランス(調整)され、ファンドのポートフォリオが維持されます。

これからは、仮想通貨を高度に組み合わせ、運用したい投資家も増えてくるでしょう。

そうしたニーズにも対応する、自由度の高さがBalancerの魅力です。

Balancerは「ユーザー主導」

またBalancerは、トップダウンではなくユーザー主導であるという特徴があります。

たとえば、取引の手数料は通貨ペアによって、ユーザーが0.0001%~10%の間で自由に設定できます。

上記の複数トークンを組み合わせた自動リバランス機能も、ユーザー主導のコンセプトの結果という見方もできます。

既存のAMMに対する魅力の高さは十分なので、正当に評価されればBAL価格はさらに上値を追うことができるでしょう。

Balancerの買い方

Balancerは国内取引所では扱われていません。

海外取引所のバイナンスで買うことができます。

タイトルとURLをコピーしました