仮想通貨の儲かる情報を公開中!

Beefy.Finance(BIFI)とは?今後の価格、将来性、買い方

コイン

「Beefy.Finance(BIFI)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

Binance Smart Chainでのイールドファーミングに興味があるから、詳しく知りたいな」

と、疑問を感じていませんか?

そんな方に向けて今回は、以下のポイントについて解説します。

この記事でわかること
  • Beefy.Financeとは
  • Beefy.Financeの将来性
  • Beefy.Financeの買い方

さっそく、詳しくみていきましょう。

Beefy.Financeとは

出典:Beefy.Finance

Beefy.Finaceとは、Binance Smart Chainに対応する「イールドアグリゲーター」のひとつ。

イールドアグリゲーターとは、仮想通貨をAMM(取引板を使わない仕組みで仮想通貨同士を交換できる分散型取引所の一種)に預け入れることで利益を得られる「イールドファーミング」を最適化するサービス。

(イールドファーミングとは、AMMに仮想通貨を預け入れ、流動性を提供することで、その対価として利息収入を得る運用方法ですね)

具体的には、もっとも利回りの高いイールドファーミングを、複数のAMMから自動的に選択し、運用してくれます。

Beefy.Financeの「Vaults」というサービスを使うと、仮想通貨100種類以上のイールドファーミングを独自の戦略に基づいて、完全に自動化することができます。

類似するプロジェクトとしては、イーサリアム系のyearn.financeがあります。

しかし、Beefy.Finaceは「Binance Smart Chain」に対応している点が異なっています。

注目を集めるイールドアグリゲーター

Binance Smart Chainに対応する各種AMMでイールドファーミングすると、年利300%以上の利回りを狙うことができます。

しかし、イールドファーミングは、投資家にとって敷居が高い運用方法のひとつ。

まず、複数のAMMで運用する際、それぞれに割高な取引手数料がかかります。

さらに、利回りの高いAMMや仮想通貨の種類は、需要と供給のバランスによって常に変動するため、投資家は高い利回りを狙おうとすると、その最適化のために時間と手前がかかります。

イールドアグリゲーターは、これをスマートコントラクトというプログラミングで自動化してくれる画期的な仕組み。

特に、Binance Smart Chain版のイールドアグリゲーターは歴史が浅く、先行者優位の状況が続いています。

Beefy.Finaceでは、(常に変動するものの)1日の利回りが「2%」を超えるケースも。

これは、年利にすると40000%になる計算です。

こうしたことから、Binance Smart Chainのイールドアグリゲーターは感度の高い投資家から急速に注目を集めつつあります。

Beefy.Financeの将来性は?

それでは、Beefy.Financeの将来性についてどう考えればいいでしょうか?

成功を収めたyearn.financeの前例も

「イールドアグリゲーター」と聞くと、よく勉強されている方はyearn.financeを思い浮かべる方もいるかもしれません。

実際、yearn.financeとBeefy.Financeは、それぞれ対応するチェーンとトークンの規格(イーサリアムはERC20、Binance Smart ChainはBEP20)が異なっているだけです。

かなり似ているプロダクトなので、yearn.financeのように成長していく可能性は高いでしょう。

付け加えると、Beefy.Financeが対応するBinance Smart Chainは、イーサリアムと比較して手数料が非常に安価です

これにより、yearn.financeで運用する場合に利益を削られていた取引手数料が、Beefy.Financeではほとんどかかりません。

つまり、Beefy.Financeは取引手数料に縛られないため、イールドアグリゲーターとしてもより柔軟な戦略を取れることができ、利回りが高くなりやすいメリットがあります。

Beefy.Financeは急騰中!

上記のような性質から、Beefy.Financeは投資家からの注目を急速に集めています。

Beefy.Financeの独自トークン「BIFI」は、Beefy.Financeそのものが得た収益の一部を受け取ることができる株式のような性質があります。

価格のほうも好調で、2020年10月には5ドル前後で推移していましたが、2021年2月現在、840ドルほどまで上昇。

なんと、約170倍ですね!

Beefy.Financeの成長性が高く評価されている証拠といえます。

また、BIFIトークンの発行枚数が8万枚と少なく、希少性が高いことも影響しているでしょう。

ただし、Beefy.Financeは監査を受けていない

DeFi系のプロジェクトでは、まれにセキュリティ上の弱点から仮想通貨が盗まれることがあります。

2021年2月現在、Beefy.Financeの公式サイトには、セキュリティに注意を払っているものの、「また監査は受けていない」旨が記載されています。

つまり、セキュリティ面において完全ではない可能性がありますね。

利用には自己責任が求められる点には注意しましょう。

Beefy.Financeの買い方

Beefy.Financeは国内取引所では扱われていません。

海外取引所のPancakeSwapで購入することができますよ。

タイトルとURLをコピーしました