仮想通貨の儲かる情報を公開中!

Bibox Token(BIX)の特徴、将来性、今後の価格について徹底解説!

コイン
仮想通貨ビギナー
Bibox Token(BIX)ってどんな通貨なんだろう?特徴・将来性は?今後の価格推移も気になる。。。誰か教えてくださいー!

ということで今回は、仮想通貨Bibox Token(BIX)について解説いたします。

今後の価格はどうなるのでしょうか?詳しくみていきましょう!

Bibox Token(BIX)とは?

BIXは中国の取引所「Bibox」が発行する取引所コインです。

OKCoinの共同設立者とHuoBi.comのコアメンバーが作っているので、取引所開発や運営に関する技術、ノウハウ、経験が豊富です。

Bibox Token(BIX)の概要

 

 

発行枚数:269,944,749 

Bibox Token(BIX)特徴

  • 取引手数料が50%オフ(2年目は25%オフ、以後1年ごとに×1/2される。5年目以降は割引なし)
  • 配当がある
  • Burn(バーン)

取引手数料が安くなる

BIXを持っていると、Bibox(ビボックス)での取引手数料が1年目が50%オフ、2年目は25%オフ、以後1年ごとに×1/2になります。(5年目以降は割引なし)

配当がある

毎週金曜日に、取引手数料の45%がBIXトークンの保有量に応じて配当され、取引高がTOP100位以内のユーザーには150%のボーナスが付きます。

たとえば、

ユーザーAは130,000 BIXを保有、取引量が100位、その週のBiboxの取引手数料収入が1,000 BTCの場合。

ユーザーAが得られる報酬は(130,000/130,000,000)× 45%×150%× 1000BTC = 0.675BTC

取引量が101位の場合は(130,000/130,000,000)×45%×1000BTC = 0.45BTC

といった感じです。

Burn(バーン)

Bibox Token(BIX)は、四半期(3ヶ月)ごとに純利益の25%分を買い戻し消却

数が減ることで希少性が増し、価格の上昇につながります。

Bibox Token(BIX)の将来性

Bibox Token(BIX)の今後の将来性は、Biboxの利用者が増え、取引高が高まるかどうかにかかっています。

BINANCEのように、配当とBurnがあります。

さらに、取引高が大きい割にまだまだ時価総額が小さいので、伸びしろがあると言えるでしょう。

Bibox Token(BIX)を買うのにおすすめの取引所

Bibox Token(BIX)を購入できるのは、海外取引所のBibox(ビボックス)です。

Biboxの特徴

  • 手数料0.1%と安い(BIXをもっていれば0.05%
  • アルトコインが豊富

Bixを購入できるのはBibox(ビボックス)だけです。

持っていない人は今すぐ開設しましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました