仮想通貨の儲かる情報を公開中!

仮想通貨BSCEX(BSCX)とは?今後の価格、将来性、買い方

コイン

「BSCEX(BSCX)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

Binance Smart Chain上でイールドファーミングできるらしいけど、その特徴を詳しく知りたい」

と、思っていませんか?

そんな方に向けて今回は、以下のポイントについて解説します。

この記事でわかること
  • BSCEXとは
  • BSCEXの将来性
  • BSCEXの買い方

さっそく、詳しくみていきましょう。

BSCEXとは

出典:BSCEX

BSCEXとは、Binance Smart Chain(BSC)上で稼働しているDEX(分散型取引所)のひとつ。

非常に小さなスリッページで仮想通貨同士を交換できるとされています。

現在、Binance Smart Chainには仮想通貨を交換可能なAMM(自動マーケットメーカー)が複数存在していますが、いずれも流動性が低く、スリッページが大きいことが課題となっています。

スリッページとは、仮想通貨を交換する際に、流動性が足りず、不利な価格で約定(交換)せざるを得ないロスのことですね。

BSCEXでは、Cross Liquidity Layer 2という独自テクノロジーにより、外部の数多くあるAMM(自動マーケットメーカー)を自動的に使い分け、もっともスリッページが少ない交換を提供します。

一言でいえば「いろんな取引所(Pancakeswap、BakerySwap、BurgerSwapなど)を自動で使い分けて、もっともお得に交換しますよ」というサービスですね。

独自トークンのBSCXとは

BSCEXは、独自トークンBSCXを発行しています。

これには以下のような使い道があるとされています。

  • BSCEXでイールドファーミング(仮想通貨を預けることで流動性を提供し、対価として利息収入を得る運用法)を行った際の報酬の支払い
  • BSCEXのプロジェクトの方向性を決定する意思決定権(ガバナンストークンとして機能)

なお、公式サイトによるとBSCXは、IDO(イニシャル・デックス・オファリング)の資金調達額の20%がバーン(焼却)されます。

その分、供給枚数が減少し、希少価値が上昇する仕組みとなっています。

LaunchpadXとは

上記で、IDO(イニシャル・デックス・オファリング)という言葉が登場しました。

BSCEXでは、LaunchpadXというIDOプラットフォームを提供しています。

IDOとは、IEO(取引所を使った資金調達)のDEX(分散型取引所)版ですね。

つまり、無人の取引所のプラットフォームを利用して行うIEOのようなイメージです。

独自トークンはこのIDOにも使われるため、トークン需要のひとつとなっています。

BSCEXの将来性は?

それでは、BSCEXの将来性についてどう考えればいいでしょうか?

スリッページの少ないスワップ(仮想通貨の交換)が可能

BSCEXでは、上記のようにCross Liquidity Layer 2という独自テクノロジーにより、外部の数多くのAMM(自動マーケットメーカー)を使い分ける交換サービスを提供しています。

このメリットは、スリッページが少なくなること。

大前提として、AMMのような仮想通貨交換サービスは、一度に大量のコインを交換しようとすると、スリッページが大きくなってしまいます。

そこでBSCEXは、Pancakeswap、BakerySwap、BurgerSwapなどの各AMMに注文を分割し、スリッページが最小になると考えられる配分で仮想通貨を交換します。

その結果、1つのAMMだけで全部交換するよりも、ずっとロスが少なくなるんですね。

スリッページの少ない交換サービスは非常に需要が高いので、Cross Liquidity Layer 2はBSCEXの大きなアピールポイントとなっています。

Binance Smart Chain上でイールドファーミングが可能

BSCEXは、Binance Smart Chain上で稼働する仮想通貨交換サービスです。

他のAMMと同じく、仮想通貨を預け入れて利息収入を得るイールドファーミングが可能。

Binance Smart Chainのイールドファーミングはイーサリアムと比べて高利回りなので、今後、イーサリアムからの移行が進み、BSCEXの成長が進む可能性があります。

Binance Smart Chainはイーサリアムよりもスケーラビリティに優れており、送金手数料がほぼ無料なのも魅力ですね。

Burger Swapと戦略的パートナーシップを締結

BSCEXは2021年1月、同じくBinance Smart ChainでAMM(自動マーケットメーカー)を提供しているBurger Swapと戦略的パートナーシップを発表しています。

このように有名AMMとの提携を進め、外部のAMMを拡充することで、より少ないスリッページで交換可能な環境を整えています。

BSCEXの‌買‌い‌方

BSCEXは‌国‌内‌取‌引‌所‌で‌は‌扱‌わ‌れ‌て‌い‌ま‌せ‌ん。

海外取引所のPancakeSwapで買うことができます。

タイトルとURLをコピーしました