仮想通貨の儲かる情報を公開中!

仮想通貨Crypto.com Coinとは?最新情報、今後の将来性や買い方

コイン

Crypto.com Coin (クリプトドットコム/CRO) は、時価総額トップ10にランクインする仮想通貨(2020年9月現在)。

仮想通貨でカード決済ができる「仮想通貨デビットカード」が主なプロダクトです。

独自トークンのCROが上昇傾向にあることから、「Crypto.com Coinってどのような仮想通貨なんだろう?」と実は気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこでCrypto.com Coinについて、基本情報、将来性、買い方について予備知識が少ない方でも理解できるように解説していきます。

クリプトドットコムとは?

出典:Crypto.com Coin公式

Crypto.com Coinは、「Crypto.com」というスイスの仮想通貨企業が発行する仮想通貨。

かつては「モナココイン」と呼ばれていましたが、リブランディングでCrypto.com Coinの名称となりました。

Crypto.com Coinには、独自トークン「CRO」があります。

これはCrypto.comブロックチェーン上での支払い、報酬(ステーキング収入の支払い)などで用いられることになっています。

以下、Crypto.com Coinの特徴について解説します。

Crypto.com Coinは仮想通貨の「決済」が主な目的

Crypto.com Coinの特徴的なプロダクトが、仮想通貨デビットカードの「MCO VISAカード」です。

これは仮想通貨の残高に応じて(VISAの文字からも分かるように)クレジットカードのようにカードを使って仮想通貨で支払うことができるもの。

VISAの整ったインフラを用いることで、圧倒的な店舗数で仮想通貨決済が実現できることから、Crypto.com CoinのMCO VISAカードはシェアを伸ばしています。

決済以外の総合的なサービスも提供

とはいえCrypto.com Coinが提供しているのは、仮想通貨デビットカードだけではありません。

仮想通貨取引所を含む、幅広いプロダクトを提供しています。

たとえば、Crypto.com Coinの代表的なサービスには以下があります。

①Crypto.comアプリ

仮想通貨の購入・送付・追跡が可能なアプリです。

ウォレットへの入金や送付が手数料無料で利用できます。

②MCO Visaカード

Crypto.com Coinのプロダクトでもっとも有名なのが「仮想通貨デビットカード」です。

クレジットカードのように仮想通貨決済ができるほか、利用で以下のようなメリットがあります。

  • 年会費無料
  • 最大5%のキャッシュバック
  • CROのステーキング額に応じて「カードランク」があり、たとえば100,000CRO以上をステーキングすると、Spotify、Netflix、Amazon Primeの料金が全額無料に

③Crypto.com Pay

こちらはカードではなく、スマホで可能な仮想通貨決済。

ユーザー側には、Crypto.com Payの利用で最大20%のキャッシュバックが受けられる。

また店舗側は、Crypto.com Payに登録することで、簡単に仮想通貨決済を導入可能。

④Crypto Earn

ステーキング(仮想通貨を預け入れることで収入を得る行為)で資産を増やすことができるサービス

仮想通貨では最大8%、ステーブルコインでは最大12%の年利で運用可能。

⑤Crypto Credit

仮想通貨を担保として預け入れることで、審査なく米ドル連動型ステーブルコインが借りられるサービス。

Crypto.com Coinの将来性は?

ここからは、Crypto.com Coinの将来性について考察していきましょう。

Crypto.com Coinはアップデートが盛ん

Crypto.com CoinのCEOのMarszalek氏は、次のように発言したことがあります。

「公式Twitterを見るとわかるが、新規アップデートのない日はほとんどない」

これは事実であり、Crypto.com Coinは非常に開発が盛ん。

定期的な材料により投資家の関心を引きつけ、またより良いプロダクトにアップデートし、独自トークンCROの上昇要因になっています。

たとえば2020年7月には、以下のようなアップデートが行われました。

  • アンチフィッシング
  • フィッシング詐欺では、あたかも公式からのメールを装い、ユーザーからパスワードなどを抜き取ります。Crypto.comでアンチフィッシングコードを設定すると、ユーザーに送られる全てのメールにコードが表示され、公式かフィッシングメールかを見分けられるようになります。
  • ・Crypto Earnに、新規コインが追加(ALGO、KNC、ERD)
  • 取引所にCompound(COMP)、Chromia(CHR)が上場し、BAND、ERD、NEOでの入出金に対応
  • 法定通貨AUD、NZD、HKD、TWD、NOK、SEK、DKK、CHF、PLNが利用できるようになった

仮想通貨デビットカード分野で覇権を握れるか?

Crypto.com Coinは現在急成長しており、社員数は2020年3月~9月にかけて、250人から500人へと2倍になりました。

またCEOのMarszalek氏の発言により、ユーザーが300万人を突破していること分かっています。

「世界をまたいで提供されているこのサービス(MCO Visaカード)は人気が高く、2019年の9月には100万人だったユーザーベースが2020年の5月初頭には200万人に増え、その2か月後には300万人を記録している」

Crypto.com Coinの時価総額は急上昇し続けており、2020年9月現在では9位に到達。

「仮想通貨デビットカード」分野では市場を牽引するリーダーとなっています。

デビットカードは仮想通貨決済を企業が導入するもっとも簡単な手段のひとつとなっているので、この分野がさらに成長すれば、業界リーダーのCrypto.com Coinの成長も見込めるでしょう。

Crypto.com Coin (クリプトドットコム/CRO)の買い方

Crypto.com Coinは日本の取引所には上場していません。

ただし、海外取引所のBITTREX(ビットトレックス)で購入できます。

タイトルとURLをコピーしました