仮想通貨の儲かる情報を公開中!

仮想通貨ICON(アイコン/ICX)とは?今後の価格や将来性、買い方

コイン

「ICON(アイコン/ICX)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

すでにイーサリアムを持っているけど、韓国版イーサリアムと呼ばれているICONも気になるな

と気になっていませんか?

そんな方に向けて今回は、以下のポイントについて解説します。

この記事でわかること
  • ICONとは
  • ICONの将来性
  • ICONの買い方

さっそく、詳しくみていきましょう。

ICON(アイコン)とは

出典:ICON

ICONとは、異なる仮想通貨同士をつなぎ合わせることを目指す、プラットフォーム系の仮想通貨プロジェクトです。

韓国のIcon Foundationが2017年に公開しました。

仮想通貨NEOは中国版イーサリアムと呼ばれていることで知られますが、ICONは「韓国版イーサリアム」と呼ばれています。

最大の特徴は、①DEX(分散型取引所)を備えていることと、②9000トランザクション/秒の超高速取引が可能でスケーラビリティ問題を克服していることです。

なお、ICONはイーサリアム系のERC20トークンとして発行されています。

ICONの基本情報をざっくりと紹介させていただきましたが、ここからこの仮想通貨の特徴をなるべくわかりやすく深掘りしていきます

コンセンサスアルゴリズム「LFT(Loop Fault Tolerance)」

コンセンサスアルゴリズムとは、仮想通貨の基本的な仕組みのこと。

たとえばビットコインはProof of Workアルゴリズムを採用していますが、ICONはLFT(Loop Fault Tolerance)を採用しています。

その特徴は、仮想通貨のトランザクション(取引)が正しいかどうかを判断する「承認」の権利が限られた特定のグループに限定されていること。

ビットコインのような特定の管理者が存在しない「非中央集権性」は弱くなってしまいますが、その分、とても処理が効率的で、仮想通貨業界で問題となっている送金手数料の高騰が起きにくいのがメリットです。

利便性を高めるICONick

ICONickもICONのメリットのひとつ。

これは仮想通貨を保管するウォレットを区別するIDのことで、このIDがあることで簡単に仮想通貨を送り合うことができます。

DEX(分散型取引所)を採用

ICONにはDEX(分散型取引所)が標準装備されていて、この仮想通貨の最大の特色のひとつとなっています。

DEXとは、特定の管理者が存在せず、アルゴリズムのみで稼働する取引所です。

ICONは「異なる仮想通貨同士をつなぎ合わせる」ことができますが、このDEXは異なるブロックチェーンを持つ仮想通貨同士の交換もできるのが特徴。

バイナンスなどの中央集権的な取引所では当たり前なのですが、DEXにはさまざまな制約があるので、これを実現しているのは大きな特徴です。

ICONの将来性は?

それでは、ICONの将来性についてどう考えればいいでしょうか?

具体的な「採用事例」が見えているのが強み

上昇する仮想通貨の特徴として、具体的なニーズがあって、採用・提携が進んでいることが挙げられますよね。

ビットコインは上場企業や機関投資家に支持されているから、上昇が続いているのです。

そうした意味では、ICONもその兆しがあります。

ICONは韓国で強力なパイプを有しており、仮想通貨業界のリーダー的企業や、政府機関と通じています。

たとえば、証券会社、銀行、保険会社、大学、病院などが一例としてあります。

証券会社では、IDの管理のためにICONが利用されていますし、保険会社は、保険料の自動請求のためにICONを導入しています。

採用事例が明確で、今後も底堅い需要が期待できるのがICONの強みです。

「韓国版イーサリアム」として今後も上昇する?

ICONは韓国版イーサリアムと呼ばれています。

イーサリアムの最大の特徴はスマートコントラクトと呼ばれる仮想通貨を使った「契約機能」にありますが、ICONもSCORE(Smart Contract On Reliable Environment)というスマートコントラクトを備えています。

この点では、イーサリアムとICONに共通点がありますね。

ただし、もう少し踏み込んで考えると、ICONにはDEXが採用されていたり、ガバナンスをかなり絞り込んで高速取引を実現したLFT(Loop Fault Tolerance)を採用していたりと、イーサリアムとはかなり違う一面もあります。

「韓国版イーサリアム」は秀逸なキャッチコピーだと思いますが、実際にはいい意味で、イーサリアムとは異なる価値を提供しています。

イーサリアムがスケーラビリティ問題という向かい風を受ける中、同じ「スマートコントラクトを持つプラットフォーム系の仮想通貨」として、あわせてICONの保有を検討するのもいいでしょう。

ICONの買い方

ICONは国内取引所では扱われていません。

海外取引所のバイナンスで買うことができます。