仮想通貨の儲かる情報を公開中!

PumaPay(プーマペイ)とは?今後の価格、将来性、買い方

コイン

「PumaPay(プーマペイ/PMA)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

クレジットカードにかわる画期的な決済サービスらしいけど、どういうこと?」

と、気になっていませんか?

そんな方に向けて今回は、以下のポイントについて解説します。

この記事でわかること
  • PumaPayとは
  • PumaPayの将来性
  • PumaPayの買い方

さっそく、詳しくみていきましょう。

PumaPay(プーマペイ)とは

出典:PumaPay

PumaPayとは、「仮想通貨での決済をもっと普及させる」ことを目指すプロジェクト。

クレジットカードに匹敵するスケーラビリティ(処理能力)を実現しつつ、クレジットカードよりも低いコストで仮想通貨による支払いを実現します。

公式サイトでも、以下のように説明されていますね。

私たちは、クレジットカードに代わるより速く、より効率的で安価な代替手段を提供して、デジタル顧客に力を与えることにより、支払いに革命をもたらします。私たちは、暗号化支払いの受理を今日から開始できるすべてのツールを提供します。

なお、PumaPayのプロジェクトは2017年に創立され、2018年にはICO(イニシャルコインオファリング)を実施。

このときには、約128億円の巨額の資金調達に成功しています。

PumaPayの仮想通貨決済としての特徴

PumaPayでは、以下の方法での仮想通貨決済に対応しています。

  • 定期支払い
  • Pay-Per-Use (利用毎支払い)
  • 一回/一括払い
  • ユーザー同士の割り勘
  • 制限付き支払い

最近では、日本でもかなりキャッシュレスが普及してきましたね。

そのため、すでにキャッシュレスを取り入れている方は「ふーん、で?」と思うかもしれません。

しかし上記のような多彩な支払い方法は、仮想通貨決済の世界では革新的。

たとえば、純粋にビットコインを送金する場合、「定期払い」や「割り勘」などは難しいですよね。

アプリを用いた電子マネー決済の便利さを、そのまま仮想通貨に持ち込んでいるのがPumaPayの最大の特徴です。

PumaPayの将来性は?

それでは、PumaPayの将来性についてどう考えればいいでしょうか?

PumaPayは「うまくまとまった」仮想通貨決済サービス

PumaPayは、言ってしまえば「仮想通貨の決済サービス」に過ぎません。

しかし、サービス全体が非常にうまくまとまっておりかゆいところに手が届く設計なっているのが特徴。

たとえば、「プル型決済」ができるのも、PumaPayの特徴です。

プル型決済とは「買い手が支払う」のではなく、自動引落のイメージで「受け手が引き出す」形の決済のことで、これまで仮想通貨では難しかった月額定額で引き落としとなるサービスの決済を容易にします。

ネットフリックスやAmazonプライムなんかがこのプル型決済です。

仮想通貨決済でもこれが導入できるとあれば、多くの事業者が仮想通貨決済の導入を検討するでしょう。

さらに、PumaPayの利用手数料は、イーサリアムの送金手数料(トランザクション手数料)のみと安価。

それ以外は無料なので、多くの場合、店舗などの事業者が支払っているクレジットカードの決済手数料(多くの場合5%程度)よりも安くなります。

クレジットカードを導入する店舗側は、正直、「普及しているから仕方なく導入する」といった気持ちでしょう。

しかしPumaPayなら、「むしろコスト削減のために導入したい」と感じるはずです。

付け加えると、PumaPayを導入した店舗側は、ボラティリティリスクゼロで仮想通貨を受け取れます。

これは、価格が固定された状態で支払いを受けられる仕組みになっているからですね。

このようにPumaPayは、押さえるべきポイントをしっかり押さえた実用的な仮想通貨決済サービスとなっています。

PumaPayは「TOP10のブロックチェーンソリュショーン」に選出

2018年10月、PumaPayはCIO Advisorが選出する「トップ10のブロックチェーンソリュショーン」に選出されました。

選考を担ったCIO Advisorはアジア太平洋地域において最も優れたビジネステクノロジー誌です。

これを受けて、PumaPayのCEOのYoav Dror氏は以下のようにコメントしました。

「CIO Advisor誌によって高く評価されたことを大変ありがたく思います。これはとても名誉なことですし、こうした宣伝効果がアジアにおける我々の存在感をより高めることに繋がると願っています。PumaPayのエコシステム拡大が最終的な目標です。このプロジェクトはまず日本にフォーカスすることで始動しました。これからはアジア太平洋地域全体における無数の事業主が暗号通貨決済のポテンシャルを認知し、プル型決済プロトコルを導入することが期待されます。」

仮想通貨業界の中で、PumaPayが高く評価された出来事でしたね。

ニコシア大学と提携

さらにPumaPayは、ニコシア大学との提携にも成功しています。

ニコシア大学は、世界初ブロックチェーンやデジタル通貨に関する講義を主催し、修士号の取得ができる世界初の大学のひとつ。

PumaPayは、ニコシア大学未来研究所(IFF)の創設メンバーとなり、今後はブロックチェーンへの普及、教育に努めます。

PumaPayを理解した優秀な人材の確保や、仮想通貨決済サービスの中で優位なポジションの確立につながる材料となっています。

「Buy Crypto」機能の追加

最近の動向としては2020年8月、PumaPayのスマホアプリ型ウォレット(電子サイフ)にて、クレジットカードを使ってアプリから仮想通貨が購入できるようになりました。

購入できるのは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)の4銘柄。

注目したいのが、これらの仮想通貨をPumaPayアプリを使って簡単にPMAトークンに交換できること。

PMAの買い圧力につながる好材料となっています。

PumaPayの買い方

PumaPayは国内取引所では取り扱いがありません。

海外取引所のOKEXで買うことができます。

タイトルとURLをコピーしました