仮想通貨の儲かる情報を公開中!

仮想通貨Terra(テラ)とは?今後の価格、将来性、買い方

コイン

「Terra(テラ/LUNA)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

スケーラビリティ問題に強い分散型のステーブルコインらしいけど、保有すると値上がり益が見込めるの?」

と、疑問を感じていませんか?

そんな方に向けて今回は、以下のポイントについて解説します。

この記事でわかること
  • Terraとは
  • Terraの将来性
  • Terraの買い方

さっそく、詳しくみていきましょう。

Terra(テラ)とは

出典:Terra

Terraとは、世界最大のブロックチェーン決済ネットワークになることを目指す、分散型(管理者が存在しない)ステーブルコインの仮想通貨プロジェクト。

2018年、韓国のTerraform labsによって発行されました。

ステーブルコイン(安定通貨)とは、価値が一定で、価格変動がほとんどない仮想通貨のことを指しています。利益確定の際や、相場下落時の避難先として保有されるUSDT(米ドルに連動)が有名ですね。

Terraの特徴は、USDTにとってのテザー社のように、特定の管理者が不在であるということ。

それでいながら、法定通貨と連動するステーブルコインを成り立たせています。

そのほかTerraには、

  • 送金手数料が格安
  • 送金スピードが高速(即時送金可能)
  • 分散型であるため、中央集権的な問題(テザー問題のような)が発生しない

という大きなメリットがあります。

TerraとLUNAの違い

Terraの仮想通貨プロジェクトには、「Terra」と「LUNA」の2つの独自トークンがあります。

Terraは、上記で解説したステーブルコインのことで、価格が法定通貨とペッグされています(つまり、投資対象にはなりません)。

もう1つのLUNAは、Terraをステーキング(仮想通貨を預けることで報酬を得られる)と入手できる仮想通貨のことで、こちらは価格変動があるため投資対象になり得ます。

僕たち投資家は、利益確定の際にはTerra、投資目的の場合にはLUNAを保有することになりますね。

Terraの将来性は?

それでは、Terraの将来性についてどう考えればいいでしょうか?

分散型ステーブルコインの需要は急増中

まず、Terraなどの分散型ステーブルコインの需要は右肩上がりに成長しています。

Terraの取引量が増えれば、独自トークンのLUNAの上昇期待されるため、時代の流れは追い風といえそうです。

また、Terraとよく比較されるのが、世界最大のステーブルコインであるUSDT。

しかし以下のように、Terraは特定の管理者を信用することなく、独自の複雑なアルゴリズムに基づいて法定通貨(USD、EUR、CNY、JPY、GBP、KRWなど)との連動性を保ちます。

  • USDT→テザー問題(裏付け資産の不正利用や、信用問題)のように管理企業による不祥事が起こりうる
  • Terra→管理企業が存在しないため、そのような不祥事は起こり得ない

これは利用者にとって、非常に大きなメリットであるといえるでしょう。

Terraは超スケーラブル(取引手数料が安い)

特定の管理者が存在するステーブルコインと比べると、分散型ステーブルコインはスケーラビリティ問題が付きもので、送金スピードは遅く、取引手数料は高いというイメージをお持ち方もいるでしょう。

たとえば、分散型ステーブルコインのDaiは、スケーラビリティ問題に苦しんでいます。

また、ドルとの連動性を保てないシーンも目立ちます(DeFiでのDai需要が増加し、価格が高騰してしまう)。

Terraは独自ブロックチェーンを持ち、トランザクションの処理能力は1000TPS(1000取引/秒)を誇っています。

これはイーサリアムの15TPSをはるかに上回っているので、手数料高騰しにくいというメリットがあるんですね。

こうした強みが理解され、Terraは韓国を中心にネット通販サイトで導入されつつあります。

また、スマホ決済アプリ「CHAI」で簡単にTerraを送金できるのも強み。

Terraは、「仮想通貨業界のPayapl」になることを掲げています。

その目標は遠いとはいえ、着実に近きつつあるといえるでしょう。

Terraの買い方

Terraは国内取引所では扱われていません。

海外取引所のバイナンスで買うことができます。

タイトルとURLをコピーしました