仮想通貨の儲かる情報を公開中!

UNI COIN(ユニコイン)とは?今後の価格、将来性、買い方

コイン

「UNI COIN(ユニコイン)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

コインを保有しているとUNI GROUPの利益が還元されるらしいけど、ぶっちゃけ儲かるの?」

と、疑問を感じていませんか?

そんな方に向けて今回は、以下のポイントについて解説します。

この記事でわかること
  • UNI COINとは
  • UNI COINの将来性
  • UNI COINの買い方

さっそく、詳しくみていきましょう。

UNI COIN(ユニコイン)とは

出典:UNI COIN

UNI COINとは、「トークン価格の下落を防止する」仕組みの提供を目指しているUNI GROUPが発行する仮想通貨。

過去のICOブームでは、トークンが激しく値動きすることで、損失を被る投資家が少なくありませんでした。

そこでUNI COINは、トークンの価格下落を防ぐ仕組みを考案。

具体的には、コイン発行企業は、「UNI COIN GROUP」に加盟することでUNI COINから以下のサービスを受けることが可能です。

  • 仮想通貨を売買すると、暗号通貨が毎日自動的にボーナスとして付与される(投資家がコインを保有するモチベーションとなる)
  • 「UNI COIN GROUP」に加盟する暗号通貨発行企業はプロモーションのため、互いにプロジェクトをIR配信できる
  • マーケットメイク(上場後の価格安定のため、オーダーブック板をコントロール)

またトークンを保有する投資家は、UNI GROUPが行っている事業(後述)の利益の一部を還元してもらうことができます。

ちなみに、UNI COINはイーサリアムのブロックチェーン上で発行されており、ERC20(イーサリアムベース)に対応する幅広いウォレットで保管できます。

UNI COINの「プロジェクト向け」と「投資家向け」の2つのサービス

端的にいえば、UNI COINには「仮想通貨プロジェクト向け」と「投資家向け」の2つのサービスがあるといえるでしょう。

まず、「仮想通貨プロジェクト向け」のサービスとして、UNI COINは新たに仮想通貨を発行したい企業のコイン発行プラットフォームとなります。

仮想通貨を発行したいプロジェクトは、「トークン価格が暴落しないか?」「本業があるなか、仮想通貨の業務に手が回るか?」といった点を心配しています。

そこでUNI COINは、発行企業が考えるべき「取引所への上場」「ウォレットの用意」「決済システムの整備」「広報活動」などをすべて引き受けます。

またトークン価格が上昇するよう、マーケットメイク(上場後の価格安定のため、オーダーブック板をコントロールすること)を行います。

加えてUNI COINは、僕たちのような「投資家向け」サービスとして、UNI GROUPの利益を還元します。

UNI COINはICOプラットフォームだけではなく、株式投資、不動産投資、金融サービスを「事業」として行っており、トークンはそうした事業の株のような役割を持っています。

トークンを発行するUNI GROUPは、「UNIは実際のビジネスから利益を返すトークン」と説明していますが、これは株式のような役割があることを意味しているんですね。

UNI COINの将来性は?

それでは、UNI COINの将来性についてどう考えればいいでしょうか?

仮想通貨業界の「ニーズ」を汲み取ったプロジェクト

UNI COINは仮想通貨業界のニーズを機敏に感じ取り、プロジェクト化することに成功しました。

まず、投資家はICOブームが過ぎた時期、トークンの暴落により大きな損失を被りました。

UNI COINは、そうした投資家の痛みを解消すべく、投資家の利益(トークン価格の上昇)そのものをサービスにするというコンセプトを設定。

そのひとつが、仮想通貨の上昇をサポートするマーケットメイクのサービスなんですね。

当時は「ICOは下火だけど、まだいけるかな?」という瀬戸際だったので、「ICOを成功させ、投資家もプロジェクトも儲けさせますよ!」というわかりやすいコンセプトは魅力的でした。

ただし、独自トークンは規制される恐れも?

独自トークンを保有すると、投資家はUNI GROUPが得たリアル事業の収益を還元してもらうことができるとされています。

たとえば、UNI GROUPの不動産投資事業もそのひとつ。

日本法人を通じて、滋賀県近江八幡市の琵琶湖湖畔に15,000坪の土地を確保済みとのことで、リゾートビジネスに乗り出すとアピールしています。

しかし、これはよく考えると、セキュリティトークン(有価証券の性質を持つ仮想通貨)に当たる可能性がありますね。

株式のような性質を持つ通貨を発行すると、規制当局に「未登録で有価証券を発行した」として警告され、プロジェクトが中止に追い込まれる恐れもあります。

今後、UNI GROUPが成功すればするほど、規制当局に指摘され、UNI COINが目を付けられてしまうリスクも高くなるでしょう。

UNI COINの直近の進捗状況

UNI COINのプロジェクトは2021年2月現在、残念ながらあまり進捗があるとはいえません。

UNI COIN GROUPの公式ツイッターは2020年になってもちらほらと更新されていますが、法人設立や、提携などの机上の動きの報告のみで、トークン価格の上昇につながるような材料に乏しい印象。

投資家が材料視するような発表が少ないと、プロジェクトの存在感が徐々に小さくなってしまうので、ビッグニュースを期待したいですね!

UNI COINの買い方

UNI COINは国内取引所では扱われていません。

海外取引所のBCXEで買うことができます。

タイトルとURLをコピーしました