仮想通貨の儲かる情報を公開中!

ステーブルコインUSD Coinとは?USDTとの違いや買い方

コイン

「USD Coin(USDC)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

米ドルに連動するステーブルコインらしいけど、テザーとの違いは?」

とUSD Coinについて疑問を感じていませんか?

この記事では、ステーブルコインの一種であるUSD Coinについて徹底解説。

この記事でわかること
  • USD Coinとは?その基本情報
  • USD Coinの将来性
  • USD Coinの購入方法

さっそく、詳しくみていきましょう。

USD Coin(ユーエスディーコイン)とは

出典:USD Coin公式

USD Coinはステーブルコインの一種です。

ステーブルコインとは価格が安定した仮想通貨のこと。USD Coinでは米ドルと1:1の割合でペッグされているため、その値動きも米ドルと連動しています。

USD Coinは、仮想通貨スタートアップ企業CIRCLE社と、大手取引所コインベースと提携によって2018年9月に発行されました。

イーサリアムのブロックチェーンを利用した「ERC20」規格を採用しているため、イーサリアム対応のウォレットでも保管することができます。

USD Coinが価値を保つ仕組み

USD Coinはテザーなど他のステーブルコインと同様、「1ドル=1USDC」の連動性を保っています。

これは、USD Coinを提供している取引所コインベースに持ち込むと「1USDC=1ドル」で交換してもらえる仕組みになっているからです。

日本居住者は2020年現在、規制の関係上コインベースを使うことができません。

その場合は、USD Coinに対応している他の取引所で取引することになります。

コインベース以外の取引所に持ち込んだ場合、原則として取引板を使って市場価格で取引することになるので、完全な1USDC=1ドルから若干乖離する可能性もあります。

USD Coinの価格をCoinMarketCapで確認すると、若干の値動き(1.01ドル~0.99ドルなど)が確認できますね。

おおむね1ドルで売買できる、と理解しておきましょう。

USD Coinとテザーの違い

USD Coinとテザー(USDT)は、どちらも米ドル連動型ステーブルコインであり、また、価値を保つ仕組みもほとんど同じです。

では、何が違うのか?と疑問に感じる方もいるかもしれません。

USD Coinとテザーの唯一の違いは、「発行企業」と、その違いから来る信頼性です。

基本的には、発行企業に不祥事が発生しない限り、USD Coinとテザーのどちらを利用しても問題ありません。

USD Coinのメリット

それでは、USD Coinを利用することにはどのようなメリットがあるでしょうか?

USD Coinは一時的な待避(利益確定)に便利

USD Coinは他のステーブルコインと同じように、日本円に対応していない海外取引所などで一時的な利益確定(ボラティリティからの避難)に使うことができます。

米ドル連動型のステーブルコインはほとんど値動きがなく、USD Coinに単体で投資しても利益は期待できません。

そのため、一時的な利益確定がほとんどの用途となるでしょう。

USDTと異なり「テザー問題」とは無縁

テザーについては、発行体のTether社への「信用リスク」が指摘されています。

もちろんUSD Coinについても、CIRCLE社とコインベースへの信用リスクを抱えている点は同じですが、Tether社はこれに加えて「ドルによる価値の裏付けが不足しているのでは?」という疑惑があります(テザー問題)。

もちろんTether社は疑惑を全否定しており、第三者機関として有名弁護士事務所のFeeh Sporkin & Sullivan LLPを起用して、口座残高が十分であることを証明するといった対応も行っています。

しかしTether社は今も、複数の裁判を抱えるなど疑惑の目を向けられています。

一方のUSD Coinはどうでしょうか?

Tether社と比べると、CIRCLE社とコインベース社はこれまでのところノースキャンダルです。

特にコインベースは、世界でもっとも信頼されている取引所といっても過言ではないでしょう。

2020年には、大手クレジットカード「VISA」もステーブルコイン業界へ参入を決定しており、この際にはパートナーとしてUSD Coinを選びました。

投資家は、可能ならテザーと合わせてUSD Coinを利用することで、より安心して保有することができるでしょう。

USD Coinはテザー並みに多くの取引所に対応

テザーと比較すると、USD Coinは知名度が若干低いので、「取り扱われている取引所が少ないのでは?」と思われるかもしれません。

出典:コインベース

しかし、上図のようにテザー並みに多くの取引所に対応しているので、マイナーな取引所を利用していない限り、USD Coinを買うことができるはずです。

USD Coinのデメリット

では、USD Coinにはデメリットはないのでしょうか?

現状では、特にこれといった欠点はありません。

強いていえば、USD Coinも他のステーブルコインと同じく、発行体の信頼性に依存している点は理解しておく必要がありますね。

加えて、記事執筆時点での時価総額ランキングは、テザーが4位(約2兆円)、USD Coinは13位(約3200億円)です。

ステーブルコインの信頼性は時価総額ではなく発行体に依存しているので、特に大きなデメリットではありませんが、USD Coinは現状ではテザーにリードを許しています。

USD Coinの買い方

USD Coinは国内取引所では扱われていません。

海外取引所のバイナンスなど多数の取引所で購入できます。

タイトルとURLをコピーしました