仮想通貨の儲かる情報を公開中!

仮想通貨WAX (ワックス/WAXP)とは?今後の価格や将来性、買い方

コイン

「WAX (ワックス/WAXP)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

ゲームアイテムを売買できるプラットフォームらしいけど、価値があるのかな?」

とWAXについて気になっていませんか?

そんな方に向けて今回は、以下のポイントについて解説します。

この記事でわかること
  • WAXとは
  • WAXの将来性
  • WAXの買い方

さっそく、詳しくみていきましょう。

WAX (ワックス)とは

出典:WAX

WAXとは、「OPSkins」という世界最大規模のゲーム内アイテム売買サイトによって立ち上げられた仮想通貨プロジェクト。

ゲーム内のアイテムには価値を持つものも多く、それらをブロックチェーンとスマートコントラクトを使ってユーザー同士で売買できるようにします。

ブロックチェーンを使うことで、従来よりも安全で、安い手数料、また透明性の高い取引を行うことができるのが特徴ですね。

加えて、最近になり急速に価値が認められてきているNFTを発行し、それを売買できるプラットフォームとしても注目されつつあります。

WAXは過去にICO(仮想通貨を使った資金調達)を実施しており、その際には3万人以上から合計90億円の資金調達に成功しています。

OPSkinsとは

OPSkinsは過去、月間新規登録者数が20万人、週間取引数が200万件を誇ったとされる世界最大のゲーム内アイテム取引サイト。

主にゲームスキン(キャラクターの見た目)などのアイテムを売買するプラットフォームとして、海外を中心に多数のユーザーを抱えていました。

WAXはこうした背景から開始されたので、ゲームユーザーや投資家にすんなりと受け入れられたという経緯があります。プロジェクトの強みのひとつといえますね。

なお、OPSkinsは現在、すでにWAXとひとつのサービスに統合されており、単体のサービスとしては存在しません。

WAXPトークン

WAXの独自トークンであるWAXPは、分散型プラットフォームのWAXの利用手数料としての用途があります。

また、WAXで発行されたゲームアイテム(NFT)と交換したり、売買したりするのに使うことができます。

WAXの将来性は?

それでは、WAXの将来性についてどう考えればいいでしょうか?

WAXは「キング・オブ・NFT」?

最近になり、NFT(Non-Fungible Token)の市場規模がとてつもないスピードで拡大しています。

NFTとは「代替できない仮想通貨」のことで、唯一無二の資産をトークンに置き換えることに利用されています。

たとえばゲーム内アイテムや、ゲームキャラクター、ゲーム内の土地などをNFTとして自由に売買するケースが一般的ですね。

WAXは、自らのプロジェクトのことを「キング・オブ・NFT」と呼んでいます。

事実、最近ではゲーム大手「カプコン」の人気格闘ゲームである「ストリートファイター」がキャラクターをNFTとして販売するようになりました。

実はここでカプコンは、NFTの発行にWAXを採用しているんですね。

そのほか、世界最大級のギャンブルプラットフォーム「EOSBet」、ゲーム系の有力仮想通貨「Splinterlands」、ミュージシャンのdeadmau5(デッドマウス)、アメリカの人気ゲーム会社Atari、トレーディングカードのToppsなど、多数のブランドや企業がWAXを採用しています。

成長がほぼ確実とされるNFT市場の規模拡大の恩恵を受けやすい銘柄のひとつです。

2020年に注目すべき9つのブロックチェーンにランクイン

仮想通貨業界で権威ある「Dapp.com」は過去、「2020年に注目すべき9つのブロックチェーン」を発表しています。

その9つは以下のとおり。

  1. イーサリアム
  2. EOS
  3. TRON
  4. Wax
  5. Terra
  6. Cosmos
  7. Blockstack
  8. Link
  9. Klaytn

WAXがランクインしており、注目され続けているプロジェクトであることがわかります。

イーサリアムやEOSなど、用途が幅広い仮想通貨に混じって、ゲームに特化しているWAXがランクインしているのは興味深いですね。大健闘といえます。

SALT(ソルト)がWAXPをサポート

WAXはゲームに特化した仮想通貨ですが、当然ながら独自トークンのWAXPの価値は、ゲームにおいてもあります

たとえば、仮想通貨融資プラットフォームの「SALT(ソルト)」をご存じでしょうか?

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などの仮想通貨を担保として預け入れることで、ドルなどを借りることができるローンサービスです。

ここにWAXPが追加され、WAXPを担保に法定通貨が借りられるようになりました。

WAXPは比較的マイナーな通貨ですが、着実に実需が底上げされており、今後面白い仮想通貨のひとつといえます。

WAXの買い方

WAXは国内取引所では扱われていません。

海外取引所BITTREXで買うことができます。

タイトルとURLをコピーしました