仮想通貨の儲かる情報を公開中!

仮想通貨WHALEとは?今後の価格や将来性、買い方

コイン

「WHALE(ホエール)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

大量のNFT(ノンファンジブルトークン)に投資できる仮想通貨らしいけど、将来性は高いの?」

と、疑問を感じていませんか?

そんな方に向けて今回は、以下のポイントについて解説します。

この記事でわかること
  • WHALEとは
  • WHALEの将来性
  • WHALEの買い方

さっそく、詳しくみていきましょう。

WHALE(ホエール)とは

出典:WHALE

WHALEとは、世界を代表するNFT(ノンファンジブルトークン)投資家のWhaleShark氏が立ち上げた仮想通貨。

NFTとは「代替できない仮想通貨」のことで、最近ではブロックチェーンゲームのアイテムや、デジタルアート、不動産などがNFTに置き換えられています。

WhaleShark氏はさまざまなNFTを大量保有する「クジラ」で、WHALEはその一部の約300億円相当のNFTを割り当てたバスケット(集まり)となっています。

WHALEを所有することで、WhaleShark氏の選球眼に基づくNFTに投資することができます。

WHALEは1人の投資家による社会実験

なぜWhaleShark氏は、自身のNFTバスケットを「WHALEトークン」として発行しようと思ったのか。

それは、(投資の手段を提供するためではなく)「NFTを価値の裏付けとした決済通貨」が成り立つのではないかという、社会実験です。

ステーブルコインは米ドルに裏付けされていますし、米ドルはかつて「金本位制」として金に裏付けられていましたよね。

WHALEは、WhaleShark氏の所有するNFT作品群に裏付けされる「NFT本位制」の仮想通貨ともいえるかもしれません。

WHALEの将来性は?

それでは、WHALEの将来性についてどう考えればいいでしょうか?

WhaleShark氏に「ただ乗り」できる希有なトークン

最近では、各NFT(ノンファンジブルトークン)が急騰し、投資対象として盛り上がりをみせています。

しかし一般の投資家は、どのNFTに価値があり、どのNFTが「電子クズ」なのか見分けるのは難しいですよね。

WhaleShark氏は、世界でもっとも大量にNFTを保有する投資家されています(諸説ありますが、TOP3には入ると考えられる)。

そんな同氏が、さまざまなNFTとして発行された資産(たとえばSandboxなど)をまとめたWHALEを発行しています。

まるでWhaleShark氏がファンドマネジャーの投資信託に投資するようなイメージですね。

同氏だからこそできる仮想通貨です。

トークンの価値は「WhaleShark氏」の信頼に依存

一方で、WHALEには懸念もあります。

それは、トークンの価値がWhaleShark氏の信用度に完全に依存しているということ。

WhaleShark氏(日本語でジンベイザメ)は、その名前からも分かるように匿名の人物です。

しかも、WHALEの裏付けとなるNFTの選択は同氏の選球眼(言ってしまえば「勘」)です。

たしかにWhaleShark氏は「仮想通貨業界でもっとも成功した投資家のひとり」として知られていますし、ツイッターのフォロワーも約3万人を有しています。

また、WHALEを発行する上で、コミュニティのTOP層である「10人」にWhaleShark氏の素性(個人情報、学歴、経歴)を明かしていて、もしWhaleShark氏がモラルに反する行為を行った場合には、容赦なく当局に通報することが同意されているようです。

とはいえ、僕たち投資家にはそれが本当に機能するのかを試す手段もありませんし、表に出ている情報を信用するしかありません。

WHALEはとても面白い仮想通貨ですが、社会実験的な側面が強いのでそのつもりで投資するようにしましょう。

WHALEの買い方

Ultraは国内取引所では扱われていません。

海外取引所のUniswapで買うことができます。

タイトルとURLをコピーしました