仮想通貨の儲かる情報を公開中!

2020年、ビットコインは「バフェット超え」など飛躍!21年はどうなる?

仮想通貨ニュース

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは今日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は横ばい

本日、ビットコインは299万円台で推移しており、ここ24時間の値動きはほぼなし。

時価総額トップ10では、急落中のリップル(XRP)がわずかに反発し、7%の上昇となっています。

それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

2020年、ビットコインは「バフェット超え」など飛躍!21年はどうなる?

ビットコインは2021年1月1日現在、300万円をわずかに下回る水準で推移しています。

2020年はビットコインにとって、飛躍の年でした。

ビットコイン価格(2020年1月~12月)

年末にかけての急騰でビットコイン時価総額は55兆円を突破。

これは、世界三大投資家ウォーレン・バフェットが運用する投資会社「バークシャーハサウェイ」をわずかに上回る規模です。

また、日本最大かつ世界有数の時価総額を誇るトヨタ自動車(約26兆円)をも圧倒しています。

仮想通貨投資家のPomp氏はビットコインが「世界最大の金融サービス」になったとツイッターで指摘しました。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

あけまして、おめでとうございます!

2021年はビットコインにとってどんな年になるのか、楽しみですね。

僕はさらなる上昇を予想しており、2021年末には「1000万円」超えの可能性もあると考えています。

仮想通貨関連の情報サイト創業者のボビー・オン氏も、ビットコインETF(上場投資信託)の認可や、各国の中央銀行のビットコイン購入により、上昇すると予想。

年末価格は10万ドル(1032万円)と、僕に近い価格を予想されています。

さて、本日の主要ニュースはこちら。

  • NEM(ネム)のアップデート「シンボル」が21年2月に延期
  • リップル訴訟を受けて、バイナンスUSもリップル(XRP)を21年1月13日に上場廃止へ
  • リップル訴訟を受けて、次にSECが狙うのは「テザー社」への訴追との指摘も
  • 米資産運用大手のヴァンエックが「ビットコインETF」を再申請

ビットコインはここ1年、株式や商品などの伝統的な金融界の中で、急速に認められるようになりました。

可能性はわずかではあるものの、今年の「ビットコインETF」の認可についても希望が見えてきたといえるでしょう。

本日のまとめ

  • ビットコイン時価総額は55兆円を突破。ファンダメンタルズも改善しており、2021年末には「1000万円」超えの可能性もあると考えている

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!

タイトルとURLをコピーしました