ビットコイン「半減期暴落説」に現実味?仮想通貨インフルエンサーも指摘

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースと注目のコインをピックアップしてご紹介していきます。

まずは今日の相場から確認していきましょう!

本日の相場→上昇!

本日、ビットコインは96万円台で推移しており、ここ24時間で5%上昇。

時価総額トップ10では、リップルも同じく約5%上昇していますね。

リップルには、2つの好材料も発表されています(後述)。

それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

①ビットコイン「半減期暴落説」に現実味?仮想通貨インフルエンサーも指摘

仮想通貨インフルエンサーのbit仙人氏が、半減期前後のビットコインの暴落は「ありえる」というスタンスを明らかにしました。

その理由として、

  1. 2020年1月にショートポジションが急増した
  2. その後、ビットコインは急騰
  3. しかし、しばらくすると急落し「行ってこい」に

という一連の流れがあった旨を指摘。

出典:「bit仙人」氏公式ツイッター

そして直近でもビットコインのショートポジションは急増しています(上図)。

果たして、ビットコインは「歴史は繰り返す」のでしょうか?

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

通常、ショートポジション増加は「ショートカバー」による買い戻しにつながるため、上昇エネルギーになると言われています。

しかし、それはあくまで「ロスカットされるほどビットコインが上昇した場合」です。

仮想通貨には好材料(イベント)の2週間ほど前にピークを付けて下落するというジンクスがあり、半減期が5月12日に迫っているので、その前後に大幅な下落がある可能性は高いでしょう。

また、ビットコイン先物市場で一時、バックワーデーションが発生しており、これも下落要因となっています。

未来の価格を予想する先物市場では、期日の近い「期近」より、期日の遠い「期先」のほうが価格が高いのがふつうです(=コンタンゴ)。

しかし現在、取引所OKEXにて半減期に近い15日限のみ価格が安くなっています。(現在から15日限までだんだんと価格が安くなっているため、バックワーデーション)。

これは、市場参加者が半減期に近い15日前後の「下落」を予想しているという証拠であり、警戒が必要ですね。

それでは、本日の主要ニュースをみていきましょう。

  • 仮想通貨イーサリアムの過去1年のパフォーマンスは、大半のERC20(ETH系独自トークン)を上回る
  • 仮想通貨取引所のBTC預入額が大幅減。自前のウォレットでの保管が増加か
  • 航空会社への投資で損失を出したバフェット氏に対し、「ビットコインに投資していないのも間違い」と仮想通貨業界から非難の声
  • 仮想通貨イーサリアム、5月4日で「1000万ブロック」の節目。誕生からは5年

なお、リップル(XRP)に2つの好材料がありました。

  1. リップル社と提携した送金大手マネーグラムが第1四半期(1~3月)で大幅成長
  2. リップル社が認知度UPのためマーケティング役職を募集

特に①については、「リップルと提携すれば業績UP→リップルと提携したい企業が増える→XRPの需要増加→価格上昇」とのシナリオも期待できます。

XRPはここ1ヶ月で19→25円に上昇しており、現在23.5円で推移するなど好調なので、まずは30円を目指してほしいですね!

本日のまとめ

  • 1月にショートポジションが急増した後に暴落した前例や、ビットコインの半減期前の下落ジンクス、バックワーデーションの発生などにより「半減期前後の暴落説」は現実味を帯びてきている

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す