仮想通貨Bitcoin Gold (ビットコインゴールド/BTG)とは?|「51%攻撃」を受けるもなぜか20%上昇

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースと注目のコインをピックアップしてご紹介していきます。

まずは今日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は?→上昇!

本日、ビットコインは98万円台で推移しており、ここ24時間で約5%上昇。

時価総額トップ10では、999が10位にランクインしていますが、出来高の少ない取引所における突発的な上昇に過ぎないと考えられます。

それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

①ビットコイン(BTC)、再び100万円へトライ!!

ビットコインはここ24時間で約5%上昇。再び100万円にトライしました。

この理由については、昨日に引き続き「新型コロナウィルス」が挙げられます。

米国市場ではコロナウイルスに対するリスク回避の動きから株が売られており、特に半導体やカジノ関連など、中国との関係が深い銘柄で大きな下落が確認されています。

こうしたことから、中国企業へのダメージも懸念されており、それを見越して株→ビットコインへと資金が移動している可能性があります。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

リスク回避の動きは金(ゴールド)の上昇からも明らかですね。

新型コロナウイルスに収束の動きが見えるまでは、ビットコインも堅調な値動きが続きそうです。

それでは、本日の主要ニュースをみていきましょう。

  • 「仮想通貨には決済を変革する可能性あり」との報告書をドイツ銀行が発表
  • イランの産業鉱山貿易省が、1000超の仮想通貨マイナー(採掘業者)にライセンスを付与
  • 仮想通貨DASH、ベネズエラでウォレットアプリユーザーが8ヶ月で約6.6倍に
  • バイナンス、「新型コロナウイルス」寄付を表明
  • リップルのブラッド・ガーリングハウスCEOが今後12カ月でIPO(新規株式公開)の可能性を示唆

最後のニュースについては、僕はズバリXRPの上昇要因だと考えています。

なぜなら、リップルはこれまで、自社の資金調達のためにXRPを市場で売却してきたからです。

これがXRPの売り圧力になり上値の重さに繋がっていましたが、リップル社がIPOで資金調達できれば、XRPを少ししか売らなくて済むようになります。

クオンタム・エコノミックス創業者マティ・グリーンスパン氏も、

「私はポジティブだと思う。リップルにとって(IPOで)さらなる資金調達ができるようになれば、トークンを売る理由は少なくなる」

と述べていますが、こういうことですね。

また、リップル社がIPOをすれば、単純に知名度が上昇し、XRPの買い意欲増加が期待できるのではないでしょうか。

②仮想通貨Bitcoin Gold (ビットコインゴールド/BTG)とは?|「51%攻撃」を受けるもなぜか20%上昇

今月26日に9.9ドルだった仮想通貨ビットコインゴールド(BTG)は、27日には12.6ドルまで上昇しました。

ビットコインゴールドは、2017年10月にビットコインから分裂(ハードフォーク)して誕生した仮想通貨(ハードフォークについてはこちらの記事で解説)。

ビットコインゴールドは、ビットコインと以下の点で共通しています。

  • 非中央集権的
  • マイニング(採掘)が可能
  • 送金手段を主としたシンプルな通貨

しかしビットコインゴールドには、ビットコインにはない「ASIC耐性」が実装されています。

ASIC耐性とは、専用マシンによるマイニングをできなくする機能のことで、これによって、専用マシンを持つ業者によって独占されがちなマイニングシェアを、一般家庭ユーザーにも分散化させることができます。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

ビットコインは「非中央集権的」な仮想通貨であるとされていますが、マイニングの業者は数社に集中してきており、「実は中央集権的じゃないか」という声もあります。

そんな中、ビットコインゴールドは真の分散化を目指す、というコンセプトですね。

さて、そんな中、次のようなニュースが。

  • 今月26日、ビットコインゴールドが「51%攻撃」を受けたと認める

51%の詳細についてはこちらの項目でも解説していますが、要するにマイニングのシェアを51%以上獲得すると仮想通貨の機能の一部を「乗っ取る」ことができます。

これを利用したハッキング攻撃ですね(マイニングの分散化、できてない・・・笑)。

51%攻撃は、ビットコイン系(正確にはPoWアルゴリズム系)の弱点であり、過去にはZenCashやVergeなどが51%攻撃を受けたことがあります(参考:Vergeに続きZenCash(ZEN)へ51%攻撃―対策はある?

では、結果としてビットコインゴールドはどうなったのかというと、本来なら暴落してもおかしくありませんが、なぜか上昇していますね(笑)

この背景には、

  • ビットコインゴールドの公式ツイッターが「51%攻撃」を防ぐ新しいアルゴリズムを開発し、2020年1~3月にリリースすると発表
  • ハッキング被害の詳細は不明であるものの、被害ゼロ、もしくは少額の被害と考えられていること
  • 仮想通貨市場が全面高となっており、その追い風

などがありそうです。

出典:https://bitcoingold.org/roadmap-2019/

今後のビットコインゴールドについては、ライトニングネットワークという超高速送金に対応したウォレットの開発が予定されています。

出典:https://bitcoingold.org/roadmap-2019/

また、匿名性の高い送金方式を導入することなども計画しており、実現すれば一時的に話題となる可能性がありそうです。

本日のまとめ

  1. ビットコイン(BTC)、再び100万円へトライ!!
  2. 仮想通貨Bitcoin Gold (ビットコインゴールド/BTG)とは?|「51%攻撃」を受けるもなぜか20%上昇

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す