ビットコインの複利運用とは?資産形成に有力だが注意点も

こんにちは、阿部です。

ビットコインに投資する投資家には大きく分けて2通りのタイプがあります。

1つ目のタイプは毎月の生活費を稼ぎたいという方。投資で得た利益は、生活費や趣味に使われる傾向があります。

そしてもう1つのタイプは複利運用で得た利益を再投資に回し資産を大きく築き上げることを目指す方です。

ここでは、後者にスポットライトを当ててみましょう。

そもそも複利運用とは?

かのアインシュタインは、「数学の歴史上、最大の発見は複利だ」という意味のことを言ったそうですが、そもそも複利や複利運用とはどのような意味なのでしょうか?

トップクラスの投資家やトレーダーは年利30%で運用できるとされます。

複利運用とは、元金を投資することで得た利子をさらに元金として投資することで利子が利子を発生させようになる運用方法です。

例を挙げてみましょう。

元金100万円を年利30%で複利運用した場合投資1年後には130万円となります。

では、これを毎年繰り返すと、1年当たり30万円ずつ利益を生むでしょうか?

そうではありません。

2年目の元金は130万円となっているので投資2年後には合計169万円となり直近1年間で39万円の利益となります。

これは、利子が利子を生んでいるからです。

上記をさらに3年目、4年目と繰り返していくことで雪だるま式に資産を増やすことを目指すのが、複利運用です。

ビットコイン投資でも複利運用は有力

複利運用は、主に株式投資や投資信託の書籍などでおすすめされている手法ですが、ビットコインであっても理屈は変わりません。

とはいえ投資信託などとビットコインでは値動きの性質が異なるため株式投資や投資信託とまったく同じように利子を全額元本に当てるべきかどうかは、検討の余地があります。

それは、ビットコインはボラタリティ(値動き)が大きい傾向にあるからです。

ビットコイン投資の複利運用は慎重に

複利運用はときとして、魔法のように紹介されることがあります。

上記のように元金100万円を年利30%で15年運用した場合いくらに膨らむことになるでしょうか?

300万円?1000万円?……

いいえ5116万5893円です。これが、複利運用がすごさですね。

とはいえ冷静に考えてみると、ハイリターンな運用方法は大抵ハイリスクなはずです。

たとえば上記の5116万5893円を元本として投資し16年目に30%マイナスの損失を発生させると元金の100万円からすると考えられないほどの損失額となることがわかります。

そこで、個人的には元本割れのリスクが少ない投資商品に対しては100%複利運用で問題ないものの

ボラタリティの大きい投資商品に対してはリターンの一部を確定するほうがいいのではないかと思います。(期待値としては変わらないので好みですが)

ビットコインを複利運用する方法

ここまで、複利運用についての基礎知識を解説しました。

株式投資や投資信託で盛んな複利運用ですがこれをビットコインに応用する場合どのような方法があるのでしょうか?

ビットコイン取引所の売買で複利運用

ビットコインに投資の王道的な方法が、ビットコイン取引所での売買です。

ビットコイン取引所は株式投資でいう証券取引所に当たります。

ビットコイン取引所で売買を繰り返し利益を得たら元本として再び投資します。

これを繰り返すことで毎年安定的に年利を確保できれば、天文学的に資産が増加します。

HYPE投資で複利運用

ビットコインによる複利運用のもう1つの方法として、HYPE投資があります。

HYPE投資の案件によっては日利10%(!)を超えるものもあります。

年利ではなく、日利です。

HYPE投資は募集がビットコイン建てでおこなわれていてもビットコイン自体に投資するわけではありません。それぞれ内容が異なる、独立した案件となります。

HYPE投資を利用して発生した利益をさらに元本として再び投資することでビットコインを利用して複利運用できます。

HYPE投資はハイリスク・ハイリターン

ただし、ローリスクな投資商品に日利1~10%以上の利子が発生するはずはなく、

ですので利益を100%元本として再投資するような純粋な複利運用に、HYPE投資が耐えるどうかは疑問が残ります。

HYPE投資を複利運用することに成功すれば莫大な利益を手に入れられます。

が、複利運用をおこなわずに利益を換金したとしても十分な利益を手にできる収益性があります。

したがって利子のうち再投資するのは25~50%程度に留めるなどしその他は利益として確定するほうが賢明だと思います。

あまり深追いし過ぎないほうがいいでしょう。

複利で効果的に投資しよう

ここまで、株式投資や投資信託で有効とされる複利運用を、ビットコインへ応用する方法を考えました。

上述したように資産形成、つまり財産を築き上げることを目的とする場合複利を効果的に活用することが重要となります。

ビットコインの複利運用への挑戦を考えている方は上記をぜひ参考にしてみてください!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す