ビットコインの安全性は問題ないレベルと言えるのか?

こんにちは、阿部です。

「ビットコインは安全なのか」という議論は尽きませんが本当のところはどうなのでしょうか?

ビットコイン自体に大きな欠陥は今のところ見つかっていないものの「値下がりリスク」はあるという指摘も。

ここではビットコインに安全性の問題(特に値下がりリスク)はないのか?という点を考えたいと思います。

ビットコインの値下がりリスクとは?

「ビットコイン」とは仮想通貨の種類の1つです。

円やドルといった従来の通貨と比較して「送金」「決済」などの利便性(スピード・手数料の安さ)の高さが評価されています。

ビットコインは大きな将来性を感じるシステムでさらなる普及を予想する投資家の購入が殺到し2016年の1年間はそれまでの約3倍の価格を付けました。

その一方で「本当に安全なのか?」「値下がりして損するのでは?」という声もあります。

ビットコインが今後さらに発展の道を歩むのかそれとも必要とされなくなり値下がりするのかが焦点です。

中には「システムに重大な欠陥が見つかってビットコインが機能しなくなるのでは?」などの考えも。話題は尽きません。

安全性が低いとの指摘もあるが……。

確かに、ビットコインを購入することはノーリスクではありません。

少なからずリスクを背負った上でリターンを目指すのが投資だからです。

ビットコインは発展途上なので不安定な部分も多くあります。

株式投資におけるマイナー銘柄がそうであるようにビットコインもボラタリティ(価格の変動)が大きく一見ハイリスク・ハイリターンな印象です。

またビットコインを使用している立場からすると「ヒヤリ」とするニュースもあります。

ウォレット(ビットコインの財布)のパスワードを紛失してお金を引き出せなくなったビットコインの取引所のMt.Gox(マウントゴックス)がハッキングを受けたなど……。

どんな投資先でも一定のリスクはある

しかし、このような事件はビットコインに限ったことではありません。

たとえば日本円の紙幣は盗難のリスクがないのでしょうか?

紛失のリスクはないのでしょうか?

また株式投資では「会社が倒産するリスク」や「不祥事が起きるリスク」を常に背負っています。

また銘柄によってはビットコインよりもボラタリティ(価格の変動)が大きいケースもあります。

ではビットコインのみならず投資そのものに手を出すべきではないのでしょうか?

いいえ、そうではありません。

大切なのはリスク・マネジメントを徹底することです。

たとえばボラタリティが高いと感じたら投資金額を調整するビットコイン取引所は手数料の安さではなく信頼性で選択するなど。

ビットコイン自体に欠陥が発見されたわけではないのに「ビットコインは危険だ」と決めつけることは僕はナンセンスだと思います。

何に投資しても一定リスクは発生しますしリスク・マネジメントを徹底するかは自分次第だからです。

リスクだけではなくリターンも考慮する

ビットコイン自体に欠陥があるかどうかは、様々な要因が複雑に絡み合っているので誰にも分かりません。少なくとも現在までは大きな問題がなく、価値が上がってきている事実があるだけです。

ただビットコインが大きな可能性を秘めていることは間違いありません。

従来のお金のあり方そのものを変えるとすれば仮想通貨、なかでもビットコインの可能性が高いでしょう。

ビットコインの普及は確実に進みつつあります。

NTTドコモ・リクルートといった大手もビットコイン企業に出資しているほか東京の都市部ではビットコインで支払い可能なお店が増えています。

また楽天はアメリカ向けサイトでビットコインによる支払いに対応しました。

ビットコインの普及がさらに進めば世界中どこでも支払いや送金が可能になります。誰もが気軽に海外へ行ける時代になるのでニーズは高まるでしょう。

そしてお金のあり方を変えるほどビットコインが普及すれば大きな値上がりは間違いありません。

投資先の1つとして考慮する価値は十分あります。

危険だと決めつけるのは早い

ここまで、ビットコインの安全性について考えてきました。

確かにビットコインは円やドルほど安定しているとは言えませんがだからこそ投資対象として有力なのです。

多額は投資しない、集中投資はしないなどのリスク・マネジメントを徹底すれば問題ないと考えます。

上述したようにどのような資産を購入しても一定のリスクは背負わなくてはなりません。

ビットコインだけが危険というわけではないのです。

僕自身ビットコインと出会った当初は「安全なのか?」と心配になりましたが研究するにしたがって不安は薄れていきました。

ビットコインの購入を検討している方は参考にしてみてください!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す