リップルが過去最高の取引高更新&BTCは続伸し81万円を突破!

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースと注目のコインをピックアップしてご紹介していきます。

まずは今日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は?→大幅上昇!

本日、ビットコインは79万円台で推移しており、ここ24時間で約5%上昇。

時価総額トップ10では、イオス(EOS)が13%上昇しています。

それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

①リップルが過去最高の取引高更新&BTCは続伸し81万円を突破!

取引所Bitsoによると、仮想通貨リップル(XRP)の取引高が急増しており、24時間の取引量は過去最高を更新しました。

この詳細な要因は不明ですが、匿名のウォレット間での取引高が19億円相当になるなど急増したことで、リップル全体の流動性向上に貢献したと考えられます。

また本日は仮想通貨市場全体が堅調に推移しています。

ビットコインは一時81万円台まで上昇し、記事執筆時点でも80万円台をキープしています。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

先日のブログで指摘したレジスタンスラインを上抜けてきましたね!

これでビットコインは「底を脱した」といっていいでしょう。

たしかに短期的にはプルバック(調整)の動きも考えられます。

出典:アーケインリサーチ

しかしアーケインリサーチのレポートで公開された指標「ネット未実現利益/損失(NUPL/ビットコイン全体での投資家の利益と損失を計算し、「割安」「割高」を示す)」によると、ビットコインは割安な水準。

3月13日にはビットコインは44万円台まで下落しましたが、この際、ビットコインはバブル崩壊後の大底(2018年12月)に迫るほどの「割安」を示しています。

指標では割安さはピークではありませんが、2020年はビットコインの半減期も控えているので、総合的には安値余地は小さいと考えています。

最後に、本日の主要ニュースをご紹介します。

  • 音喜多議員が参議院の決算委員会で、麻生大臣に「日本の仮想通貨税制は投資家の海外流出を招く」と質疑。麻生大臣は調査が難しく「調査が進んでいない」と明かす
  • 日経平均やダウ工業株30種平均も大幅に続伸、ビットコインにも追い風か
  • ウィンクルボス兄弟運営のGeminiが、 Braveブラウザの「Basic Attention Token(BAT)」を上場発表
  • ゴールドマンサックスの元幹部Raoul pal氏が、保有資産の25%をビットコインへ投資

本日のまとめ

  • リップルが過去最高の取引高更新&BTCは続伸し81万円を突破するも、仮想通貨市場はまだ「割安」か

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す