仮想通貨COTIの将来性とは|バイナンスへの上場を達成し、今後上がる?

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースと注目のコインをピックアップしてご紹介していきます。

まずは今日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は?→上昇!

本日、ビットコインは95万円台で推移しており、ここ24時間で約2%上昇。

時価総額トップ10では、ビットコインSVが約9%上昇していますね。

それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

①仮想通貨が全面高の展開へ!!BTCがようやく下げ止まった?

ビットコインは24時間比で約3%上昇。現在、95.4万円台で推移しており、堅調な展開となっていることから、仮想通貨市場に安堵感が広がっています。

大手仮想通貨メディアのコインテレグラフは、記事の中で、

「8,240.67~7,856.76ドル(約88.8~84.7万円)のサポートゾーンを(下に)破ることをできなかったことは、このレベルでは売りてが不足している」

売り圧力不足を指摘しています。

ただし、毎年3月は、ビットコインのパフォーマンスが悪い傾向にあることも指摘されています。

出典:https://news.fxcoin.jp/detail.php?id=1178

具体的には、価格データを元にfxcoinがまとめた表によると、2011~2019年の9年間において、3月にビットコインがプラスとなったのは2013年と2019年の2回のみです。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

アノマリー的に3月のビットコインは下がりやすいんですね。納税の資金を捻出するため、どうしても売られやすい月となっています。

ただし、今年の5月には半減期が控えている点も見逃せません。

前回の半減期は2012年11月(1度目)、前々回の半減期は2016年7月(2度目)でしたが、それぞれの年の3月のパフォーマンスは悪くありません。

今年はアノマリーを打ち破ってくれることを期待しましょう!

さて、本日の主要ニュースはこちら。

  • ビットコイン半減期まで約2ヶ月に迫る
  • ドイツの金融規制当局(BaFin)が、ビットコインなどの仮想通貨を「金融商品」とみなす新たなガイドラインを公開。法整備が整うことで普及に繋がるか
  • バイナンスがトルコの銀行Akbankとの提携を公表。同社が入出金のために銀行と連携するのは初
  • Bitfinex、46種類の仮想通貨取引ペアの廃止を発表
  • 楽天ウォレットが仮想通貨の「証拠金取引」ができるアプリを発表

特に注目したいのは最後の楽天ウォレットのニュースで、新アプリでBTC、ETH、XRPなど5つの仮想通貨を最大2倍のレバレッジで取引することができます。

これは、既存の楽天ウォレット(レバレッジなし)とは別のサービスとなるため、レバレッジ取引を始めたい新たなユーザーの増加につながるニュースとして注目です。

②仮想通貨COTIの将来性とは|バイナンスへの上場を達成し、今後上がる?

今月2日に0.19ドルだった仮想通貨COTIは、3日(本日)には0.26ドルに到達。ここ24時間の上昇率は35%に達しています。

COTIは、モバイルでの仮想通貨決済に特化したプロジェクト。

決済(支払い)に特化したブロックチェーンを利用することで、「高速」かつ「低コスト」で「セキュリティの高い」決済システムを提供します。

加えて、COTIの最大の特徴は、専用のウォレットに「法定通貨(ドルやユーロなど)」と「仮想通貨(BTCやETH、COTIなど)」を一緒に保管できるという点。

仮想通貨ウォレットと法定通貨の口座をひとつにまとめることで、それぞれのシーンで最適な通貨を使い分けられるため、これまでにない高い利便性が実現できます。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

そんなCOTIですが、直近では、次のようなニュースがありましたね!

  • 世界最大の仮想通貨取引所バイナンスに上場!(前月25日発表)

取引所への上場は定番の上昇要因ですが、世界最大のバイナンスに上場したということで波に乗っています。

ちなみに、この上場を記念してCOTIを預けるとAirDrop(無料配布)を受けられるキャンペーンが取引所で開催されていますね。

ツイッターでは上場を受けて、

「素晴らしいニュース!」

「おめでとう!」

と投資家から祝福の声が上がっており、今後の続伸ムードも高まっています。

さらに、ツイッターで5万人以上のフォロワーがいるtehMoonwalkeR氏がCOTIを紹介しており、これも少なからずCOTIの上昇に貢献しているでしょう。

では、今後についてはどうでしょうか?

COTIは、時価総額373位(2020年3月時点)と中堅のコインながら、バイナンスのほかKuCoinやBithumb Globalといった大手取引所にもしっかり上場している点が好感できます。

またCOTIを預けておくとステーキングで利息収入を得られますが、2020年2月のステーキングリワード(報酬)が想定を上回っています。

具体的には、年利換算すると47%〜50%を得られるペースですね。

このことから今後、「COTIを保有してステーキングしよう」と考える投資家の新規の買い注文も入ります。

時価総額も小さくまだマイナー通貨であることから数倍、数十倍の伸びも期待できるでしょう。

本日のまとめ

  1. 仮想通貨が全面高の展開へ!!BTCがようやく下げ止まった?
  2. 仮想通貨COTIの将来性とは|バイナンスへの上場を達成し、今後上がる?

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す