金 VS ビットコインついに決着!?

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースと注目のコインをピックアップしてご紹介していきます。

まずは今日の相場から確認していきましょう!

本日の相場→下落!

本日、ビットコインは92万円台で推移しており、ここ24時間で4%の下落。

時価総額トップ10では、イオスが約8%と大幅下落です。

ただしイオスでは、関連プロジェクトが約6億5000万円の資金に調達するという好材料もありました。

それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

①金 VS ビットコインついに決着!?

アメリカ大手取引所コインベースは、「金(ゴールド)よりもビットコインが優れている」との調査結果を発表しています。

コインベースは前提として、「金とBTCは双方、希少性がある」と判断。

その上で、金は物理的なサプライチェーン(物流)に供給面が左右されるため地域によって金価格に差が生じることがあると指摘しました。

出典:Coinbase

たとえば現在、コロナによる混乱もあり、上図のようにロンドンとニューヨークの金価格に乖離が生じています。

一方でビットコインは無形の資産であるため、金のように地域ごとの現物供給に依存せず、グローバルに入手できると評価しました。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

上記でコインベースは、「金 VS ビットコイン」でビットコインの勝利だと言っているのですが・・・僕の見解は少し違うんですよね。

というのも、確かに現在はコロナウイルスによって鉱山採掘や航空機などが悪影響を受けており、地域によっては金現物が入手しにくくなっています。

しかし、このことは金の価値を損なうどころか、むしろ金価格を上昇させています。

特に現在は、上図のように「TEDスプレッド(青線:大きくなるほどドルの信頼度が低下)」が直近で1.34%に上昇しています(図では0.5ほどに見えますが気にしないでください)。

この数値は、リーマンショック(2008年頃)よりは低いものの、ITバブル崩壊時(~2000年)とは同水準です。

なのでこれからは、「ドルの信頼性が低下する→安全資産の金が買われる→ビットコインも買われる」というビットコイン上昇シナリオが考えられるでしょう。

金の追い風は、「デジタルゴールド」と呼ばれるビットコインの追い風でもありますからね!

さて、本日の主要ニュースはこちら。

  • 米上院議会が、新型コロナ対策で「ブロックチェーン投票」を検討していることが判明
  • 今週のビットコインは+14.75%上昇。原油やNYダウ、日経225などを制してトップのパフォーマンス
  • 仮想通貨決済プラットフォーム「Swipe」は、韓国スマホ大手のサムスンと提携。サムスンペイで仮想通貨決済が可能に
  • 2013年9月に「未来のBTC価格」を予想した2人の賭けが決着。「1000ドル(10.6万円)」を超えられたため、Lingham氏が勝利(当時BTCは120ドルだった)

なお車両管理システムを開発するギャップレス(Gapless)は、ポルシェなどから約6億5000万円の資金調達に成功しました!

Gaplessといえば、仮想通貨EOS(イオス)のブロックチェーンをベースとしていますね。

プロジェクト自体、アメリカ・イギリス・ドイツにて5万台が登録済みという一定のシェアもあります。

EOS経済圏の拡大や、ポルシェなどによるブランドイメージ向上も期待できるため、間接的なEOSの上昇要因です。

本日のまとめ

  • コインベースは、「金(ゴールド)よりもビットコインが優れている」との調査結果を発表。特に現在は、「TEDスプレッド」が上昇しているため、金とビットコインに追い風が吹く展開も期待

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す