仮想通貨投資で大切なこと!いきなり投資額を増やさない

突然ですが、皆さんは、仮想通貨にいくらの投資をしているでしょうか?

例えば、10万円以下で様子を見ている方もあれば、1000万円以上の資金を投じている方もあるでしょう。

ただ、すべての方に覚えておいていただきたいのが、「投資額をいきなり変動させない」ということ。

もちろん、このルールには「投資額を一気に減らさない」ということも含まれます。

仮想通貨投資で大切なこと!いきなり投資額を増やさない

投資金額を一気に増やすリスク

それでは、まず、「投資金額を一気に増やすリスク」から見ていきたいと思います。

基本的なことですが、投資金額を増やすことはリスクの増加に繋がります。

しかし、理由はそれだけではありません。

たとえば、ごく一般的なトレーダーの勝率が50%で、皆さんの勝率が75%だとします。(勝率とは、利益確定で終えるトレードを「勝ち」とする割合のこと)

そうすると、当然、勝率50%よりも75%のほうがリターンも大きくなるはずですが、いきなり投資金額を増加させた場合にはそのようにならないリスクが出てきます。

【勝率50%、投資金額100万円固定の場合】

まずは、この条件で4回トレードをおこなってみましょう。

例えば、勝ちトレードで倍になり、負けトレードで半分になるとすると、

  • 1回目勝ち→200万円(+100万円)
  • 2回目負け→100万円
  • 3回目勝ち→200万円(+100万円)
  • 4回目負け→100万円

となり、増加も減少もしない結果となります。

【勝率75%、投資金額をいきなり増加させる場合】

続いて、この条件で4回トレードをおこなってみます。

そうすると、先程と同様に初期の元手は100万円。

勝ちトレードで倍になり、負けトレードで半分になります。

  • 1回目勝ち→200万円(+100万円)
  • 2回目勝ち→400万円(+300万円)
  • 3回目勝ち→800万円(+700万円)

と2倍ずつ増えていくことになりますが、

ここで元手500万円を追加し、リターンで得た800万円+500万円=1300万円の投資額になるようにします。

  • 4回目負け→650万円(+50万円)

そして、4回目が上記のようになると、利益のほどんどを一気に失ってしまうことになってしまいます。

投資金額を一気に減らすリスク

ここまでの内容でピンときた方もいらっしゃるかと思いますが、上記とまったく同じように「投資額を一気に減らす」ことにもリスクがあります。

なぜなら、勝つトレードの直前で投資額を減らしてしまうリスクがあるからです。

たとえば、1回目のトレードで大負けし、500万円のマイナスとなってしまった場合、その直後に投資額を減らしてしまうと500万円の穴を埋めてプラスの収支に持っていくのはかなり難しくなります。

つまり、投資額を一気に増やさないことと一気に減らさないことの両方が大切になってくるのです。

ですので、投資金額を減らさなくても良いくらいの余裕を持った金額で投資をすることが重要と言えます。

投資のテクニックには「資金管理」も大きく影響する

上記の内容をご覧になった方の中には、もしかすると、「投資金額を減らした後に勝ちトレードとなったり、増やした後に負けトレードになったりすることはないと考える方もあるかもしれません。

しかし、金額を一気に変動させない限りにおいては安定した収益が期待できる戦略でも、一気に変動させた場合には大負け(もしくは大勝ち)という可能性が出てきます。

これは、場合によっては取り返しの付かない結果となるリスクも増えることを意味しますので、いずれにしても、投資金額を一気に変動させることはリスクを伴う、ということをしっかり認識しておく必要があるでしょう。

それでは、投資金額を変えたい場合はどうすればよいのかと言うと、「少しずつ金額を増減させる」ということが適切。

ただ、実際には、いきなり投資金額を大きく変えてしまう方も少なくありませんので、投資成績が不安定になってしまっている方は、ぜひ、参考にしてみてください。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す