仮想通貨FXのレバレッジ「上限2倍」へ!日経新聞が報じる

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースと注目のコインをピックアップしてご紹介していきます。

まずは今日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は?→上昇!

本日、ビットコインは88万円台で推移しており、ここ24時間で約4%上昇。

時価総額トップ10では、ビットコインSV(BVS)が42%上昇しています。

それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

①仮想通貨FXのレバレッジ「上限2倍」へ!日経新聞が報じる

国内における仮想通貨FX(ビットコインFX)の最大レバレッジは、これまで自主規制団体によって「4倍」に規制されていました。

そんななか日経新聞は10日、金融庁が最大レバレッジを2倍までとする方針であると伝えました。

ただし、これは現時点では「確定」ではなく、月内に「レバレッジ2倍案」について意見公募にかけられ、今年春の施行について判断するとのことです。

国内最大級の仮想通貨メディア「コインポスト」の編集長である各務貴仁氏は、

日本の仮想通貨投資家や事業者が一丸となって、反対の意見を述べましょう!

と呼びかけています。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

レバレッジ2倍案については、金融庁は2019年11月から検討を進めていたようですね。

当ブログの当時の記事『金融庁「上限レバレッジ2倍にしろ」報道でBTCは5万円幅暴落!』でも取り上げています。

レバレッジ2倍については、僕ももちろん反対です。

  • レバレッジ2倍が適正だという根拠がどこにあるのかわからない(合理的な説明がなされないまま)
  • 結局、BitMEX(レバレッジ100倍)などの海外取引所にユーザーが流れるだけ

投資家保護につながらない上、下落を招きかねかい。まったくの改悪ですよ。

意見公募では、仮想通貨業界全体から強い反発が想定されるので、なんとか阻止できるといいのですが……。

それでは本日の主要ニュースをみていきましょう。

  • 韓国サムスンが仮想通貨Elrond(バイナンスIEO銘柄)の仮想通貨ゲームを導入へ!
  • 今年9000万円の利益を出した仮想通貨トレーダー・ヨーロピアン氏が、売買ルールについて「200日移動平均線は参考にしますが、その他のテクニカル指標はたいしてアテにしていません」と発言(ルールはシンプルでも勝てるという好例!)
  • 2019年のビットコイン取引量は、シンガポール166億8000万ドル(約1兆8000億円)とトップ!(今月末から仮想通貨取引所のライセンス申請も開始されるなど、伸びている国です)
  • 仮想通貨ネムのアップデート版「SYMBOL(シンボル)」のメインネットの日程発表は「2020年初頭」とのことで、間もなくか
  • バイナンスの先物取引所である「Binance Futures」について、同CEOのCZ氏は「上位20の仮想通貨のほとんどを追加する」と発表!

特に注目したいのが最後のニュース。

これは裏を返せば、Binance Futuresに上場していない20位以内のコインは、仕込んでおくと上場発表で急騰に乗れるかもしれないということ。

現在Binance Futuresには、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップル、イオス、ライトコインが上場しています。

大型コインから優先的に上場しているようなので、次は、

  • バイナンスコイン(BNB)
  • モネロ(Monero)
  • トロン(TRON)

あたりが有力ではないでしょうか。

②クレイグ・ライトは「本物のサトシ」だった!?Bitcoin SV (ビットコインSV/BSV)が急騰!

1月10日に120ドルだった仮想通貨Bitcoin SV (ビットコインSV/BSV)は、11日(本日)には177ドルに急騰。ここ24時間の上昇率は、約40%に達しています。

ビットコインSVは、2018年11月にビットコインキャッシュ(BCH)から分裂して誕生した仮想通貨。

ビットコインの発明者である「ナカモトサトシ」と自称するクレイグ・ライト氏が率いており、ビットコイン「SV」は、「サトシビジョン」を意味しています。

ビットコインSVの特徴は、破格のサイズを誇る「ブロック」サイズ。

ブロックチェーンのブロックサイズはそれぞれ

  • ビットコイン→ブロックサイズは1MB
  • ビットコインキャッシュ→32MB
  • ビットコインSV→128MB

となっていて、ブロックサイズが大きいほど、多くの送金データ(トランザクション)を保存できるため処理能力が高くなるメリットがあります。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

しばらく息を潜めていたビットコインSVがついに爆上げしましたね。

その要因として考えられるのはこちら!

  • クレイグライト氏が「本物のナカモトサトシ」かもしれないことを示す書類が発見される!

ライト氏は、自らを「ナカモトサトシ」であると主張していますが、仮想通貨業界では「ウソ」だというのが一般的な認識です。

しかし、ライト氏が裁判沙汰となって争っているクレイマン氏側に提出した書類の中から、投資ファンド「チューリップ・トラストIII」の書類が発見されました。

なんとその額面は110万BTC(9500億円!)であり、ナカモトサトシが保有するとされる「100万BTC」とほぼ一致。

これだけ大量に保有しているのだから、本物のナカモトサトシなのではないか」という話になったのです。

ビットコインSVのユーザーは歓喜し、喜んで買い増ししたことでしょう。

しかし、(大物とはいえ)一個人のニュースで爆上げしてしまうのは、仮想通貨として健全ではないと僕は思いますけどね……。

ビットコインSVは2020年の4月10日に、初の半減期を迎える予定です(残り89日のカウントダウン)。

ビットコインと同じく、値上がりが強く意識される材料となっています。

ただし、昨日の急騰でビットコインSVにはすでに割高感がありますし、ライト氏の裁判沙汰で価格が先行き不透明なので、うまく押し目を拾いながら、あくまで短・中期トレードに徹するべきだと考えています。

本日のまとめ

  1. 仮想通貨FXのレバレッジ「上限2倍」へ!日経新聞が報じる
  2. クレイグ・ライトは「本物のサトシ」だった!?Bitcoin SV (ビットコインSV/BSV)が急騰!

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す