仮想通貨の儲かる情報を公開中!

NFTで1億円以上を稼いだ22歳の「普通の男性」。その意外な手法とは?

仮想通貨ニュース

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは今日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は下落!

本日、ビットコインは490万円台で推移しており、ここ24時間で約1%下落。

時価総額トップ10でも、多くの通貨がわずかにマイナス推移となっています。

それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

NFTで1億円以上を稼いだ22歳の「普通の男性」。その意外な手法とは?

インドネシアの普通の大学生が、NFT(ノンファンジブルトークン)で1億円以上を稼いだ意外な手法が話題になっています。

その方法とは、「自撮り画像」をNFTとしてオープンシー(NFTマーケットプレイス)に出品するというもの。

18歳から22歳までの5年間、平凡な「自撮り」を撮影し続け、その画像を1枚ずつNFT化。

この平凡なコレクションは、2021年12月の3ドルから値上がりし続け、最終的には計100万ドル(1.1億円)以上の価値に達しました。

写真の本人であるゴザリさんは、

「私の写真を悪用するのはやめてください。私の両親が不安になるからです。私はあなた方を信じています。写真を大切にしてください」

と話しています。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

ゴザリさんの独特の無表情や、冗談とも本気とも取れる発言がシュールでウケていますね。

個別のNFTが急騰するキッカケはさまざまですが、今回のケースでは著名人がこのNFTに注目し購入したことが事の発端となりました。

著名人がどのNFTに注目しているかをみておくことで、NFT投資の成功率を高めることができるでしょう。

さて、本日の主要ニュースはこちら。

  • 香港がステーブルコインの規制導入に向けた議論を開始!
  • 手塚治虫の「火の鳥」「ブラックジャック」のNFTがオークションを来週開始
  • 仮想通貨を持つアメリカ人の70%は2021年に投資を始めたことが判明
  • リオデジャネイロ市長が「市の資産の一部」をビットコインに割り当てる方針!

ブラジルのリオデジャネイロ市長が「資産の1%を仮想通貨に投資する予定」など大胆な政策を計画しています!

本日のまとめ

  • 22歳の「普通の男性」が自撮り画像をNFTとしてオープンシー(NFTマーケットプレイス)に出品。最終的には計100万ドル(1.1億円)以上の価値に達したことが話題性の高いニュースとなっている

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!