仮想通貨の儲かる情報を公開中!

有名アプリRobinhoodがビットコインとイーサリアムに対応!

仮想通貨ニュース

こんにちは、阿部です。

アメリカの有名株式投資アプリRobinHood(ロビンフッド)がBitcoinとEthereumの2つの仮想通貨に対応することが明らかになりました。

RobinHoodは300万人以上のユーザーを抱える巨大なサービスで、取引高は1000億ドル(約11兆円)を誇ります。

このモンスターアプリが仮想通貨に対応することで、BitcoinやEthereumの値上がり要因となることが期待されます。

今回は、RobinHoodとはどんなサービスなのか、RobinHood参入で値動きへどんな影響があるのか、について考えていきたいと思います。

値上がりのために足りないのは「身近さ」

価格が上昇するために欠かせないのは、これから仮想通貨に資金を投じてくれる新たなユーザーの存在です。

その獲得のために必要なのは、仮想通貨への「身近さ」ではないでしょうか?

仮想通貨が生活していく上で必須となったり、簡単に利用・投資できるようになれば買い注文が増え、結果的に値上がりに繋がります。

しかし実際には、まだまだ仮想通貨は多くの人にとって「身近さ」を感じる存在とはいえないでしょう。

むしろ「怖い」と思っている方が多いようです。

また、取引所を利用するには「手数料」が発生します。

これが一定の参入障壁になっていると思います。

代表的な取引所コインベースでは、1回の取引に0.1~4.0%の手数料がかかりますよね。

仮想通貨が「身近」になる?RobinHoodとは

そんな中、先日RobinHoodが

BitcoinとEthereumの売買に対応することが分かりました。

このサービスはアメリカで若者に絶大な支持を得ていて、「取引手数料が完全無料」(仮想通貨・株式含む)という画期的なシステムで人気を集めています。

特に株式投資では、投資額が少ないほど手数料が割高になるため、資金の少ない初心者にとってRobinHoodはまず検討したいサービスとして認識されています。

RobinHoodではBitcoinとEthereumの取引ができるほか

  • Bitcoin
  • Ethereum
  • Bitcoin Cash
  • Litecoin
  • Ripple
  • Ethereum Classic
  • Zcash
  • Monero
  • Dash
  • Stellar
  • Qtum
  • Bitcoin Gold
  • OmiseGo、NEO
  • Lisk
  • Dogecoin

といった仮想通貨のチャートを表示したり、アラートを設定したりすることが可能です。

※アラート:対象の銘柄が一定の価格になると教えてくれるシステム

ただし、BitcoinとEthereumの取引については対応地域が限定されており、利用できるのはアメリカの

  • カリフォルニア州
  • マサチューセッツ州
  • ミズーリ州
  • モンタナ州
  • ニューハンプシャー州

のみです。

とても残念ですね。

アメリカの残りの州では「近いうちに」対応する予定とのことです。

RobinHoodは仮想通貨の値上がり要因?

RobinHoodに対して期待されるのは、仮想通貨市場に新しいユーザーを引き込むことです。また、それに伴う長期的な「値上がり」です。

RobinHoodは上述のとおりユーザー数300万人、トランザクションは1000億ドル(約11兆円)の巨大サービスです。

しかも、利用しているユーザー平均年齢は30歳。

投資に抵抗のない300万人の若い世代に対し、「手数料無料」でBitcoinとEthereumへの投資を提案すれば、かなりの数が市場に流れ込むはずです。

こういった莫大なユーザーを抱えるサービスが参入すれば、多くの人にとって仮想通貨が「身近」に感じられるようになるでしょう。(日本ではLINEが参入を決定しているようです・・)

RobinHoodは

「仮想通貨にはマネーを根本から再編する力があると考えている。これまで金融機関が握っていた権力が人々の手に委ねられる」

と発言し、サービスに対し自信をうかがわせました。

今後の展開が楽しみですね。

日本でも早く展開してくれないかな~

今回は、RobinHoodのサービス内容や、RobinHoodの仮想通貨参入への影響についてお伝えしました。

RobinHoodの日本参入のニュースはまだありませんので、僕たち日本のユーザーは「値上がり要因の1つ」として期待しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました