株は上昇するもビットコインが停滞する理由|バフェット氏も関係?

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースと注目のコインをピックアップしてご紹介していきます。

まずは今日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は?→下落!

本日、ビットコインは97万円台で推移しており、ここ24時間で約1%下落。

時価総額トップ10では、バイナンスコイン(BNB)が6%下落していますね。

一方のアルトコインでは、BAT(ベーシック・アテンション・トークン)に好材料があったため、後ほど解説していきます。

それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

①株は上昇するもビットコインが停滞する理由|バフェット氏も関係?

ビットコインが、「悪いニュース」で一躍話題となっています。

ツイッターで詐欺師による、大規模なハッキングが発生。

以下のように、仮想通貨業界の有名人や、政治家、有名企業がアカウントを乗っ取られる事件が発生しています。

  • オバマ元大統領
  • ジョー・バイデン元副大統領
  • ビル・ゲイツ氏
  • ウォーレン・バフェット氏
  • イーロン・マスク氏
  • 複数の有名仮想通貨取引所(コインベース 、コインデスク、クーコイン)
  • ジャオ・チャンポンCEO
  • ライトコイン創業者のチャーリー・リー氏
  • トロンの創業者であるジャスティン・ソン氏

上記はごく一部ですが、影響力の大きな人物を標的としていることは一目瞭然です。

詐欺師は次に、これらのアカウントで「ビットコインの無料配布」を行うとする文面をツイート。

たとえば元副大統領のアカウントでは、詐欺師は乗っ取った後、以下のようにツイートしています。

「下記のアドレスに送られたすべてのビットコインを2倍にして返す。1000ドル送れば2000ドルになるというわけだ。今から30分しかやらない」

もちろんこれは嘘であり、詐欺師はこの手法で最低でも12.812 BTC(1200万円相当)をだまし取ったと見られています。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

仮想通貨市場では、「ビットコインのイメージダウンに繋がる」というマイナスな見方と、「ビットコインが有名になる」というポジティブな見方がありますね。

しかし本日は、株式市場がここ数日上昇傾向にあることから、ビットコインの連れ高も期待されていました。

それでありながら下落していることを考えると、ツイッターアカウントのハッキング事件は「マイナス材料」と取られている可能性が高いでしょう。

他にもマイナス材料はあり、取引所Krakenにて15日、4,229BTC(40億円相当)のビットコイン入金が確認されています。

これは入金者がビットコインを大量に売却しようとしていることが示唆されるため、もう一段の下落を招く可能性もあります。

投資家心理も悪化してきているので、注意が必要ですね。

さて、本日の主要ニュースはこちら。

  • 米最大のモータースポーツNASCARのレーシングカーにビットコインの「ロゴ」が登場。宣伝効果も期待
  • バイナンスの仮想通貨デビットカードが欧州で正式デビューへ
  • 仮想通貨投資信託グレースケールが、2020年Q2の資金流入額で過去最高を記録。同ファンドは機関投資家が8割利用
  • コインベースProが仮想通貨「ALGO、LINK、XRP、XTZ」について、英ポンドとユーロ建て通貨ペアを発表

なお、国内でも上場している仮想通貨BAT(ベーシック・アテンション・トークン)にて、好材料がありました。

BATのWebブラウザ「Braveブラウザ」が取引所ジェミナイと提携し、Webブラウザから直接仮想通貨が購入、保管できるようになったのです。

Braveブラウザ公式サイトより

Braveブラウザは、いまや仮想通貨になじみの薄いユーザーにも広く使われるほど人気となっています。

Braveブラウザでそのまま仮想通貨投資ができるとなれば、BATに興味のなかったビットコインユーザーなどもBraveを使うようになり、結果的にBATに関心を持つようになることも考えられます。

そういう意味では、長期的にはさらなるBAT価格上昇に追い風となるでしょう。

本日のまとめ

  • ツイッターで、仮想通貨業界の有名人や、政治家、有名企業がアカウントを乗っ取られる。ビットコインのイメージダウンも想定され、仮想通貨市場の下落要因に

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!

コメントを残す