仮想通貨の儲かる情報を公開中!

ドバイ規制当局がザ・サンドボックス(SAND)メタバースに本部設立!

仮想通貨ニュース

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは今日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は上昇!

本日、ビットコインは500万円台で推移しており、ここ24時間で約1%上昇。

時価総額トップ10では、カルダノ(ADA)を中心に多くの通貨がわずかなプラスとなっていますね。

それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

ドバイ規制当局がザ・サンドボックス(SAND)メタバースに本部設立!

ドバイの仮想通貨の規制当局「VARA」は、The Sandbox(ザ・サンドボックス/SAND)のメタバース上に「本部」となるMetaHQを設立すると発表!

規制当局がメタバースに参入するのは、世界初の事例となりました。

VARAによると、このメタバース上の本部は、世界中の仮想資産業者がドバイの事業者ライセンスを申請する際の窓口などとして機能すると述べています。

なおThe Sandboxとは、ゲームの仮想空間で、アバター、コンテンツ、土地などのアイテムを作成し、遊ぶことができるゲームメイキングプラットフォーム。

詳細は「仮想通貨The Sandboxとは?今後の価格、将来性、買い方」で詳しく解説しています。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

The Sandboxは2021年後半に急騰したピーク時よりは落ち着きましたが、過熱感が解消しつつあるので「第二波」も期待できますね!

過去1年のSAND/JPY

少し前には、コインチェックがThe Sandboxのゲーム内の仮想の土地に投資したことも話題となったように、仮想通貨企業も優れたプロジェクトであると評価しています。

とはいえ「規制当局」からの採用はプロジェクトにとってこれまでにない追い風となりました!

さて、本日の主要ニュースはこちら。

  • ソラナ(SOL)が「優先手数料」の指定機能を導入
  • スクエニが一部の海外スタジオなどを売却。390億円でブロックチェーン事業へ投資
  • 米バージニア州のフェアファックス郡の警察年金基金がDeFi領域への投資検討
  • 仮想通貨アルゴランドがFIFAワールドカップの公式スポンサーに!

アルゴランド(ALGO)がFIFAと締結し、国際サッカー連盟の「仮想通貨戦略」をサポートすることがになりました!

本日のまとめ

  • ドバイの仮想通貨の規制当局「VARA」は、The Sandbox(ザ・サンドボックス/SAND)のメタバース上に「本部」となるMetaHQを設立へ!世界初の事例となった

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!

タイトルとURLをコピーしました