仮想通貨の儲かる情報を公開中!

仮想通貨取引所Huobi Globalとは?日本居住者は使える?

取引所

「Huobi Global(フオビグローバル)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

Huobi Globalって日本居住者も使えるのかな?

と、疑問を感じていませんか?

そんな方に向けて今回は、以下のポイントについて解説します。

この記事でわかること
  • Huobi Globalとは
  • Huobi Globalのメリット・デメリット
  • Huobi Globalの登録方法

さっそく、詳しくみていきましょう。

Huobi Globalとは

出典:Huobi Global

Huobi Globalは、現在日本で展開されている仮想通貨取引所「Huobi Japan」の元になっている、グローバル版の仮想通貨取引所。

2013年にわずか10人程度の従業員でスタートしてから、長期間にわたって仮想通貨市場をリードし、現在では世界有数の規模を誇っています。

Huobi Globalの基本的な取引手数料は「0.2%」。

372の仮想通貨を取引することができます。

なお、バイナンス、OKExと並んで「中国3大取引所」のひとつに数えられますが、現在はシンガポールを拠点としています。

Huobi Globalのメリット

それでは、Huobi Globalの将来性についてどう考えればいいでしょうか?

Huobi Globalは高い信頼性を持つ

Huobi Globalは2013年にスタートした歴史ある取引所。その分、高い信頼性が認められています。

仮想通貨市場は変化が激しい業界であるため、ここ1年で登場したサービスが大きく成長することも。

たとえば、世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンスについても、2017年の後半にスタートしました。

一方のHuobi Globalは2013年から続いていることで、セキュリティに対するノウハウなども蓄積しており、トレーダーが安心して使うことができる環境が用意されています。

現物だけではなく「レバレッジ取引」ができる

Huobi Globalでは、ビットコインを含め13種類以上の仮想通貨でレバレッジ取引が可能です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • チェーンリンク(LINK)
  • ポルカドット(DOT)
  • イオス(EOS)
  • トロン(TRX)
  • カルダノ(ADA)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインSV(BSV)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ファイルコイン(FIL)

仮想通貨はボラティリティが高く、上昇するときもあれば下落するときもあります。

Huobi Globalならレバレッジ取引に対応しているため、ロング(買い)だけではなくショート(売り)で下落から利益を狙うこともできます。

HT(Huobi Token)が買える

Huobi Tokenとは、Huobiが発行する独自の取引所トークンです。

他の仮想通貨と同じく取引所で売買し利益が狙えるほか、

  • 毎月、同社の利益額の20%に相当するHuobi Tokenを市場から買い戻し、バーンしてくれる(Huobi が利益を得るほどトークンも上昇しやすくなる)
  • HT(Huobi Token)保有で、手数料割引の優遇が受けられる

というメリット・特典が用意されています。

また、以下の条件で取引手数料の割引を受けることができます。

VIPランク必要HT量/月割引率
120HT/月10%
600HT/月20%
1,200HT/月30%
6,000HT/月40%
12,000HT/月50%

Huobi Globalは日本居住者の利用が不可

一方で、Huobi Globalにはデメリットもあります。

それは、2021年5月現在、日本人(正確には日本居住者)の利用が停止されていること。

日本の法律や規制を考慮しての措置となっています。

2019年1月からHuobi Globalの日本居住者の制限は続いているため、直ちに解消されることは考えにくいでしょう。

海外居住者はHuobi Globalを利用することが可能ですが、そうしたケースを除き、

  1. 日本の「Huobi Japan」を利用する
  2. バイナンスなど他の取引所を利用する

といった対応が求められます。

Huobi Globalの登録方法

Huobi Globalは現在、日本居住者への利用を停止しているため、海外取引所のバイナンスの利用を検討してみましょう。

また、取り扱い通貨は大幅に少なくなってしまいますが、日本版のHuobi Japanを利用する選択肢もあります。