FXの自動売買にはどんな種類があるの?それぞれの特徴について解説!

FXビギナー
自動売買の種類にはどんなものがあるの?

今回は、自動売買の種類とその特徴について解説いたします!

FXの自動売買にはどんな種類があるの?それぞれの特徴について解説

FXの自動売買の種類は4つあります。

  1. コピートレード
  2. EA
  3. 選択型システムトレード
  4. リピート注文型

それぞれ解説してきます!

1.コピートレード

コピートレードとは、プロトレーダーの口座と自分の口座を同期させ、プロのトレーダーが取引したのと全く同じようにトレードさせることをいいます。

メリットは、プロのトレーダーが取り引きしているので、プログラムを使った自動売買とは違って急激な相場変動にも対応することができます。

デメリットは、トレードを同期させるため、少しのタイムラグが発生する場合があります。

また、勝てないトレーダを選んでしまうと資金を溶かしてしまいますので、勝てるトレーダーを選べるかが重要です。

MT4/5にはシグナルという機能が標準搭載されていて、このシグナルを使えば「コピートレード」ができるようになります。

ほとんどが海外トレーダーです。

それぞれが取引履歴、口座残高、統計情報を公開しており、自分で詳細を確認した上でコピートレードに参加することができます。

無料のものもありますが、ほとんどが有料となっています。

2.EA

EAとは、自動売買プログラムのことです。

世界中の開発者が作った様々なロジックのEAがあるので、ネットなどで検索し好きなEAをダウンロードし、MT4に導入することで自動的に売買することができます。

また、EAは自分で作成することもできます。

開発者によって、手法が異なるのでデモ口座で検証し、勝てるEAを見つけることが大切です。

詳しく知りたい方は、MT4でFXの自動売買を設定する方法/使い方について解説!【画像付き】をご覧ください!

3.選択型システムトレード(証券会社が提供しているもの)

選択型システムトレードとは、利用者はただ売買システムやストラテジーを選ぶだけでFXの自動売買を行うことができるというもの。

メリットとしては、設定の知識や技術などが一切必要ないため、、初心者でもラクに始めることができるということです。

運用成績も事前に把握することができますが、必ずし勝てるというわけではないので注意が必要です。

デメリットとしては、選べる種類が少ないこと、スプレッドが広く手数料が高いことが挙げられます。

4.リピート注文型

リピート注文型とは、最初に設定をしておくことで、後は自動で新規注文と決済注文を繰り返す自動売買方法です。

主に、明確なトレンドが発生していないレンジ相場で有効で、細かく利益を積み上げていく仕組みになっています。

証券会社が提供しているものを選び始めることができます。

マネースクエアが提供しているトラリピが最も有名です。

自動売買は結局どれがおすすめなの?

僕がおすすめしているのは、EAを利用した自動売買です。

EAは、設定の自由度も高く、自分で好きなモノをMT4にカスタマイズし利用することができます。

また、開発者も多いので多くの種類の中から選ぶことができるのも魅力的です。

デメリットとしては、初期設定が少し難しいことです。

僕の、LINE@ではいくつかEAを提供しています。

設定のサポートなども行っていますので、初心者の方でも無理なくFXの自動売買を始めることができます。

興味のある方は、下記のLINE@に追加してください!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す