YOGENKUN(予言くん)|価格の天井と大底を予言するツールについて解説!

こんにちは、阿部です。

この記事では、FXのサインツール”YOGENKUN(予言くん)”について解説していきます。

YOGENKUN(予言くん)とは?

「価格の天井と大底」が近づいていることをお知らせしてくれる賢いサインツールシステムです。

市場のサイクル理論をベースに、天井と底を当てることができます。

そんなことは不可能だ!」と思うのが一般的な意見かと思いますが、天井と大底に限りなく近い数値を予測して知らせてくれます!

YOGENKUN(予言くん)の見かた

まずは、YOGENKUNの基本的な見方について解説します。

数字は、短期・中長期のトレンド終了を示します。

  • カウント9の点滅が”短期的”なトレンド終了の合図
  • カウント13の点滅が”中長期的”なトレンド終了の合図

9の場合、短期的なトレンドの終了なので、その後同じトレンドが再び発生する場合もあります。

13の場合、9よりも明確なトレンドの終了合図なので、トレンドがほぼ終了したことを意味します。

つまり、数字が大きくなるほど、トレンドが終了する可能性が高いということを示します。

数字の色は、上昇・下落トレンドを示します。

※オレンジの場合は、矢印の方向で上昇・下落トレンドを判断します。

  • 赤が「上昇トレンド(天井)」の終了
  • 青「下落のトレンド(大底)」終了
  • オレンジ 「上昇終了の場合は赤で下矢印」・「下落終了の場合は青で上矢印」

YOGENKUNの使い方

YOGENKUNのトレード利用方法は下記です。

  • 赤9下矢印→売り(ショート)で入る
  • 青9上矢印→買い(ロング)で入る
  • オレンジ13赤で下矢印→売り(ショート)で入る
  • オレンジ13青で上矢印→買い(ロング)で入る

ややこしいですが、数字の上に表示される矢印と同じ方向にトレードすればOKです!

実際のチャートで見ていきましょう。

赤9→売り(ショート)で入る

青9→買い(ロング)で入る

オレンジ13赤下矢印→売り(ショート)で入る

オレンジ13青で上矢印→買い(ロング)で入る

もちろん、すべて当たるわけではありませんが、おおよそ6~7割型かなり的確に当ててくれるシグナルとなっております。

YOGENKUN(予言くん)の設定方法

まずは、【FX初心者】BIGBOSS(ビッグボス)の登録方法を画像付きでカンタン解説!の記事を見て、口座を解説してください。

口座開設が完了しましたら下記の手順でYOGENKUNの設定を行います。

まずは、BIGBOSSのMT4をダウンロードします。

  1. ダウンロードが完了したらMT4を開く
  2. 「ファイル」→「アカウントログイン」の手順でアカウントにログイン
  3. 「ファイル」→「データフォルダを開く」→「MQL4」→「indivcatros」→ここにYOGENKUNを入れます

  1. MT4を閉じて再起動します。
  2. 左下の「ナビゲーター」からYOGENKUNを選択
  3. 取引したい通貨ペアのチャート上にドラック&ドロップ

左から2番めのタブを選択→全てに✅→OKをクリック

上記のようになっていれば設定完了です。

※時間足は5分に設定してください!

※自動売買ツールではないので、上記のサインを参考にしてトレードするというスタイルです。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す