空気の値段

こんにちは、阿部です。

ビットコインの急騰は一段落といった感じで、リップルやステラなどのアルトコインが爆騰していました。

思い入れのあるコインが、高騰するのってスゴくテンションが上がりますよね、、

とはいえ、あまり興味のないコインもたくさんあります。

でも、興味ないコインでも、高騰するのをただ見てるだけだと、、なんだか、悔しいし、とにかく残念ですぎますよね、、

投資の世界でも、ビジネスにおいてでも、、あなたが好きだとか、嫌いだからというのとは、違う世界がそこにあります。

付加価値を見極める!先行者利益も情報がすべて

あなたが何かを買おうとすると、必ずついているのがその商品の価格です。

価格というのは、商品でもサービスでも「その価値」をあらわしていると言われます。

なので、あなたが買おうとするときに、その商品やサービスに対して、あなた自身がその価格と商品の価値を比べたりしますよね。

たとえば、Tシャツを買うときに、同じ色で同じ素材のものが、2000円と3000円だったら、おそらく、2000円のを買いますよね。

しかし、同じ色で同じ素材であっても、有名ブランド製だったり、有名人が着ているという話が付加されちゃうと、5000円でも10000円でも100000円でも買って行く人が現実にいるのです。

これこそが、付加価値といわれるものです。

あなたは空気を買いますか?

「バカなこと言うなよ!」

確かに、、、普通は買いませんよね。

だって、誰でも、いつでも吸うことができます。

しかし、あなたが宇宙空間にいて酸欠状態になっていたら、どうでしょうか?

100万円払ってでも空気を買うのではないでしょうか?

つまり、価値なんて、状況によっても人によっても大きく変わってしまうものなのです。

ペットボトルの水だって、今ではどこでも見かけますけど、昭和のオジサン世代の人は、こう言います。

「水なんて買うもんじゃない」

たとえば砂漠とかで飲みたいのに水が無いなら、買わなきゃいけないけど、日本の水道水は、だいたいタダで飲めるワケです。

お金を払って水を飲むというのは、ある意味、非常識だったのです。

しかし、今では、日本のどこでも水を売っています。

自動販売機でも駅の売店でも、ドンキでも、コンビニでもスーパーでも、お金を出して、多くの人が買っています。

もちろん、オジサンも買っています。

そもそも、天然水と水道水の違いはあるかもしれませんが、水に対する価値観が大きく変化したとも言えると思うのです。

この流れっていうか、価値の見極めっていうのが、ビジネスでも投資でもとても重要だと思うのです。

株の銘柄や仮想通貨のコインも星の数ほどあります。

あなたが投資対象として興味がないものであっても爆発的に、高騰することがあります。

「俺には関係ないぜ!」

そんな感じでスルーするのもオッケーなのですが、それって、もったいなくないですか?

もしも、その銘柄に、どんな人が、どれだけ興味を持ってどんな可能性があるのか、、

あなたが興味がなくてもその情報を知っているだけで、爆発的なアゲアゲの波に乗ることだってできるのです。

せっかくの儲かるチャンスに、ただ指をくわえて見ているだけなんて、もったいないです。。

波に乗る!情報の見極め

仮想通貨市場は、とにかく新しい市場です。

どんな市場でも先行者が得をすることが当然のようにあります。

その先行者利益をあなたが得ることができるのか、それもすべて、情報を持つものだけが知ることができるのです。

あなたの知りたい情報は何でしょうか?僕の持っている情報をシェアしたいと思っています。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

FX自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す