初心者だからこそ勝てる建玉法

こんにちは、阿部悠人です。

仮想通貨の価格上昇が止まりませんね。特にビットコインは100万円をらくらくと超えて120万円台に乗ってきました。

このような暴騰相場にどんな対応をしたらいいのでしょうか。

今日は、今のような相場でどのように売買、特に『買い』を入れていくかについてお話します。

ビットコインついに120万円台の乗せ

(ビットコイン 日足)

以前、日経平均のSQに合わせてビットコインも調整したということを説明しましたが、ビットコインの方は下がったのは11月の第一週だけであとは週足でみても日足で見てもほぼ連続して上昇している形です。

ビットコインだけでなく、イーサリアム、ライトコインなどの通貨も軒並み新高値更新というような状況で活況を呈してきました。

まさに総上げ状態。

現在の状況を見る限り、押し目を待っていても押しが来ないような状況です。

「もう少し様子を見よう」としてタイミングを逃した人も多かったかもしれません。

さて、このような上昇トレンドになってきた仮想通貨市場ですが、このような状況を前にして、果たして下ブレするリスク(特に急上昇後はデカイ反動がくる)を避けて静観すべきでしょうか?

それとも多少の危険は覚悟して乗るべきでしょうか?

大相場は初心者ほど儲かる。エントリー資金を分割せよ

「押し目待ちに押し目なし」という相場の格言があります。

まさに現在の状況がぴったりと当てはまりそうな状況です。

もうビットコインとその他の主要通貨は完全に上昇波動に転じました。

もしこの次に調整がきても、その時の下落時価格は現在の価格より上を行っている可能性が極めて高いので、手遅れになる可能性があります。

ということで買いでエントリーしておくことがおすすめです。

ただし、建玉は数分割してください。

たとえば三分の一ずつに分けて、最初の三分の一は失ってもいい金額でエントリーします。

80万円付近なら半分でもよかったですが、現在は三分の一くらいがいいかもしれません。

ビットコインに乗るのなら目先は下がるリスクがあっても割り切っていくべきです。

ライトコインかイーサリアムも同じような動きになってくるかもしれません。

新高値をすでに切ってきているので青天井になってゆく可能性があります。

断っておきますが、チャート的には少しポイントを外しています。

しかし、先程も言ったように大相場では「買えないリスク」が存在します。

今回の三分の一は割り切って、たとえ下がってもいいつもりで乗ります。

次に下落をした時にナンピンをして買い下がるつもりで行くのです。

もしこのまま上昇すればラッキーで、下がったときはチャートの節目でナンピン買いをして再びもういちど買ったところまで戻った時に売る

というような二段構えで考えてください。

 

(ビットコイン日足 再掲)

このような具合に動きを想定します。

100万円割ればラッキーな買い場ですが、今のところそこまで下押す可能性は五分五分ですね。

作戦としては今週(12/4~)は様子を見ながら下げるのを待ち、もし強いようだと週末の日曜日(12/10)くらいには乗ってもいいと思います。

大相場の鉄則は「難しいことを考えない」

大相場に必要なのはとにかく難しいことを考えないということです。

いま乗り遅れているひとは少しタイミングをずらして乗ってもかまいません。

ただし建玉管理が重要です。

失ってもいい資金をまず三分の一、あるいはそれより少なくエントリーしてとにかくしばらく様子を見ます。

そこでたとえ乱高下しても、一時的に急落しても「さらなる買いのチャンスがきた」と考えるくらいの心のゆとりが必要です。

二番目からのエントリー-はチャートの基本により忠実に、ビットコインの場合で言えば100万円割れの移動平均線のあたりで買います。

その上で様子を見て、再上昇するようだとそのまま持続します。

最後の三分の一の資金は、もし調整が予想外に大きかったり長びいたりした時のためにとっておいて、状況を見ながら本当にここぞという場所が来たらエントリーします。(これはそういう展開になった時に状況を見て判断します)

このように、いわば「ナンピン買い下がり」の方法で大相場を取りに行くのがベストだと考えます。

仮想通貨の市場が一番強くなってきている現状

この前、日経平均との連動性についてお話しましたが、今回の上昇からビットコインの方が先を行き始めているようですね。

実は今の動きにも関連性があるのです。

日経平均のほうが高値から大きく下げて現在調整を続けていますが、そのせいでより値動きが軽く、すでに新高値を更新したビットコインの方に資金が流入してきているという流れもあります。

ちなみにNYダウの方はもうすでに新高値になってきているので、このように高値を更新している市場ほど上がりやすいという状況になってきていますね。

ここまではもしあなたがビットコインをはじめとして仮想通貨の今回の上昇にまだ乗れていないという前提でお話しましたが、もしあなたが運良くかなりの建玉を買いでもっていたとしたならば決して簡単には手放さないでください。

絶対にです。

特にビットコインは100万円の大台を簡単にクリアーしたことで青天井になってきた感があります。

少し早いような気もしますが、場合によっては来年のかなり早い時期に200万円の大台も夢ではないと考えています。

まとめ

  • 大相場では「買えないリスクあり」基本的に小さなチャンスでも買いでいくことを考える。
  • 資金を最低三つに分けて最初は下がってもいいつもりで乗る。
  • 来週の下値目標は100万円割れだが、もしそこまでこないようだと途中からでも買いエントリーを考えてゆく。

阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

FX自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す