取引所Bitrueがリップル(XRP)ペアを8つ追加し、計30ペアに拡充!【2019年1月16日】

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは本日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は?→下落!

本日、ビットコインは39万円台で推移しており、ここ24時間で約2%下落

時価総額トップ10でも、ビットコインに連動しほとんどの通貨が下落していますね。

こちらは時価総額トップ100の急上昇ランキングです。

ここ24時間でAeternity (AE)が約31%上昇

「スマートコントラクト」(Smart Contract)にフォーカスした仮想通貨として注目されています。

さて、それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

①取引所Bitrueがリップル(XRP)ペアを8つ追加し、計30ペアに拡充!

仮想通貨XRP(リップル)を基軸通貨とし、XRPペアを22上場させていた取引所「Bitrue」(ビットゥルー)が、新たに8つのXRPペアを上場させると発表しました。

具体的には、1月末までにイオス(EOS)、ネム(XEM)、ポリマス(POLY)、ヴィチェーン(VET)の4つのXRPペアを上場させます。

Bitrueは、将来的にリップル社の送金システム「xRapid」を採用すると公表しており、XRP飛躍の立役者として期待されます。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

「Bitrueのような『XRPゴリ押し取引所』もネタ的に面白いなー」なんて思っていたのですが、すでに世界のXRP取引量の2%、過去1か月で約21億円の取引高を誇るまでに急成長しています!(まだ開始4ヶ月)。

XRP人気にあやかった商売をしているといえますが、反対に「Bitrueが急成長」→「XRPも値上がりする」という相乗効果も期待できるので目が離せませんね!

話が変わりますが、XRPにそっくりなトークン「XRPクラシック」をご存じでしょうか?

「XRPの姉妹コインなのかな?一応買っておこう」と思ってしまいがちですが、詐欺(スキャム)の可能性が高いので、触らないことをオススメします!

②取引所Cryptopiaがハッキングされ3.9億円流出か!?

ニュージーランドの取引所「Cryptopia」は、高額の仮想通貨が盗難されたと公式ツイッターに報告しました。

警察による捜査が行われていることから、流出した金額などの詳細情報は直ちに開示できないとしています。

しかし、地元メディアのStaffは、仮想通貨そのものの履歴を追跡し、

セントラリティ:約4800万CENNZ(120万USD相当)
イーサリアム:約19000ETH(240万USD相当)

計360万USD(約3.9億円相当)が盗み出されたと推定しています。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

Cryptopiaは550以上の通貨を上場させています。

規模としては110位前後の中堅の取引所で、大手とはいえませんが、決して小さな取引所でもありません

そのため、もし上記の被害額(約3.9億円相当)が正しいのであれば、Cryptopiaが壊滅するほどのダメージとはいえないでしょう。

しかし・・・「草コイン王国」ともいえるマイナーコイン投資に欠かせない取引所がハッキングを受けたとなれば、Cryptopiaで主に取引されている通貨にも影響が出る可能性があります。

該当するコインを保有していないかどうか、今一度確認しておきましょう!

③イーサリアム(ETH)、脆弱性発覚でコンスタンティノープル延期へ

明日(17日)に予定されていたイーサリアムのアップデート「コンスタンティノープル」(Constantinople)に深刻なセキュリティ上の弱点が発見され、その実装を2019年4月に先送りすることが決定されました。

スマートコントラクト監査団体「ChainSecurity」がこの弱点を発見し、ブログで指摘しました。

ChainSecurityによると、脆弱性を利用して「リエトランシー攻撃」が可能になり、ハッカーがイーサリアムを盗み出すことが可能になると言います。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

あちゃー、、、イーサリアムとしては目玉のアップデートであり、長期的な価格上昇も期待されたコンスタンティノープル。

今のところ、イーサリアム価格に大きな変動は見られませんが、長期的にはネガティブ材料とみて間違いないでしょう。

しかし、コンスタンティノープルが実装される前に脆弱性が発見されたことは、不幸中の幸い

これで「The DAO事件」(約65億円のイーサリアムが盗まれた2016年の事件)の再来とならずに済んだと思えば、むしろ好材料なのかもしれません・・・。

④マネックス、仮想通貨トレーディングデスク参入を正式発表!

マネックスグループの子会社である米トレードステーションは、その子会社「トレードステーション・クリプト」を通じて仮想通貨トレーディングデスク(取引所)を開設すると正式発表しました。

取り扱う仮想通貨はまだ検討中ですが、

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)

の5つが有力視されています。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

マネックスグループは12月の時点でトレーディングデスク開設を検討していましたが、ついに正式発表してきましたね!

12月の発表では、ビットコインが2万円も上昇し、非常に大きな材料と評価されました

それもそのはず、マネックスグループといえば言わずと知れた大企業で、コインチェック買収や、「マネックス証券」でも知られますね。

同社は仮想通貨に急接近してきており、その振る舞い次第では仮想通貨を急上昇させると考えています!

本日のまとめ

  • ①取引所Bitrueがリップル(XRP)ペアを8つ追加し、計30ペアに拡充!
  • ②取引所Cryptopiaがハッキングされ3.9億円流出か!?
  • ③イーサリアム(ETH)、脆弱性発覚でコンスタンティノープル延期へ
  • ④マネックス、仮想通貨トレーディングデスク参入を正式発表!

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す