ビットコインの格付けは「C+」アメリカ格付け機関が公表!

こんにちは、阿部です。

「仮想通貨はどれを買うべき?」「どのコインが信頼できる?」と迷っている方も多いのではないでしょうか?

そんなときの参考になるのが「格付け情報」です。

格付け情報とは、信用力などを総合的にランク付けしたもの。

仮想通貨の「格付け情報」はこれまで発表されてきませんでしたが、世界で初めての暗号通貨の格付け情報が1月24日、アメリカのワイスレーティングにより公表されました。

いったい、どのような内容だったのか?

今回は、その詳細についてご紹介していきたいと思います。

ワイスレーティングによるコイン格付け

ワイスレーティングにより公表された仮想通貨の格付けは、「A」「B」「C」「D」「E」の5種類で表されます。

もちろん、「A」に近いほど、信頼性が高く評価されたことになります。

また、アルファベットの後ろの「+」「-」は、プラスが上位に近い評価で、マイナスが下位に近い評価であることを表しています。(「C+」は、「B」に近い「C」です)

以下、ワイスレーティングにより公表された格付け情報です。

  • 「A」=該当なし
  • 「B」=イーサリアム・イオス
  • 「C+」=ビットコイン・ライトコイン
  • 「C」=リップル・イーサリアムクラシック
  • 「C-」=ビットコインキャッシュ
  • 「D+」=ビットコインゴールド

興味深いのは、最高ランク「A」を獲得した暗号通貨は存在しないということ。

そして、さらに驚くべきことに時価総額1位のビットコインは「C+」にとどまりました。

今回もっとも高く評価されたイーサリアムとイオスは、ビットコイン超えの「B」と高評価。

予想外の結果を受け、イーサリアムとイオスには大量の買い注文が入っており、価格も値上がりしてきています。

格付け機関を信頼するか、自分で分析して決めるか

仮想通貨投資で大きな利益を狙うにあたって、欠かせないのがコインを1つ1つ分析していく作業です。

どの仮想通貨を買うべきか?」を間違えた場合、得られる利益すら得られなくなってしまうため、コインを1つ1つ分析する作業はスルーできません。

しかし、1つ1つ分析していく作業はとても面倒で、しかも時間もかかってしまいます。

そこで、仮想通貨の「格付け」を参考にしながら、どのコインを買うかを選定するのはどうでしょうか?

結論として、どれだけ格付け情報が信頼できるものだとしても、あくまで自分自身で分析しながら仮想通貨を選ぶのがベスト。

しかし、分析に手が回らないほど多忙だったり、投資金額が大きくなかったりする場合、格付け情報をあくまで参考として利用するのはアリです。

自分自身による分析がベストな理由とは?

なぜ、ワイスレーティングのような信頼できる格付け機関によるランクであっても、それをそのままコイン選びに取り入れるべきではないのでしょうか?

格付けの高い仮想通貨」=「値上がりする仮想通貨」ではないことがその理由の1つとしてあげられます。

たとえば株式投資では、大企業と中小企業のどちらに投資するべきかを考えるとき、「大企業のほうが値上がりする」とはいえません。

なぜなら、現在この瞬間に高く評価されているかよりも、これから高く評価されていくかのほうが大切だからです。

これは、仮想通貨でも同じ。これから値上がりしていくかどうかを見極めるには、やはり自分自身による分析がベストとなります。

格付け情報は暗号通貨の「信頼性」を知ることができる

ただし、「1つ1つのコインの分析まではちょっとできない…」という方は、ベストな方法とはいえませんが、格付け情報を参考にしながらコインを選定していくのも1つの方法です。

それほど真剣な投資ではない」「投資する金額が少ない」といった場合、1つ1つの仮想通貨を値上がりしそうかどうか調べていく労力はさけないでしょう。

そこで、格付け情報を参考にすることで、値上がりするかどうかは分からないとはいえ、「信頼性の高い」ものを簡単に選べます。

格付け上位なら値上がりするわけではない

くりかえしとなりますが、「格付けが高い仮想通貨」だったとしても、そのまま「値上がりする暗号通貨」とはなりません。

それほど単純ではないことを、僕自身が投資家の1人として感じてきました。

それでは、どうすれば「値上がりする仮想通貨」を手軽に発見できるでしょうか?

1つ1つの暗号通貨を分析する時間がない方に共通しているのは、「すべて1人でなんとかしようとしている」ということです。

専門のコミュニティに所属したり、信頼できる投資家とネットでつながっておくことで、より強力な情報を一瞬で知ることができます。

今回は、ワイスレーティングによる暗号通貨の格付けニュースとその考察をお届けしました。

今後のトレーディングの参考にしてみてください!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

FX自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す