【あのICOは今】仮想通貨MINEの今後に「希望の光」!マイニング工場がアメリカで稼働開始か

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースと注目のコインをピックアップしてご紹介していきます。

まずは本日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は?→横ばい

本日、ビットコイン90万円台で推移しており、ここ24時間の値動きはほぼなし。

時価総額トップ10では、リップル(XRP)が2%の上昇となっていますね。

それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

①今週末、BTCを「クジラ」が攪乱する!?計20億円以上がレバレッジ取引所へ移動

大手仮想通貨取引所「BitMEX」と「Binance」にクジラ(大口投資家)によるものとみられる「大量入金」があったことが判明。

BitMEXでは過去24時間で12億円以上、Binanceには約11億円の資金流入が確認されました。

計23億円相当の資金流入は、時価総額が15兆前後(2019年10月現在)のビットコインにとっては決定的な額とは言えませんが、両取引所の特徴として「レバレッジ取引」への対応が挙げられます。

BitMEXでは最大100倍、Binanceでは20倍のレバレッジが利用できることから、実際に取れるポジション量を考慮すると「今週末以降のチャートに急展開」をもたらす可能性も考えられます。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

ビットコインは11日昼頃、節目となるラインの上抜けに失敗しましたね。

これも、「クジラによる売り」がブレイクを阻止したのだろう、との見方をメディアが報じています。

また、以下のようなネガティブ材料も大きそうですね。

  • フェイスブックの仮想通貨「リブラ」プロジェクトから、Visa、Mastercard、イーベイ、ストライプ、メルカドパゴの5社が脱退を表明。PayPalを含め、脱退は6社に
  • 大手SNSテレグラムがリリース予定の仮想通貨「グラム」が違法であるとSECが緊急声明

どちらも規制当局からの圧力が要因。

注目の仮想通貨プロジェクトだけに、ビットコインへの下落圧力も大きなものとなります。

一方で、ポジティブなニュースも控えめながら出ていますね。

  • リップル社がXRP拡大を目的に、仮想通貨ウォレット開発企業BRD社へ75万ドル(8130万円)を出資
  • 米大手銀行バンクオブアメリカが、リップルプロジェクトに関する責任者を雇用
  • バイナンス版リップル「XRP-BF2」にてステーキングサービスが開始

とはいえ、もっとも注目されているのは上記「テレグラム・ショック」と「リブラ脱退」です。

そんななかで、ダマシに終わったとはいえ下落が限定的であることは、ビットコインへの買い意欲が高まりつつある証拠ではないかと僕は考えています。

②Aragon (アラゴン/ANT)が急騰中!新バージョン0.8.2をリリース

今月11日に0.000078BTC(7800satoshi)だった仮想通貨Aragon (アラゴン/ANT)は、12日(本日)0.000118BTC(11800satoshi)に高騰。ここ24時間の上昇率は一時50%に達しました。

Aragonは、営利・非営利を問わず「組織」の運営を向上させる仮想通貨プロジェクト。

たとえば組織は、Aragonを導入することで以下のようなメリットがあります。

  • スマートコントラクト(契約機能)を使って、組織の契約を自動化し負担を軽減
  • 給与計算などの手続きの負担も軽減

またこれらの終着点として、組織が中央管理者不在でも事前に取り決めたルールだけで意思決定が行える分散型自立組織(DAO)の実現を目指しています。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

それでは、Aragon (ANT)の急騰要因をみていきましょう。

  • 新バージョンAragon 0.8.2をリリース(11日発表)
  • Aragon Dream DAO Party(世界最大のイーサリアム系イベント「Devcon」内)に参加(11日夜)

前者のバージョンアップでは、「寄付機能」が追加されたようですね。

また、後者については、影響力のあるイベントに参加したことで、短期的なポジティブ材料となりました。

しかし僕は、これらに加え、土台となるファンダメンタルズに注目しています。

Aragonはもともとイーサリアムのブロックチェーン上で稼働するプロジェクトでしたが、ChainSafethとの提携により、Aragon Chainへと移行中です。

イーサリアムではスケーラビリティ問題(取引混雑時の手数料高騰・取引の遅延)を解決できないと考えているからですね。

Aragon Chainが完了すれば、さらなる急騰が期待できるので、公式が述べているメドである「今後数週間」は目が離せません!

③【あのICOは今】仮想通貨MINEの今後に「希望の光」!マイニング工場がアメリカで稼働開始か

当ブログが厳選する注目コインとして、今回は仮想通貨MINEをご紹介します。

MINEは、法定通貨(ドルや円など)をまったく利用しない「仮想通貨オンリー」の経済圏構築を目指すプロジェクト。

現状、一般ユーザーからすると仮想通貨決済は「ややこしい」ため、上記を実現するには障壁を取り除く必要があります。

そこでMINEは、「MINE経済圏」と呼ばれる経済圏を構築し、誰でも簡単に支払いできるメカニズム(仮想通貨デビットカードなど)の提供を目指しています。

デビットカードとは:
クレジットカードのように店舗や通販での支払いに利用できるカード。クレジットカードでは利用可能枠の残高に応じて支払いができるが、デビットカードでは口座残高に応じて即時決済が可能。仮想通貨デビットカードの場合、仮想通貨の残高を利用して即時決済することになる。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

それでは、MINEの注目ポイントをみていきましょう。

上記だけを読むと、「お堅いプロジェクト」というイメージがあるかもしれませんが、実は「もう1つの側面」もあります。

それはMINEを保有していると、イーサリアム(ETH)のマイニング収益の分配が受け取れ、月利8~25%の利益を得られるというもの。

これが強力なフックとなり、MINEはICOセール時には大変盛り上がりましたね。

電車の中吊り広告にも掲載され、人気YouTuberのラファエルさんが紹介したり、その他のインフルエンサーにも盛んに取り上げられたりしました。

しかし、現在どうなっているのかというと・・・。

これは・・・「詐欺」だったのか?

そんな風に考えてしまうのも当然なありさまに。

しかし、なんと先日、MINEから最新の進捗状況に関するメールが届いたんですよ。

内容を抜粋すると、

  1. マイニング工場が中国からアメリカに移転
  2. アメリカでのマイニング開始は2019年末を予定
  3. マイニング収益の一部でMINEの「買い戻し」も検討
  4. アメリカで会社を設立、または買収し「IPO」(新規公開株)による株式上場も検討

とのこと。

MINE、終わってなかった!笑

この1年近く音沙汰なしだったことを考えると、過剰な期待は禁物ですが、希望の持てる展開に!

②~④についてはまだ「検討中」ですが、①については決定事項のようで、プロジェクトの稼働を裏付けるものとして見守りたいですね。

本日のまとめ

  1. 今週末、BTCを「クジラ」が攪乱する!?計20億円以上がレバレッジ取引所へ移動
  2. Aragon (アラゴン/ANT)が急騰中!新バージョン0.8.2をリリース
  3. 【あのICOは今】仮想通貨MINEの今後に「希望の光」!マイニング工場がアメリカで稼働開始か

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す