転売初心者に贈る「メルカリ仕入れ⇒国内転売」の方法とおススメ商品を紹介!

こんにちは、阿部です。

以前、フリマアプリで稼いでいくための3つのモデルについて紹介しました。

フリマアプリを利用した転売は

  1. メルカリ(フリマアプリ)⇒他販路
  2. 国内⇒メルカリ(フリマアプリ)
  3. 海外⇒メルカリ(フリマアプリ)

上記の3つに分かれます。

この中で国内転売と言われるのは①と②です。

特に②についての質問が最近増えていますので、ここでは内⇒メルカリ」の転売術とメリットについて解説していきたいと思います。

国内仕入れメルカリ販売の全体像とは?

まず、国内⇒メルカリの全体像について説明します。

取引完了までの流れとしては

  1. メルカリでよく売れている商品を見る。
  2. その商品が実店舗、ヤフオク、ネットショップ等で売られているか探す。
  3. 探し当てた商品から利益が出る計算し、仕入れをする。
  4. 商品が手元に届いたらメルカリに出品する。
  5. 商品が売れたら、購入者に商品を発送し相手から受け取りの評価を貰う。

となります。

仕入れのポイント

仕入れの際に特に重要なのが相場サイトで価格を見極めることです。

いざ販売しようとしたら『相場が下がっていて利益が出ない、むしろ赤字になる』、ということにならないよう最新の情報を得ておく必要があります。

取引完了までは早くて5日ほどで持っていくことができるので、非常に結果が出やすいと言えます。

そのことから、より大きなビジネスの資金稼ぎにも使えますし、何より自信と経験を付けるのに適しています。

実際の商品を例にしてみましょう。

まずメルカリで「GUCCI」と検索します。

その後、売れている商品を見ていきます。

そうすると、GUCCIのトートバックが12000円(送料込み)で売れていました。

販売価格を12000円としたならば、仕入れはそれ以下の値段で行わないといけないですね。

次に仕入れ先を探します。今回はヤフオクで探してみましょう。

ヤフオクはオークション制で、
その時々で値段が変わるので、今回はオークファンオークション・ショッピングサイトの取引相場を知ることができるサイト)を利用します。

実際にヤフオクだといくらで仕入れることができるのでしょうか?

早速ですが結果をお伝えします。

仕入れ値はなんと・・・3780円でした!

価格差は、12000円ー3780円なので8220円もあります。

これにメルカリの販売手数料10%かかりますので
12000円×10%=1200円

購入者へ発送するにあたってかかる送料を700円として
8220-1900=6320円

ヤフオクの場合基本的に送料別で、今回は600円だったので
6320ー600=5720円

そして、ヤフオクで仕入れる際振り込み手数料がかかるので、それを300円とすれば
5720-300=5420円

最終的な利益5420円となりました。

度々「こんなに利益出ましたっ」、と自慢している人がいますが手数料や送料を計算してない人が多いですね。

今回はそれらをすべて考慮した上で5000円という利益が出ました。

1商品で5000円以上の利益が出るものというのは、そうそうお目にかかれません。

転売はリサーチが9割

転売の成否は「リサーチ」が握っているといっても過言ではありません。

リサーチさえしっかりしていれば、赤字や在庫不良になることは絶対にありえません。

私は3000回以上取引をしましたが、赤字になったのは10件にも満たないです。

もちろん、赤字になったケースではリサーチが不十分でした。

「国内仕入れ、メルカリ販売」は、ルカリで売れている商品を探し他のショッピングサイトからより価格が安い同一商品を見つけてくるだけです。

絶対に損失を出すことはないので『安く仕入れ高く売る』ということを常に念頭に置きリサーチをしてみてください。

高収益かつ安定的な中国輸入

今まで述べたように国内から仕入れるモデルでも稼ぐことは出来ます。

しかし、より大きく安定的に稼ごうと思うのなら中国から商品を仕入れるのがおすすめです。

今回例に挙げた商品については、中国よりもアマゾンの方が安い可能性はありますが(国際送料も考えると)「安定して仕入れることができる」という面で中国輸入にシフトするのが良いでしょう。

なぜなら、アマゾン仕入れになると価格競争で値下げされている商品が対象になるので出品者が損失を出している可能性が高い可能性があります

そうなりますと、今後販売を取りやめる可能性があり、仕入れることが不可能になります。

そういったリスクを踏まえると、やはり国から安価で安定的に輸入するのがベストです。

国内仕入れから海外仕入れにステップアップ

ここまで『国内仕入れメルカリ販売』の全体像とポイント、さらに次の段階として中国輸入を説明してきました。

ポイントをおさらいすると

  • メルカリで売れ筋のいい商品を見つける
  • 相場サイトを活用し他のサイトから割安の同一商品を仕入れる
  • 安定的に稼ぐため中国輸入に挑戦する

ビジネスを進めるうえで大切なのは自分のレベルにあったモデルに取り組むということです。

「まだ転売を始めて間もないし海外から仕入れるのは不安だ」と思われている方は、まず経験と自信を得るために値崩れした中国輸入品が出品されているアマゾン仕入れに挑戦してみましょう。

そうして自信・経験・資金を積み重ねたら、中国輸入というより高いレベルのモデルに取り組みます。

ぜひ今回の説明を参考にして、初めの一歩踏み出してください!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す