仮想通貨トレード|「RSI」とは?見方・使い方を徹底解説!

こんにちは、阿部悠人です。

今回は、テクニカル分析指標の「RSI」について解説していきます。

RSIとは?

RSIは「オシレーター系」というジャンルに分類されるテクニカル指標です。

オシレーター系とは、カンタンに言うと「買われすぎ、売られすぎ」が分かるテクニカル指標の分類になります。

RSIは、0から100の間で現在の相場が「買われすぎなのか」「売られすぎなのか」を数値化した指標です。

画像の下部分に表示されているグラフがRSIになります。

見ての通りチャートが上昇している時にはRSIも上昇し、下落しているときは同様に下落します。

RSIの中心値は50で、グラフがその付近に位置している時は、相場はフラットな状態です。

100に近づくほど相場は買いに傾いており、0に近づくほど売りに傾いていることを示しています。

一般的には70以上で買われすぎ、30以下で売られすぎと判断されます。

RSIの使い方

RSIの一般的な使い方は、「30を下回ったら買い、70を上回ったら売り」といった方法です。

売られすぎの水準まで下落すればするほど、相場はその後大きく反発する可能性が高くなります。

逆に相場が買いに傾けば傾くほど、その後大きく下落する可能性が高くなるのです。

ですが必ず30や70で反発するとは限らないので、RSIの前回の最高値や最低値を参考にするのがいいです。

そうすればより効果的にRSIを活用したトレードをすることが出来るでしょう。

ダイバージェンスについて

RSIにはダイバージェンスという現象が存在します。

ダイバージェンスとは、相場とRSIの向きが逆行することです。

例えば相場が右肩上がりに上昇しているにもかかわらずRSIが右肩下がりになったり、相場が右肩下がりにもかかわらずRSIが右肩上がりになるといった現象です。

このダイバージェンスが現れた時はトレンドの終わりが近づいていることを示しています。

トレンドの勢いが落ちてきている事を示唆しているため、逆張りをする際に非常に有効なサインになります。

是非覚えておいてください。

表示のさせ方

BINANCEの場合はチャートの上にある「indicators」をクリックした後に「RSI」をクリックすると表示されます。

RSIはポピュラーなテクニカル指標なので、大抵の取引所では表示させることが可能です。

他の取引所でも同じような操作で表示できるかと思いますので、ぜひ試してみてください。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

RSIを使えば買われすぎの価格帯で買ったり、売られすぎの価格帯で売ったりといったことが無くなるため、売買する際は非常に心強い味方になってくれるでしょう。

ぜひ今後の取引の参考にしてみてください。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

自動売買ツール
無料プレゼント!

コメントを残す