仮想通貨の儲かる情報を公開中!

GameCredits(ゲームクレジット)とは?今後の価格、将来性

コイン
仮想通貨ビギナー
GameCredits(GAME/ゲームクレジッツ)ってどんな通貨なんだろう?特徴・将来性は?今後の価格推移も気になる。。。誰か教えてくださいー!

ということで今回は、仮想通貨GameCredits(GAME/ゲームクレジット)について解説いたします。

今後の価格はどうなるのでしょうか?詳しくみていきましょう!

GameCredits(GAME/ゲームクレジット)とは?

What is GameCredits? GameCredits explained.

GameCredits(ゲームクレジット)は、ゲーム内での使用に特化したゲーム内暗号通貨と開発者用のプラットフォームです。

ゲーム自体を購入したり、ゲーム内で使用可能なアイテムの購入などに使われます。

今までゴールド(ドラクエ)やギル(FF)などゲーム独自の通貨がありました。

それがGamecreditsに置き換わり、gameストア内のゲームであれば、どのゲームでも使えるようになったり換金できるようになるのです。

GameCredits(GAME/ゲームクレジット)の概要

 

 

GameCredits(GAME/ゲームクレジット)の特徴

GameCredits(GAME/ゲームクレジット)の特徴は下記です。

  • ゲーム開発コストの削減
  • 違うゲームでも通貨の交換ができる
  • 換金できる

それぞれ解説していきます。

ゲーム開発コストの削減

ゲーム開発には、かなりの時間とコストがかかります。

しかし、GameCredits(GAME・ゲームクレジット)のソフトウェアの機能を利用すると、時間やコストを大幅に削減することが可能に。

また、ゲーム開発者がAppleやGoogleのストアにゲームをリリースする場合、利益の30%をAppleやGoogleに直接支払わなければなりません。

ですが、Gamecreditsでは10%です。

つまり、「開発者はGameCreditsのプラットフォームを利用することで、安価にゲーム開発できるので、その分ゲーム開発に力を注ぐことができ、より面白いゲームを開発することができます。

ゲーム内の通貨の交換がカンタン

Gamecreditsはプラットフォーム上で同じゲームの共通通貨なので、異なるゲームでも通貨のやりとりができます。

例を出すと、

モンスターハンターとドラクエの通貨をやり取りできるということです!

今やっているゲームに飽きたら、次の通貨に移せばよいので無限に貯めることができます。

換金できる

Gamecreditsは仮想通貨なので、取引所に送金し、いつでも引き出せます。

幼いころ、「ゲームでためたお金が本物になればいいのに・・・」と思った事ありませんか?

それが実現できます!

価格推移

 

 

 

GameCredits(GAME/ゲームクレジット)の最新情報

ハードウェアウォレット対応を発表(2018年11月12日)

GameCredits(GAME/ゲームクレジット)の将来性

ゲーム業界は市場規模が非常に大きく、今後も順調に拡大していくとされています。

ゲーム調査会社のNewzooが発表した2016年版レポートによると、2019年には1186億ドル(約14兆2千億円)に達する見込みです。

さらに、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)市場も計算に入れると、総額で30兆円規模になります。

そうしたことを踏まえ

  • ゲーム市場は、世界的に見ると非常に成長性のある有望な分野であること
  • その一端を担うであろうGameCreditsのポテンシャルが高いこと
  • ファンタジースポーツをはじめとした業界への人脈が豊富であること
  • 最大8400万GAMEという発行制限により、インフレの懸念が無く値上がりが期待できること

以上のことから将来性も十分期待できます。

GameCredits(GAME/ゲームクレジット)を買うのにオススメの取引所

上記の取引所で取り扱いがあります。

なかでもおすすめは、BITTREX(ビットレックス)です。

BITTREXの特徴は、

  • 282種類もの通貨ペアを取引できる
  • セキュリティー被害がない

まだ開設していない方は、下記から登録ができます。

タイトルとURLをコピーしました