仮想通貨の儲かる情報を公開中!

仮想通貨AMPとは?今後の価格、将来性、買い方

コイン

「AMPってどんな仮想通貨なんだろう?」

仮想通貨決済が普及する中でひそかに注目されているコインらしいけど、将来性は高いの?」

と、疑問を感じていませんか?

そんな方に向けて今回は、以下のポイントについて解説します。

この記事でわかること
  • AMPとは
  • AMPの将来性
  • AMPの買い方

さっそく、詳しくみていきましょう。

AMPとは

出典:AMP

AMPとは、仮想通貨決済を安全かつ高い信頼性で実行するための「担保」の役割をするトークン。2020年に発行された新しい仮想通貨です。

AMPトークンは、Flexa Networkという仮想通貨決済を行うためのインフラに採用されています。

つまり、Flexa Networkを採用している店舗は、同時にAMPを採用することになります。

さて、仮想通貨がこれだけの盛り上がりを見せながら、仮想通貨「決済」が爆発的な普及を見せないのはなぜか。

それは、決済を受け入れる店舗側にリスクがあるからだとAMP考えています

代表的なのは、「価格変動リスク」と「取引承認待ちのリスク」

AMPはこれらを完全に解決します。

なお、投資家はAMPをステーキング(仮想通貨を預ける)ことで、リターンを得ることができます。

Flexacoin(FXC)との違い

同じプロジェクトが発行している仮想通貨に、Flexacoin(FXC)というものがあります。

これはAMPと何が違うのでしょうか?

混乱してしまいがちですが、ザックリとした理解ではバージョンアップされたFlexacoinがAMPと考えてOKです。

FlexacoinとAMPは極めて似た性質を持ちますが、プロジェクトが検討中の新事業に柔軟に対応するため、AMPにはいくつかの変更が加えられています。

古いFlexacoinを保有する投資家には、プロジェクトから新しいAMPへの移行(交換)が呼びかけられています。

AMPの将来性は?

それでは、AMPの将来性についてどう考えればいいでしょうか?

AMPの「担保」は仮想通貨決済の革命となるか?

上記で、AMPは店舗側の「価格変動リスク」や「取引承認時間が長いリスク」を解決すると述べました。

たとえば、ビットコイン決済を採用している店舗があるとします。

しかしBTCのブロックの承認時間は約10分(もしくは安全取引には60)とされているので、販売後の一定時間、店舗は取引が確定しないリスクを抱えることになります。

また純粋なビットコイン決済を採用するとなると、ビットコインを保有する価格変動リスクも抱えますよね。

そこでAMPでは、まず、顧客がビットコインやイーサリアムで支払っても、法定通貨(円やドル)などで受け取る環境を提供します。

さらに、店舗が法定通貨を受け取るまでの間、「担保」としてAMPを使います。

これで、店舗側はビットコインの承認が正しく行われなくても、手元にはAMPがあるから安心というわけですね。

2021年3月現在、取引所Geminiに上場

AMPは記事執筆時点で、国内取引所はもちろん、バイナンスなどの大手取引所にも上場していません。

しかし、ウィンクルボス兄弟が運営している有名取引所Gemini(ジェミナイ)に上場済み。

AMPは歴史の浅い仮想通貨ですが、一定の信頼感が担保されています。

AMPは20億円の資金調達に成功

2020年9月、AMPを発行しているFlexa Networkは600万ドルの資金調達に成功しています。

過去の資金調達を合計すると、2000万ドル(約20億円)になります。

決済サービスの分野はライバルの仮想通貨も多く、今後はさらなるレッドオーシャンになることが予想されますね。

そんな中でも、AMPによる「担保」という新たなアプローチに期待する投資家が多いことがわかります。

AMPの買い方

AMPは国内取引所では扱われていません。

海外取引所のGate.ioで買うことができます。

タイトルとURLをコピーしました