ビットコインの「アドレス」「秘密鍵」のシンプルな考え方とは?

 

 

こんにちは、阿部です。

 

ビットコインには

「アドレス」「秘密鍵」など

初心者には理解困難な用語が登場します。

 

お金の価値を持つ暗号通貨であるために

よく理解できないまま利用することもできません。

 

そこで

はじめての方にもよくわかるよう

アドレスや暗号鍵、その周辺の用語を説明します。

また、これらをどのように扱うのが適切なのかを考えてみましょう。

 

「アドレス」は口座番号のようなもの

ビットコインアドレスは、27~34文字の英数字の文字列です。

 

自分の所有するビットコインを送金する際

送金先のビットコインアドレスが必要となります。

 

ビットコインアドレスは

銀行の口座番号のようなものです。

 

たとえば銀行の場合

銀行口座に入金すると残高が増え

引き落とすと残高が減少します。

 

また、他の口座から送金するときは

振込先の口座番号が必要です。

 

ビットコインの場合も同じ。

 

それぞれのビットコインアドレスの中には

それぞれの残高があります。

 

引き落としたビットコインアドレスからは残高が減少し

そのビットコインアドレスに送金すると残高が増えるのです。

 

ビットコインはそもそも実体がなく

インターネット上にしか存在しません。

 

インターネット上にあるビットコインを識別し

それぞれを管理する「入れ物」がビットコインアドレス

と考えてもよいかもしれません。

 

「秘密鍵」は口座の暗証番号のようなもの

ビットコインアドレスが銀行の口座番号なら、秘密鍵は口座の暗証番号のようなものです。

 

ビットコインアドレスには対となる秘密鍵があり

セットになってはじめて

ビットコインアドレス内のビットコインを

使うことが可能になります。

 

銀行の口座番号がそうであるように

ビットコインアドレスのみであれば

公開されても問題ありません。

 

しかし

ビットコインアドレスと秘密鍵が

セットで他人に知れてしまうと

誰でもそのビットコインアドレスに対応するビットコインを使用できるのです。

 

銀行の場合

口座番号と暗証番号がセットで

他人に知れてしまった場合でも

通帳とキャッシュカードを手元におさえていれば

直ちに被害を被ることはありません。

 

が、ビットコインはインターネット上に存在するため

流出したビットコインアドレスと秘密鍵を用いて

世界中のどこからでもアクセス可能です。

 

つまり

ビットコインアドレスに対応する

秘密鍵をいかに守るか?

ということが

ビットコインを利用する上で何より大切となります。

 

ビットコインアドレスに名義はない

ビットコインアドレスは銀行の口座番号のようなものだ、というのは上述のとおりですが、そうではない部分もあります。

 

銀行の口座番号には名義情報があり

ビットコインアドレスにはありません。

 

ビットコインアドレス内のビットコインは

所有者の情報と結びついていません。

 

では、その

ビットコインをどのように

自分が所有していると証明するのでしょうか?

 

それは

「ビットコインアドレスに対応する秘密鍵を知っている」

ということ。

 

その一点のみが所有の証明です。

 

これは

「お金の入っている金庫を街中に置く」ことを

イメージすると分かりやすいと思います。

 

その金庫に名前は書かれていませんが

自分だけが暗証番号を知っているため

事実上お金を所有していることになるのです。

 

もちろん

秘密鍵を適切に管理すれば

お金の入った金庫を街中に置くような危険はありません。

 

が、適切な管理を怠り

秘密鍵を他人に知られてしまうと

それはもはや自分の所有するビットコインといえない状態

だと考えたほうがよいでしょう。

 

セキュリティを意識したウォレット選びを

このような、アドレスと秘密鍵についての知識から見えてくることは、「ウォレット(ビットコイン専用の財布」は慎重に選ばなくてはならないということです。

 

上記のとおり

ビットコインの適切な管理とは

「ビットコインアドレスに対応する秘密鍵を誰にも知られない」ことです。

 

知られた時点で

いつ勝手に使われてもおかしくないわけです。

 

ウォレットにはさまざまな商品がありますが

中には

管理者にビットコインアドレスと

秘密鍵を知られる仕組みのものもあります。

 

インターネット上のウォレットがこれにあたり

たとえば

ビットコイン取引所のウォレット(口座)もそうです。

 

このようなウォレットに

多額のビットコインを預けることは

ビットコインを握られているのと同じことです。

 

対策として

多額のビットコインを長期間保管するときは

「インターネットから隔離されたウォレット」

を利用しましょう。

 

ネットに接続されていないパソコン上のウォレットに保管する

紙にビットコインアドレスと秘密鍵を印刷して管理する

(ペーパーウォレット)などの方法があります。

 

ビットコインと秘密鍵の基本的な考え方を知らない方は

ウォレットについて

このような安全対策にはいたらなかったかもしれません。

 

これをきっかけに

改めてビットコインの保管方法の整理を

おこなってみてはいかがでしょうか?

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

FX自動売買ツール
無料プレゼント!

2 件のコメント

  • ありがとうございます。

    ポロニエックを開設した時アクセスキー
    秘密鍵を設定したかどうかわからなく困っています。、、、

  • コメントを残す