仮想通貨の儲かる情報を公開中!

DAPS Token(ダップス)とは?今後の価格、将来性、買い方

コイン

「DAPS Token(ダップス/DAPS)ってどんな仮想通貨なんだろう?」

キャッシュレス決済の普及とともに伸びるって聞いたけれど、本当?

と、疑問を感じていませんか?

そんな方に向けて今回は、以下のポイントについて解説します。

この記事でわかること
  • DAPS Tokenとは
  • DAPS Tokenの将来性
  • DAPS Tokenの買い方

さっそく、詳しくみていきましょう。

DAPS Token(ダップス)とは

出典:DAPS Token

DAPS Tokenとは、「分散性+匿名性」を兼ね備えたトークン「DAPS」を発行している仮想通貨プロジェクト。

  • 分散性:特定の企業などから管理される必要なく、仮想通貨が備える自立的なシステムのみで送金できる性質
  • 匿名性:外部から取引を追跡を不可能とし、プライバシーを保ったまま送金できる性質

仮想通貨市場を見渡すと、すでにプライバシーコイン(匿名性コイン)は多く存在します。

しかしDAPS Tokenはその中でも、「抜きん出て匿名性が高い」ことが特徴。

これにより、最高レベルの匿名性を維持したまま、決済(支払い)したい場合の利用が想定されます。

なお、DAPS Tokenは「DAPS Coin」と表記されることもあります。

以下、DAPS Tokenの優れた匿名性・セキュリティを実現している技術や仕組みついて簡単にみていきましょう。

コンセンサスアルゴリズムProof of Audit(PoA)

仮想通貨の根本的な仕組みであるコンセンサスアルゴリズムは、ビットコインのProof of Work(PoW)、イーサリアムが移行予定のProof of Stake(PoS)が有名ですよね。

しかしDAPS Tokenでは、オリジナルのアルゴリズムProof of Audit(PoA)を併用しています。

その特徴は、ステーキング(仮想通貨を預けることで取引を承認し、利息収入を得る運用方法)を行っている人に支払われるステーキング報酬を監視していること。

ステーキング報酬は、攻撃によりその金額が勝手に改ざんされる恐れがあります。

これを防ぐ独自のコンセンサスアルゴリズムにより、さらなるセキュリティを実現しています。

RingCT

RingCT(Ring Confidential Transaction)とは、「実際の取引」と「偽の取引」を混合する送金方法。

これにより、「実際の取引」は「偽の取引」の中に紛れ込み、送金の金額や、送金先を特定することは非常に困難になります。

さらなる匿名性を担保する技術ですね。

Red4Secによる「監査」

DAPS Tokenは、大手セキュリティ会社「Red4Sec」による監査を受けたと公式サイトに記載されています。

監査とは、外部の調査先がDAPS Tokenのセキュリティをチェックすること。

監査によりいくつかの弱点が見つかりましたが、すべて改善され、無事監査に合格したとのことです。

DAPS Tokenの将来性は?

それでは、DAPS Tokenの将来性についてどう考えればいいでしょうか?

キャッシュレス決済の課題を解決?

今後、スマートフォンを使ったキャッシュレス決済が一般的になってきます。

しかし、電子的な記録が残ることでプライバシーが筒抜けになるのではないかとの懸念も。

そんな中で、DAPS Tokenは匿名性を武器に、プライバシーを大切にする人や、誰にも知られたくない決済などで使われるようになると考えられています。

DAPS Tokenは、匿名性が高いだけではなく、「プライベートチェーン」を採用。

プライベートチェーンでは、ビットコインやイーサリアムのようなパブリックチェーンとは異なり、取引の承認は厳選されたノードに限定されているため(若干は中央集権的になってしまうものの)非常に早い送金スピードを実現しています。

スムーズに支払いを済ませることができるため、「電子マネーのように使える匿名性コイン」として普及するかもしれません。

プロジェクトによるテクニカルサポートが完備

DAPS Tokenは単にトークンを提供するだけではなく、各種SNS(TelegramやDiscord)で技術的なサポートや問題の問い合わせを受け付けるテクニカルサポートを準備しています。

すでに6000人以上のアクティブユーザーを有していますが、サポートによる安心感も後押ししていることでしょう。

中央集権的なサポートと、非中央集権的な仮想通貨の仕組みのバランスが取れたプロジェクトなので、実用化されやすいのが強みです。

DAPS Tokenの買い方

DAPS Tokenは国内取引所では扱われていません。

海外取引所のHotbitで買うことができますよ。

タイトルとURLをコピーしました