仮想通貨の儲かる情報を公開中!

仮想通貨RIF Tokenとは?今後の価格、将来性、買い方

コイン

「RIF Tokenってどんな仮想通貨なんだろう?」

ビットコインファン必見の仮想通貨らしいけど、一体どういうこと?」

と、思っていませんか?

そんな方に向けて今回は、以下のポイントについて解説。

この記事でわかること
  • RIF Tokenとは
  • RIF Tokenの将来性
  • RIF Tokenの買い方

さっそく、詳しくみていきましょう。

RIF Tokenとは

出典:RIF Token

RIF Tokenとは、仮想通貨プロジェクト「RSK Infrastructure Framework」が発行している独自トークン。

ビットコインにサイドチェーン(BTCのメインチェーンとは別のチェーン)をつなげることで、ビットコインで「スマートコントラクト」と「DApps(分散型アプリケーション)」を使えるようにします。

スマートコントラクト(契約機能)はイーサリアムの重要機能として知られていますが、ビットコインには装備されていません。

RIF Tokenの登場により、「ビットコインでもスマートコントラクトを使いたい」というニーズに対応できるようになると期待されています。

なお2018年にRSKは、投資家にRIFを販売し、1億5000万ドル(約157億円)の調達に成功しています。

「スマートコントラクト」および「DApps」とは

RIF Tokenを使うと、ビットコインでスマートコントラクトを使ったり、DAppsを構築したりすることができます。

これは、ビットコインのブロックチェーンとは別のチェーンを通し、そこにスマートコントラクトなどの機能を実装する仕組みです。

さて、スマートコントラクトと言えば、イーサリアムの代表的な機能。

スマートコントラクトとは、仮想通貨のトランザクション(送金)に契約機能を付け加えることができるもの。

一度スマートコントラクトを書くと、コードにより契約を自動化できるのがメリットです。

イーサリアム上ではDEXと呼ばれる無人の取引所が多数稼働していますが、これらもスマートコントラクトが使われているほか、話題のブロックチェーンゲームも、もれなくスマートコントラクトが活用されています。

また、RIF Tokenを使うと、ビットコインでDApps(分散型アプリケーション)が構築できます。

DAppsとは、特定の管理者不在で動く「非中央集権的」なアプリのことです。

DAppsやスマートコントラクトは、イーサリアムの最大の価値であり、その価格の上昇に大きく貢献してきました。

RIF Tokenは、これらをビットコインに持ち込む手段を提供しているのです。

RIF Tokenの将来性は?

それでは、RIF Tokenの将来性についてどう考えればいいでしょうか?

「ビットコイン×スマートコントラクト」の需要は高い

RIF Tokenを使わなくても、イーサリアムがあればスマートコントラクトを書いたり、DAppsを開発したりすることは可能です。

しかし、投資家の中には「最後に生き残る仮想通貨はビットコインだ!」という信念持つ多いですよね

RIF Tokenを開発しているRSKもビットコインを高く評価している一社で、ビットコインの伝統を維持したいと願っています。

しかし現在、ビットコインはスマートコントラクトやDAppsに対応していないので、純粋なビットコインユーザーは以下のようなサービスを使うことができません。

  • 分散型取引所(DEX)
  • 単純な送金ではなく、少し複雑な「決済システム」(たとえば、安全に決済するためのエスクローサービスなど)
  • ビットコイン上での独自トークンの発行

ビットコインとRIF Tokenを組み合わせれば、上記はすべて実現できます。

ビットコインでスマートコントラクトやDAppsを使えるようにすることには、底堅い需要があるといえるでしょう。

スペインのSNS「Taringa」を買収

2019年9月、RIF Tokenを開発している「IOVLabs」が、スペインのSNS「Taringa」を買収しました。

こちらのニュースは、海外の大手メディアで報じられるなど話題になりました。

RIF Tokenが買収したTaringaは、スペイン最大のSNS。

同国では「フェイスブックのライバル」的な立ち位置です。

ユーザー数も約3000万人を抱えており、(LINEの国内ユーザー数8000万人には及びませんが)巨大かつ重要なソーシャルサービスであることが分かります。

今後、Taringaプラットフォーム上でRIF Tokenが統合される可能性もあります。

実現すれば、さらなる価格上昇につながるでしょう。

大手取引所バイナンスへの上場も達成

2021年1月7日、RIF Tokenは世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンスに上場しました。

取引所への上場は、仮想通貨の定番の上昇要因。

特にバイナンスはユーザーが多く、上場による宣伝効果も最大級です。

今後も、上場が維持される限り、継続的な買い圧力が期待できるでしょう。

RIF Tokenの買い方

RIF Tokenは国内取引所では扱われていません。

海外取引所のバイナンスで買うことができます。

タイトルとURLをコピーしました